お気楽の好きな文法事項集

普段の授業でやっているものです。入門時には、どこの学校でも教えるようなことですが、使えるようであればつかってやって下さい。

1 動詞の活用見分け方

(a  )活用動詞に「ず」、「ない」を続けると、活用語尾(おくりがな)は「ア」段になる。 同じように「ない」を続けると(b  )活用動詞の活用語尾は「エ」段になる。上一段活用動詞は、「ない」が続くと語幹(漢字の部分)が「(c  )」段になるが(d  )活用の場合は活用語尾が「イ」段になる。下一段活用動詞は「(e  )」しかない。サ行変格活用動詞は「す」しかなく、その未然形は「(f  )」連用形は「(g  )」連体形は「(h )」である。(i  )活用動詞は「来」しかなく、その読みは「(j  )」である。(k  )活用動詞は「あり」「をり」「はべり」「いまそかり」しかなく、(l  )形がこれだけ「イ」段になる。(m  )活用動詞は「ぬ」「往ぬ」しかない。
ア、ナ行変格   イ、く    ウ、カ行変格    エ、蹴る   オ、せ   カ、し   キ、イ    ク、 ラ行変格  ケ、下二段 コ、四段     サ、する    シ、上二段     ス、終止

念のため正答はこのページの最後にあります。


2 形容詞の活用の見分け方

形容詞の終止形は、必ず「し」で終わる。その下に「ない」あるいは「なる」をつけてみると、

「早し」
「早ない」(字面に「く」しか残らない。)
ク活用
「美し」
「美しくない」(字面に「し」「く」ともに残っている。)
シク活用

これを踏まえて、いろんな形容詞を分類してみると・・・

終止形 「ない」をつけると 活用の種類
遠し 遠くない ク活用
正し 正しくない シク活用
清し 清くない ク活用


3 係り結び

文という物は、当たり前に行けば、終止形に「。」がついて終わるものです。(そりゃそーだ。)しかし、そうでないときもある。

これが来ると(係助詞) これで終わる。(結び)
何もない 終止形
ぞ・なむ・か・や 連体形
こそ 已然形


4 確定条件・仮定条件

「ば」の上には必ず已然形か、未然形かのどちらかが来ます。

「ば」の上に 文法用語 意味は
已然形 確定条件 〜なので・〜すると
未然形 仮定条件 もし〜だとしたら

不思議なことに、教科書を見ている限り、仮定条件は、滅多に出てきません


5 連用形・連体形とは何か?

動詞・形容詞・形容動詞をまとめて「用言」と言います。して言が来るから連用形です

例えば

動詞が二つ連続 一つ目の動詞は連用形である。
動詞のすぐ次に形容詞 その動詞は連用形である。
動詞のすぐ次に形容動詞 同上
形容詞が二つ連続 一つ目の形容詞は連用形である。
形容詞のすぐ次に動詞 その形容詞は連用形である。
形容詞のすぐ次に形容動詞 同上

という具合です。


名詞のことを「体言」と言います。続して言が来るから連体形です。
「もの」「こと」「とき」「ところ」「人名」・・・みんな体言です。


6 接続の決まり

助動詞は上に来る言葉(たいていは活用形)が決まっているのですが、そういうのを「接続」といいます。

〜の上にはこれが来る。
「たり」 連用形
「つ」 連用形
「り」 サ変の未然と四段の已然形か、命令形
「べし」 終止形(でないこともあるのだけれど、)
「ず」 未然形
「む」 未然形

まだまだいっぱいあるなあ。なんだか自分が残酷な人に思えてくるよ。

文法1
文法3
二段活用について


1の答え コケキシエオカサウイクスア

トップ アイコン
トップ