絶賛発売中!! 05年9月7日発行! おかげさまで3刷りになりました!

まつたけ十字軍運動活動中

マツタケ生産者・里山所有者・関係者必読!
岩泉まつたけ研究所」の15年の研究と実践が示すマツタケと
マツタケ山の再生・復活の道!
成功する まつたけ山のつくり方
まつたけ山復活の発想と技術
ここまで来た! まつたけ栽培
岩手県・岩泉まつたけ研究所所長 吉村 文彦
発行にあたって 2刷りによせて
B5判
約112ページ
(全カラー)

定価4500円
(税込み)

送料 300円   ※書店割引あります
産マツタケの生産量は、かつて年間1万トンを超えていた(1941年1万2千トン強)が、
今や200分の1。もう、日本のマツタケとマツタケ山は滅びゆく存在なのか。
1990年に創設された日本でも世界でも唯一の岩手県・岩泉まつたけ研究所所長の著者は
長年の研究と実践を通して「NO!」と明言し、その再生・復活の具体策を明らかにする。
関係者(生産者・関係事業者・行政担当者・森林組合・JA・関連企業・研究者など)待望の書。

<主な内容>
第1章 今なぜ、マツタケとマツタケ山なのか

  この国と人のあり方ともかかわって/楽しい夢の実現のために

第2章 マツタケの栽培適地の失敗のない選び方

第3章 マツタケ山はつくられる!
  マツタケ生産量と里山林の崩壊/放置されたアカマツ林の姿/
  マツタケ発生林も手を入れなきゃダメになる/岩泉町の挑戦/
  岩泉町のマツタケ産業の価値が12倍に

第4章 マツタケ山と手入れの仕方
  ◆マツタケの性質と栽培/人工栽培の現状/林地栽培/林地栽培の失敗例
  ◆どんな作業が必要か/アカマツの手入れ/広葉樹・灌木・草本類などの手入れ/
    落葉・落枝層と腐植層の手入れ
  ◆マツタケ発生林の作業の開始/マツタケのシロの位置を知る

第5章 マツタケ山のつくり方
  ◆発想を転換しよう
  ◆アカマツの生長を助ける/マツタケ未発生斜面の腐植の手入れ-など
  ◆マツタケの新たな感染/マツタケの自然感染/マツタケの人為感染/
   地温を上昇させる試み/土壌水分含量を高める試み/虫食いマツタケの予防策

第6章 マツタケとマツタケ山のつくり方科学
  マツタケはこんなアカマツ林を好む/アカマツの根の分布/土壌微生物の活性/
  腐植層の厚さ/斜面の向きや尾根の状態など
  ◆アカマツの平均樹齢とその立木密度
  ◆マツタケ山づくりにも各自の工夫がいる
  ◆マツタケとはどんな生物か/シロは/手入れによる微生物フロラの変化/
    マツタケ子実体発生と気象要因/アカマツとマツタケの共生関係/
    アカマツの生長促進作用/マツタケのネットワークづくり

マツタケ文献目録(1900-2004年)

05/3/12(土)フォーラム「吉村文彦さんと語る会」開催!

発行・発売(株)トロント
書店ではお求めできませんので郵便、電話、メールなどで直接トロントまでお申し込み下さい。
〒107-0061 港区北青山1-4-1 ランジェ青山808 電話 03-3408-1521 担当・村田、福士