マリーゴールド マリーゴールド
別名:クジャクソウ
キク科
春まき1年草
原産地
メキシコ
草丈
25〜30p
栽培場所
日なた
生育適温
15〜20℃
発芽適温
15〜20℃
覆土
タネが隠れるよう3〜4oほど土をかける
用土(定植時)
土質はあまり選ばないが、腐葉土を混ぜて水はけを良くする
肥料
元肥には、チッ素分の少ない化成肥料を施し、生育期間中は、液肥などを施していく

10 11 12
タネまき                        
開花期                        
施肥           元肥            

栽培ポイント栽培ポイント
  • 小苗の時から生育旺盛で、日当たりと排水の良い所ならばどこでも育てられます。
  • ポットまきや箱まきにするほか、花壇に直接まくこともできます。
  • 箱まきにした場合は、本葉2〜3枚になったら、3号ポットに植え替えます。本葉6〜7枚の頃、目的の場所に定植します。直まきしたものは、間引いて、丈夫な苗を20〜25p間隔で残して育てていきます。
  • 咲き終わった花がらは、見苦しくなるので、マメに取り除くようにします。
  • チッ素分の多い肥料を与えすぎると、葉が茂りすぎて、花つきが悪くなります。
  • 真夏の高温期には、花数が自然と減ってきます。この時期に、思いきって草丈の半分くらいを切り戻し、追肥をすれば、初秋に新芽が出て、また花を楽しむことができます。
病害虫病害虫
  • 水分が足りないと葉が枯れ、ハダニがつきやすくなります。ハダニは水に弱いので、水やりの時、土だけでなく葉の裏にも十分かけると予防できます。ただし、日中の暑い時間帯は避けてください。水滴がレンズ効果になってしまい、葉やけすることもあります。
薬剤は、必要最低限の使用で済むよう、早め早めで日頃チェックをしましょう (^^)/
生態系や環境保護のためには、できるだけ無農薬がいいですね!
冬越し冬越し
  • マリーゴールドは春まき1年草なので、秋が終わる頃、種をつけて枯れてしまいます。
Home