KEEPER 2 GUIDE

-戦略ガイド-B・作戦-



・CONTENTS・




罠について

罠は、たいてい1つではなんの役にも立たない。だからといって、ばらまくように大量に掛けたのでは、コストとマナが無駄になるばかりだ。
罠をうまく使えるかどうかが、対戦等では特に勝敗の鍵をにぎっている。

そこで、ここでは次のことにポイントを置いて解説する。
罠の配置と、罠同士の組み合わせの考え方である。
他にももっと色々な方法があると思うし、もっと色々な罠を組み合わせるということもできるだろう。

ここに書いてあることをそのまま丸暗記しても、実践ではとても使えない。
考え方の一つとして覚えておいてほしい。




水辺や溶岩地帯

マジックミサイル マジックミサイル

下の図を、DUNGEON MAPとして見てほしい。薄紫の箇所から南東に向かって敵が来る可能性があると仮定。

                          …水辺
                        …敵陣地
                      …味方
                        …配置
                       
                     
                     
                 
                 
                   

まず、敵が出てきそうな所を見つけて、それが見える位置に仕掛ける。
島になっているところは、橋を架けて占領してから配置する。配置した後、橋が必要ない場合は売り払ってしまった方がいい。敵には陸地よりも水の上を歩かせた方が動きが鈍るからだ。敵の為に橋を提供してやる必要など全くない。

溶岩地帯でも同様である。たとえ木の橋しか造れなくても、とにかく橋を架けて占領させてしまえば配置できる。工房でミサイルが完成のを見計らって、もう一度橋を架け、すぐに工房にインプを落としてやれば、橋が燃え尽きる前に設置できる。



マジックミサイル マジックミサイル バリケード バリケード


上の図のような場合、マジックミサイルは四辺とも壁に囲まれていない。
囲まれていないということは、周囲どこからでも壊せると言うことである。
こういうときは敵の現れそうな方角に、バリケードを配置するとよい。ミサイルを壊しに来てもバリケードが壊されるまでの間よけいに時間を稼ぎ、集中砲火をあびせられる。ただし、バリケード自体は敵に害を及ぼすわけではない。




陸 - マジックミサイルとの組合せ

この場合も、敵がどこを通って味方の領地に入ってくるかを考える。
ただし、マジックミサイルはそれほど頑丈ではないため、すぐに壊されてしまう。
どうしたら壊されずに少しでも長い時間威力を発揮できるかを考える。

                      …掘れない岩
                …敵陣地
                    …味方
            …ミサイル
            …バリケード
               
                 
                   
                   
                       

上の図の場合、敵は ※ の所を必ず通過すると思われる。
その時、敵の目の前にマジックミサイルがあればすぐに壊されてしまう。

ポイントは、ミサイルは通路から少し離れたところに置くこと。
離れていれば、近づくまでの間に何発か攻撃ができ、少しでも敵を弱らせることができる。

次にミサイルの数。 一つの所を狙うのに最低4〜5台くらい設置すること。
この図では、※ の所にいる敵は上下にあるミサイルだけでなく、一番右の、通路のさらに先にあるミサイルからも狙われることになる。
そのミサイルを壊しに来ると、味方の広いエリアに出て、上下にあるミサイルから更に狙われる事になる。
離れたところにおいた上に、ミサイルをバリケードで保護すればなお強力。
敵は壊す間に集中砲火をくらうのだ。



マジックミサイル マジックミサイル バリケード バリケード
スパイク スパイク

次は、スパイクとの組み合わせ。結構強力。

                        …掘れない岩 
                …敵陣地
                …味方
      …ミサイル
    …スパイク
          …バリケード
             
                   
                   
                     

ここまで配置すればかなり強力。スパイクはミサイルよりも簡単に壊せるが、通路上にいくつも並べると、効果的。一差しも意外と強力。
これにミサイルを加えれば更に強力になる。
バリケードやスパイクはミサイルの様に遠距離では使えないので、端から順に壊していけば壊されてしまうのが難点。
それでも、ミサイルに当たってよろけた所を、スパイクにやられる。バリケードを壊す間も、ミサイルとスパイクにやられる。というわけだ。

ポイントは、ミサイルは敵が見える離れた所、スパイクは敵の通路上に、どちらも数多く並べる。
そしてバリケードでミサイルを保護したり、通路強制させたりする事だ。



マジックミサイル マジックミサイル ポイズンガス ポイズンガス

スパイクの代わりにポイズンガスを使用することも可能。
ガスはスパイクより若干安いのでスパイクと取り合わせたりして効率よく配置するとよい。
ガスは狭い密室のような所の方が、必ずガスを吸ってしまうので効果的に配置できる。

お勧めの使い方は、小部屋のような所にガスの罠を敷き詰めて、出口に強固なドアを配置。部屋の周囲にマジックミサイルを置き所々にスパイクをしかけると効果的だ。




通路 - スフィアとの組合せ

スフィア スフィア

スフィアは、味方にも影響があるため配置には多少の技術が必要である。
ちなみに、スフィアの敵はドアだ。ドアにぶつかると壊れてしまう。また、水や溶岩におちても壊れる。
DK1の時のような圧倒的な力が無いのが残念ではあるが、それなりに強力。
(DK1の時は丸石の通りにいた者は全てつぶれるほど強力であった)

以下の図では、敵陣地より敵が通路を右側に向かって通過する可能性がある。
スフィアは、敵が前を通過すると作動するようになっている。また、スフィア活を入れる(たたくこと)ことでも、作動させられる。
通路上に敵が沢山いればいるほど効果的だ。

                        …味方
                        …敵陣地
                  …スフィア



スフィア スフィア
鉄の扉 鉄の扉  OR 鋼の扉 鋼の扉

スフィアの通路上に沢山敵を集めるためにはどうしたらいいだろうか。
下の図は敵を集結させやすくする一つの方法だ。

                        …味方
              |     …敵陣地
                      …スフィア

| … この線がついている箇所にドアを配置する。
そうすると、ドアを壊そうとする敵が集まる上に、ドアを壊す為の時間を稼ぐことで、少しでも多くの敵を一カ所に集めることができる。
そうして、ドアを壊した瞬間にスフィアが転がってくるという仕掛けだ。
DK2の場合威力がそれほど強いわけではないので、スフィアを2つ3つ並べることをお勧めする。
ここで使うドアは、強固すぎず、弱すぎないドアがいい。弱すぎると、すぐに壊されてしまうので、意味がない。逆に強すぎると、敵が壊すのに手間取って、ドアを壊すのあきらめてしまうかもしれない。
その上、頑丈なドアはそれなりに、コストがかかる。資金状態や敵のレベル等によって使い分けよう。状況によっては、これよりランクの高いドアでもいいかもしれない。


この場合、バリケードより、ドアの方をお勧めする。壊れるまで、敵から罠が見えないからだ。(邪眼を使えば別)当然、馬鹿なインプが出ていったりしないように、鍵をかけておこう。


以下の図のような通路があったとする。スフィアが右から左へ転がった場合どのような通路をたどって転がるだろうか。

                       
                          …味方
                          …敵陣地
                      …スフィア
                     
                       
                       


スフィアは通路の□になっている箇所をぐるぐる回るのだ。SECRET LEVEL1の「ゴルフ」をやったことがあると分かり易い。(Level5 ”暗闇の恐怖”- エルムシャドウを攻略したときに、ランドアイテムを見つけるといけるようになる)

この方法は、スフィアが壊れるまでに時間もかかるし、直線よりは、通路の面積が広くなるのでそれだけ多くの敵を通路上に保有できる。




通路 - スイッチとの組合せ

マジックミサイル マジックミサイル スフィア スフィア
スイッチ スイッチ


スイッチは遠距離攻撃を確実にするが、その使い方は非常にムズカシイ。
以下の図では、※は敵の位置。※の所にも、スイッチは配置。

                   
                      …味方
                    …敵陣地
          …スフィア
            …スイッチ
                …ミサイル
                   


上の図のように、敵が※印の所へ出てスイッチを踏んだ瞬間に確実にミサイルから集中砲火を浴びせられる。更に、スフィアも作動させることができる。便利だ。

しかし、スフィアは転がって来るまでに時間がかかるため、その前に逃げられてしまうこともある。
また、スフィアを2つ以上違う場所に設置し、同時に作動させるとお互いにぶつかり合って壊れてしまうこともある。スフィアの進路を間違いなく見極めるのはナカナカ難しい。

更に、ミサイルはスイッチが無くても、敵を見つけたら発砲する。
確実に作動させるには有効ではあるが、補助的な使い方になるだろう。


                        …掘れない岩
                …敵陣地
                …味方
      …ミサイル
    …スパイク
        …バリケード
            …スフィア
                 
                 
                     

この図の場合、中央の青のがポイントだ。ここに、バリケードか、ドア(あるいは両方)を作っておく。基本的に、敵がなだれ込んできた場合、通路上のスパイクや右側にあるミサイルにやられるため、◎のあたりでなかなか前へ進めず、立ち往生すると思われる。立ち往生する頃には◎のバリケードかドアが壊されるだろう。
そうすると、元々通路にあふれている敵はスイッチを踏んでしまう。こうして、スフィアが作動し、立ち往生して罠で弱っている敵の群の上を、スフィアが転がってくれるのだ。



Copyright (c)1999~.Gontakun All rights reserved
Dungeon Keeper Players Manual