KEEPR PREMIUM GUIDE

-戦略ガイド-B・作戦-



・CONTENTS・



転 送

敵をたおしてゲームが終了してもすぐにスペースキーを押してはいけない。まだ掘っていないところにスーパーアイテムがあったり、新しいエリアがあったりするかもしれないからだ。また転送のスーパーアイテムがある面では、手下を更に訓練させレベルをあげてから転送させること。

転送のスーパーアイテム
がある面では、そのアイテムを使うことによって、次の面に一匹だけ手下クリーチャーを持ち越せるのである。この場合は、できるだけ戦いに強く使いやすい手下クリーチャーを訓練し、できるだけレベルを高くしてからアイテムを使う。このアイテムは使うときのクリーチャーのレベルのままで持ち越せるので、当然レベルを挙げてからの方が得なのだ。

そんなわけで、ゲーム終了後も満足行くまで訓練させてから、転送のスーパーアイテムをクリックし、持ち越しクリーチャーを選ぼう。後半の面では必ずレベルは10まで訓練させないとかなり厳しい。

持ち越しクリーチャーの種類
もどれを選べばいいか悩むところだ。 お勧め持ち越しクリーチャーは、
「ドラゴン」「ミストレス」「バンパイア」である。
「ウォーロック」 もレベルが高ければ魔法が強力なのでなかなか良いだろう。

前半で、これらのクリーチャーがいない場合は、
「デモンスポーン」「バイルデーモン」などがお勧め。
また、勇者を拷問して寝返らせて転送させることもできる。この場合、
「ロード」「ウィッチ」「ウィザード」「サムライ」「ジャイアント」
あたりがおすすめ。

ホーンドリーパー
は滅法強いが、味方を殺したり、勝手にどんどん先へ進んでいってしまったりして非常に使いづらいので、全くお勧めできない。というより、やめた方がいいと思う。

私が一番転送に使ったのは
「ミストレス」である。
ドラゴンやバンパイアより弱いのかもれないが、とにかく他の二種に較べて
コストが安い上、動きが早い。

「ドラゴン」
は動きは遅いが、打たれ強いし、治癒の魔法が使えるので次の面が難しそうだったり、資金面の問題がなさそうな場合はこちらがいいかも。

「ヴァンパイア」
は強いがコストが高いし、ウォーロックと仲が悪くてすぐ喧嘩をするので、私はあまり使いたくなかった。ただ、ミストレスやドラゴンと比較すると「ヴァンパイア」の方が強い…ような気がする。たぶん…。

レベル10の給料比較。
ミストレス 726  ヴァンパイア 3113
ドラゴン 1453  ホーンドリーパー 3943





戦 闘

敵と戦うときに、重要なのは負けないことである。
とりあえず引き分けでもいいから負けさえしなければ、後で体制を立て直すことができるからだ。
しかも、戦っているのは悪の手下。小ずるい手を少々使ったところで、ちっとも問題はない(笑)

逃走 そこでまず、コントロールパネルのハテナマークから、
鳥のマークをクリックしておこう。(左の図)「逃走」のマークである。
戦っている最中に体力が減った手下は逃走する。これで、体力が無くなって死ぬまで戦うと言う状況が少しでも防げるというわけだ。

はじめから逃げる準備をしておくとは、なかなかダンジョンキーパーにふさわしい行動だナ。

ただし、実際の戦闘の最中に逃走するのを目撃した他のクリーチャーは多少機嫌を損ねるらしい。
また、必ずしもうまく逃げてくれるとは限らない。

戦闘は、シングルレベルの前半や、明らかにこちらが勝っているとわかっている時以外は、必ずクリーチャーをほったらかしにしないで、見ていること。このときに、次に述べる戦闘パネルをうまく活用しよう。

戦闘パネル

上の図では丸印をつけたトロルの体力があぶない。このようなときは、
このパネル上で治癒の魔法を最大チャージでかけてあげる
という方法がある。
治癒の魔法を選んで、マウスの左ボタンを押しっぱなしにしていると、どんどん魔法の力があがっていく。(限界はあるが)
そのコストもかかるので注意しよう。

もう一つの方法は、
パネル上のクリーチャーの絵を左クリックをしてつまみ出し、
“ねぐら”か“鶏小屋”におとしてやる
という方法だ。
特に、資金不足の時はこの方法がいいだろう。体力回復になる。

ねぐら等に落としている暇がない場合は少し離れた所につまみ出すだけでもかまわない。体力が減っているクリーチャーは自力で帰っていくだろう。
もちろん、このパネルからではなく、戦闘中の所から直接つまみあげてもよい。

防御の魔法を、このパネル上から、片っ端からかけていっても効果的だ。
この場合は、魔法のチャージをたくさんするより、細かく多くのクリーチャーに魔法がかかるようにした方が、やりやすい。
これは、治癒の魔法でも同じ事である。当然、パネル上ではなく、実際に戦ってる場所でおこなってもよい。

資金が豊富なら敵側に雷撃等の魔法をかけて、戦闘の方の援護する事もできる。
この場合も戦闘の場所に直接かけてもよいし、このパネル上からかけても良い。(もちろん相手側に!)

しかし、どうやらこのパネルに完全に全ての戦闘が表示されているわけでもなさそうなので、実際の戦闘のほうと平行してつかおう。





生け捕り

牢獄がつくれるようになると、戦闘したとき敵を殺さずに生け捕れるようになる。
生け捕り 敵を捕虜にしたい場合は、コントロールパネルのハテナマークのところにある、 生け捕りのマークをクリックしておこう。(左の図)

こうしておくと、殺されるはずの敵も体力を“1”残した状態で倒れている。
これをインプが牢屋に運んでいくと捕虜となるのだ。

牢屋が狭いと脱獄がおこり、復活してしまうし、
なかなかインプが運ばなかったりした場合にも復活してしまったりするので注意が必要だ。

捕まえた敵は、体力を回復させてから拷問しよう!拷問された捕虜は
情報を吐いたり、寝返ったりすることがある。
情報を吐くと敵のエリアが少しづつ見えるようになったりするのでおもしろい。
ある程度拷問したら牢獄に戻し、体力を回復させまた拷問ということを繰り返すと、うまくいけば敵のエリアの広い範囲が見えるようになるかもしれない。

情報を吐かないですぐ寝返ってしまう敵もいる。寝返りもせず、情報も吐かずそのまま死んでスケルトンやゴーストになる敵もいる。
体力を回復させないで拷問するとすぐ死んでしまうので気をつけよう。逆に頑丈な敵を拷問する場合は、時間がかかってしょうがないので加速の魔法をかけて拷問しよう。
牢屋に入れっぱなしで放っておくと、捕虜は何もしなくても死んでしまう。餌が食べられず飢え死にするのだ。時々ニワトリを振りかけてやると競って食べる。





ドアと罠

ドアの上手な使い方は、TOTAL INFOMATIONでも述べたように、ドアは敵が来たときに遮るために使うより、味方の動きを制限するためにつくると思っていた方がよい。

訓練室の入り口
訓練室を作るときは入り口は一マス分位ずつしかあけずにおくとよい。資金不足になったら、ドアを作り鍵をかけて中にいる手下をつまみ出すことで、資金がどんどん使われるのを抑えることができる。訓練室の運営には大変お金がかかるのでこの方法は大変重要だ。ただし、訓練しないと手下は強くならない。

ホーンドリーパー部屋
ホーンドリーパーは他の手下と一緒にいると、突然殺戮を始めたりする。そうならないためにも、ホーンドリーパー用に部屋を作ろう。必要なのは
3×3マスの「ねぐら」「鶏小屋」「訓練室」「神殿」「宝物庫」 である。宝物庫に関しては3×3マス以上あった方がいいだろう。これらの部屋をまとめて、1つの独立した個室を作る。それぞれの部屋は壁で仕切られていなくてかまわないが、外界とはドアの部分以外を壁で囲み、完全に遮断する。
ドアには鍵をかけ宝物庫には金を満タンに しておく。こうしてホーンドリーパ部屋は完成だ。宝物庫が空にならないように注意しておこう。戦いがあるときは、ここからつまみ出し、戦い終わったらこの部屋に戻そう。

ドアの販売
ドアを生産するのは手下に給料を払うのをのぞけばタダである。資金が不足になった場合は、いらない部屋を売り払ったりするのも大事だが、手下にドアをどんどん生産させてみよう。
生産されたドアは狭い通路に配置しすぐに売り払う。ドア一枚は大した値段ではないが、どんどん生産されるドアを売ることで資金の足しになるだろう。

罠の道
これから攻めていく場所の敵がちょっと強力そうだなと言う場合、罠を有効に使うと良い。
まず敵がいるところの一マス手前まで通路をつくり要塞化しておく。(邪眼の魔法で確認する)
そうして通路の途中には隙間なくずらりと罠を仕掛ける。
通路ではなく部屋でも良いが、出入り口はドアで閉め切れるよう一マスにしておこう。味方の陣地の入り口になる部分には、できれば、マジックドアを配置しドアの手前にはできるだけ強力な罠をたくさん仕掛けておく。
敵がドアをたたいた場合に長くとどまるのがドアの前だからだ。
通路の途中に小さく脇道を造り丸石をおく という方法もある。
インプを罠の上に落とし工房から罠を運ばせたら、味方陣地側のドアを鍵をかけて締め切る。
敵側の壁を崩して貫通させ、敵が入ってくれば通路上に仕掛けられた罠に次々と罠に引っかかり弱ってゆき、ドアを壊そうとしたところで丸石が作動すればその通路にいる者は全滅することだろう。
敵が通路に入ったのを確認したら、敵側の入り口もドアで閉め切ってしまおう。 逃げ出そうと思っても逃げ出せない罠地獄になる。

罠の解除
敵の罠が仕掛けてある場合、インプが普通に占領に行っても死ぬだけである。毒ガスの罠だけならバイルデーモンに乗り移り、罠が空になるまでうろうろ することで解除ができるが、それ以外の罠もあるとやっかいだ。
そこで解除の仕方としてあげられるのが、この方法だ。

  • 毒ガス、雷撃の罠
    インプを一匹罠の前に落として、罠が作動した瞬間につまみ上げる。
    インプは体力は減るが死ななくてすむ。
    罠の作動が一段落するのを見計らって、すぐにもう一度落とそう。次に作動するまでにそこを占領するだろう。
    この方法が難しければ、始めに2,3匹つまんでおいて、一匹をおとりにして、罠を作動させてもよい。一匹目のインプが死んで、罠の作動が終わったのを見計らってに次の一匹を落とせば、すぐに占領して罠を解除してくれるだろう。

  • 丸石
    基本的には毒ガスや電撃と同じである。ただ、丸石はいったん作動すると一定時間転がり続けるので、作動させる前に
    手下が付近に近寄れないようにドアを配置して鍵をかけておこう。
    うまくドアにぶつかると丸石は砕けるし、砕けなくても馬鹿な手下がつっこんでいって死ぬのをさけられる。
    ちなみに、自分が仕掛けた丸石は活を入れることでも作動させることができるが、自分の手下も確実に踏みつぶすので気をつけて。

  • 言霊
    この罠に関しては、今のところ特にこれといった解除方法がわからない。
    ただ、言霊は威力は強力だが、3回作動すれば終わってしまうので、インプを3匹犠牲にするのが一番いい方法かも。
    または、治癒の使えるレベル10の手下を使ってわざと作動させるという手もある。
    どちらにしても、さっさと3回作動させておく、というのが今のところ、この罠を解除する一番てっとり早い方法である。




Copyright (c)1999~.Gontakun All rights reserved
Dungeon Keeper Players Manual