Welcome to kerama's home page
沖縄県渡嘉敷村・ケラマ・国立沖縄青年の家

国立沖縄青年の家


敷地面積302.290u
標 高約220m

19東展望台
18集団自決跡地碑
17総合運動場
16野外研修センター
15西展望台・天体観測施設
14ソフトボール場
13ビジタールーム
12第3宿舎棟(すばる)
11テニスコート
10卓球場・木工室
武道場
浴室
ミーティングルーム・シーツ受渡所・売店
体育館
研修室・事務室・ゲストルーム・集いの広場、国旗掲揚塔
つつじ(宿泊棟)
さんご(宿泊棟)
食堂
ヘリポート
入り口
国立沖縄青年の家は
  沖縄祖国復帰を記念して、第10番目の国立青年の家として昭和47年(1972年)5月15日に設立されました。
  青年の家の活動は、広大なキャンパスの中で展開される様々な体験活動をとおして、新しい「人とのかかわり合い」や「自然との出合い」の大切さに気づいて、私たちの「生活のあり方」などの発見とやる気を奮い起こさせる可能性を秘めております。
  ロケーションは、那覇の西方32キロメートルに浮かぶ渡嘉敷島の赤間山(海抜223メートル)を中心とした自然の中に位置しています。
  東に沖縄本島、西に慶良間諸島が一望できる自然に恵まれた環境(沖縄海岸国定公園)にあり、年間を通じて様々な活動が可能です。

青年の家トップ青年の家海洋研修場(キャンプ場)利用案内体験写真集

渡嘉敷島のページに戻る

ゆりかと唐津とケラマ観光と地域情報ホームページ
ゆりかと唐津とケラマ観光と地域情報トップ