とっぷ 小屋1 小屋2

鰓持つ子供
第15回歌壇賞応募作品

 
   一     放     垂     都     ジ     全     過     星     意     森       
   家     課     直     合     ョ     身     剰     と     志     に       
   族     後     に     良     バ     を     な     し     を     入       
   入     の     日     き     ン     卵     る     て     持     る       
   つ     生     光     太     ニ     の     征     の     つ     白       
   て     物     当     陽     の     殻     服     利     全     衣       
   行     室     た     な     口     に     欲     害     て     の       
   つ     の     る     り     語     押     と     は     の     人       
   た     教     土     て     文     し     脆     知     命     が       
   夏     卓     地     ほ     体     込     弱     ら     遊     実       
   陽     に     な     ど     そ     め     な     ず     ば     験       
   照     弥     く     ほ     つ     て     四     大     せ     の       
   る     勒     て     ど     く     肺     肢     気     て     結       
   プ     の     真     に     り     で     を     中     不     果       
   ラ     如     夏     遠     だ     呼     も     酸     安     も       
   ネ     く     真     き     寝     吸     つ     素     定     ろ       
   タ     あ     昼     に     言     を     子     濃     な     と       
   ニ     る     の     あ     で     し     に     度     る     も       
   ウ     顕     影     れ     吾     て     食     は     母     種       
   ム     微     踏     ば     子     い     ま     よ     星     を       
   の     鏡     み     生     は     た     る     そ     の     放       
   金           を     か     釈     は     る     よ     大     棄       
   属           す     さ     明     ず     チ     り     気     せ       
   屋           る     れ     を     だ     キ     高           り       
   根                 て     す           ン     し                   
   に                 を     る                                     
                     り                                           
                                                                 
                                                                 
                                                             
 
   火     水     生     発     時     ホ     型     富     ど     生       
   星     中     存     声     々     |     落     士     の     き       
   近     に     の     に     は     ム     ち     山     辺     物       
   く     髪     手     向     読     で     の     を     で     が       
   天     泳     段     か     ん     は     リ     水     死     住       
   動     が     と     ぬ     だ     横     ュ     源     ん     ま       
   説     せ     も     頭     つ     一     ッ     と     だ     ぬ       
   を     て     言     骨     も     列     ク     す     の     地       
   言     浮     ふ     の     り     で     背     る     だ     球       
   ふ     か           も     で     白     に     川     ら     の       
   人     び     原     の     飛     線     負     な     う     事       
   に     こ     始     ば     ば     を     ふ     く     海     な       
   従     ず     か     か     し     一     集     て     底     ど       
   ふ     捨     ら     り     去     歩     団     命     で     も       
   ほ     て     赤     言     る     踏     が     な     最     図       
   ど     置     子     語     ペ     み     夜     ん     初     鑑       
   の     か     は     以     |     込     行     ぞ     に     は       
   隣     れ     や     前     ジ     み     列     も     土     過       
   人     に     は     の     も     内     車     流     と     去       
   が     し     り     地     あ     側     を     れ     な     と       
   を     鰓     ほ     球     る     に     さ     て     つ     断       
   り     も     ほ     を     が     立     や     こ     た     言       
         つ     ゑ     あ     結     つ     さ     な     細     し       
         子     む     る     末           や     い     胞     た       
         供     も     く     は           と                 り       
               の           来           待                         
               か           る           つ                         
                                                                 
                                                                 
                                                                
 
   一     未     飢     ほ     ド     へ     臨     朝     横     振       
   斉     使     ゑ     ど     ラ     そ     月     ま     た     れ       
   に     用     死     ほ     え     の     の     だ     は     幅       
   尻     の     に     ど     も     緒     羊     き     る     は       
   で     ゴ     を     の     ん     に     水     昆     恐     外       
   風     ム     未     飢     住     勢     の     虫     竜     つ       
   船     サ     だ     ゑ     む     ひ     中     ケ     の     国       
   を     ン     身     と     町     は     朝     |     骨     に       
   割     ダ     近     ふ     の     あ     は     ス     し     あ       
   る     ル     に     ス     持     り     き     に     ば     り       
   園     を     見     リ     つ     頼     て     雑     ら     遠       
   児     意     ず     ル     明     ら     呼     居     く     く       
   二     味     に     語     る     る     吸     す     は     と       
   酸     も     済     り     さ     る     を     る     形     も       
   化     な     み     つ     よ     命     知     兜     の     物       
   炭     く     思     つ     二     綱     ら     数     ま     理       
   素     捨     想     冷     十     な     ぬ     匹     ま     的       
   に     て     信     夏     二     ら     胎     飛     に     に       
   胸     る     条     行     世     ば     児     び     地     は       
   ま     だ     は     か     紀     廃     目     た     平     海       
   で     ら     ま     し     ま     棄     覚     い     に     航       
   つ     う     だ     む     で     の     め     ら     並     る       
   か     か     守     あ     核     と     つ     し     ぶ     波       
   り     し     備     は     戦     き           い                   
         か     範     れ     争     も                               
         も     囲     東     は                                     
         片           京     な                                     
         方                 い                                     
                                                                 
                                                                 
                                                                 

大切な話
2003年度短歌研究新人賞佳作
   戦   遠   時   開   掃   開   ま   あ   君   開 
   場   く   差   戦   除   戦   さ   と   が   戦 
   の   て   の   の   班   を   に   二   代   の 
   定   も   あ   夜   を   突   今   年   を   時 
   点   今   る  ┌┐  三   然   反   た   サ   期 
   カ   な   ワ   日   棟   と   戦   つ   ダ   を 
   メ   さ   l   本   ト   い   歌   と   ム   聞 
   ラ   れ   ル   で   イ   ふ   耳   成   ・   き 
   映   ゐ   ド   は   レ   あ   に   人   フ   に 
   像   る   カ  └┘  に   の   す   講   セ   来 
   を   戦   ッ   特   派   子   べ   堂   イ   る 
   音   争   プ   番   遣   に   き   を   ン   女 
   無   と   予   の   せ   は   に   卒   歌   生 
   く   昔   選    ┐  り   昨   歌   業   ひ   徒 
   よ   な   ほ   お   バ   日   人   生   な   が 
   ぎ   さ   ど   し   ク   の   と   が   ば   よ 
   る   れ   夢   ん   ダ   世   は   ゆ   日   く 
   鳥   し   中  └    ッ   界   出   る   本   分 
    `  祖   に   延   ド   が   来   ゆ   政   か 
   な   国   な   期   に   平   不   る   府   ら 
   に   の   つ   も   は   和   出   と   は   な 
    `  そ   て   報   空   に   来   去   苦   い 
   カ   れ   参   じ   襲   見   な   る   笑   恐 
   ラ   と   戦   ら   警   え   ど       ひ   が 
   ス       国   れ   報   た   気       せ   り 
   ?       日   た           に       む   方 
           本   り           な       よ   で 
           は               る             
                           ら             
                           し             
                           く             
                                         
                                         
                                         
   作   写   さ   事   日   丸   あ   退   パ   ア 
   戦   真   う   務   本   腰   ん   屈   ウ   メ 
   の   で   な   室   で   の   な   で   エ   リ 
   一   は   ん   の   は   国   風   時   ル   カ 
   つ   細   だ   テ   ち   を   に   間   の   に 
   で   か   使   レ   ょ   た   上   の   顔   言 
   あ   い   つ   ビ   う   た   か   無   と   霊 
   ら   こ   た   に   ど   く   ら   駄   字   の 
   う   と   ん   映   番   は   何   と   幕   力 
   と   は   だ   る   組   卑   か   思   と    ┐
   皆   知   や   バ   再   怯   ふ   つ   選   イ 
   思   れ   つ   ク   編   に   つ   た   べ   ラ 
   ふ   ま   ぱ   ダ   期   て   て   の   ず   ク 
   ア   せ   り   ッ   戦   醸   来   ?   に   の 
   ル   ん   な   ド   争   成   ち   戦   ど   自 
   ジ   ま   思   学   が   中   や   地   の   由 
   ャ   だ   つ   校   恰   の   足   L   み  └  
   ジ   生   た   だ   好    ┐  下   I   ち   を 
   l   き   通   つ   の   世   な   V   彼   信 
   ラ   て   り   て   場   界   ん   E   の   じ 
   を   ゐ   劣   石   つ   の   て   の   英   ち 
   誤   る   化   油   な   脅   見   こ   語   や 
   爆   死   ウ   を   ぎ   威   て   と   ぺ   う 
   し   に   ラ   使   と  └    い   を   ら   人 
   た   か   ン   ふ   な       ら   こ   ぺ     
   る   け   を       る       れ   と   ら     
   を   の                   な   を         
       人                   い   言         
                               つ         
                               た         
                               の         
                               ?         
                                         
                                         
   大   人   こ   甘   無   特   完   独   や   図 
   切   間   ん   く   秩   別   璧   裁   り   書 
   な   の   な   見   序   な   に   者   直   委 
   話   盾   に   た   な   約   死   は   し   員 
   を   は   も   本   略   二   し   民   で   の 
   し   帰   早   音   奪   十   て   を   当   間 
   や   り   く   の   な   日   天   盾   選   に 
   う   来   終   所   せ   間   に   と   の   は 
   と   人   は   民   る   こ   も   す   は   や 
   言   々   れ   衆   民   れ   昇   撃   ず   る 
   ふ   が   る   に   衆   と   り   つ   戦   時 
   教   密   戦   は   を   言   し   側   争   事 
   師   か   に   遺   米   ふ   か   も   で   用 
   が   に   て   跡   兵   大   ま   な   支   語 
   立   も   歌   が   が   義   だ   ほ   持    ┐
   ち   て   誌   石   見   も   探   盾   を   広 
   あ   る   の   油   る   な   さ   と   集   報 
   が   失   歌   よ   さ   く   る   見   め  └  
   つ   望   な   り   も   て   る   る   る   支 
   て   の   ど   さ   あ   首   サ   人   プ   援 
   は   中   も   ば   り   都   ダ   型   レ    ┐
   す       う   き   な   の   ム   の   ジ   十 
   ぐ       遅   や   む   制   フ   盾   デ   五 
   ま       す   す   と   圧   セ       ン  └  
   た       ぎ   い           イ       ト   の 
   座       る               ン       は   守 
   る                                   り 
                                         
                                         



箱船

2003年度短歌現代新人賞佳作

   木   春   知   国   早   手   百   手   し   風 
   と   氷   ら   境   々   を   階   の   ん   下 
   紙   薄   ぬ   の   に   た   を   ひ   に   に 
   の   く   間   難   立   た   超   ら   よ   煙 
   下   張   に   民   ち   く   ゆ   に   う   は 
   町   り   矛   キ   去   ム   る   掬   の   流 
   な   た   先   ャ   り   ス   高   ひ   途   る 
   り   る   変   ン   な   リ   さ   取   中   町 
   て   そ   は   プ   さ   ム   の   ら   イ   な 
   燃   の   り   一   い   だ   床   る   ン   か 
   え   下   馴   族   こ   つ   板   る   ク   の 
   易   の   染   が   こ   て   が   箱   は   小 
   き   丸   み   半   か   い   支   船   な   さ 
   本   き   あ   族   ら   た   ふ   が   く   き 
   所   気   る   ま   は   だ   る   ま   な   火 
   深   泡   ひ   た   地   ら   重   た   り   事 
   川   が   げ   は   雷   う   さ   零   て   を 
   十   じ   の   単   と   二   人   れ   首   人 
   万   つ   男   族   手   本   も   落   の   の 
   の   と   が   に   足   の   機   つ   行   知 
   人   し   相   減   埋   塔   械   ア   く   る 
       て   手   る   ま   は   も   ラ   べ   頃 
       を   の       り   ロ       ブ   き     
       り   い       た   シ       を   先     
           く       る   ア       乗   断     
           さ       土   ?       せ   た     
                   地   ア       て   れ     
                       メ           た     
                       リ           り     
                       カ                 
                       ?                 
                                         
                                         
   石   単   箱   賢   燃   生   あ   顔   空   燃 
   の   純   船   く   や   き   ん   も   爆   ゆ 
   家   に   は   て   さ   延   な   知   は   る 
   多   欲   火   冷   れ   び   写   ら   次   だ 
   き   望   に   た   た   て   真   ぬ   々   け 
   街   で   燃   き   兵   少   普   一   燃   燃 
   に   あ   え   言   士   し   通   人   や   え 
   は   る   や   葉   の   少   に   の   す   て 
   爆       す   モ   体   し   見   子   行   瓦 
   弾   ネ   く   ニ   が   を   た   供   為   礫 
   が   ク   籠   タ   さ   漏   ら   の   に   を 
   定   タ   も   l   ら   ら   変   細   て   残 
   石   イ   り   の   さ   し   に   胞   京   さ 
   と   の   た   誤   ら   つ   な   を   都   ず 
   い   端   る   爆   の   つ   る   同   会   と 
   ふ   も   人   死   バ   血   N   時   議   母 
   石   汚   を   骸   ス   を   H   多   を   は 
   片   さ   一   を   ラ   運   K   発   拒   語 
   は   ず   人   一   の   び   の   に   む   り 
   兵   大   も   瞥   砂   た   見   刺   大   き 
   器   統   救   し   に   り   せ   す   国   彼 
       領   つ   つ   混   そ   ぬ   ウ       の 
       は   て   つ   ぜ   の   戦   ラ       日 
           く       ら   体   争   ニ       東 
           れ       れ   ご       ウ       京 
           ず       て   と       ム         
                   ゆ                     
                   く                     
                                         
                                         
                                         
                                        
   こ   核   明   致   戦   一   最   ぼ   燃   国 
   の   施   ら   死   後   度   小   ろ   え   籍 
   国   設   か   量   処   き   の   雑   さ   を 
   に   は   に   に   理   り   犠   巾   か   意 
   煙   日   敵   達   首   の   牲   の   る   識 
   は   本   国   し   尾   死   で   よ   自   す 
   流   に   で   て   良   に   終   う   爆   る 
   る   だ   あ   を   く   て   わ   な   自   の 
   外   つ   る   ら   や   未   る   死   動   か 
   つ   て   日   ば   れ   来   ?   骸   車   身 
   国   あ   本   満   ば   は   チ   の   そ   の 
   の   る   の   足   九   な   ェ   肌   の   上 
   人   じ   短   の   兆   く   イ   と   中   は 
   家   や   歌   劣   も   な   ニ   言   に   難 
   燃   な   目   化   ブ   り   l   ふ   あ   民 
   え   い   が   ウ   ッ   て   の   が   ん   と 
   ゆ       け   ラ   シ   永   命   吾   な   な 
   く   た   て   ン   ュ   久   は   子   形   る 
   そ   ま   来   を   に   の   今   は   の   五 
   の   た   る   最   は   先   も   ぼ   火   歳 
   風   ま   砂   小   安   の   安   ろ   を   の 
   下   同   つ   限   い   戦   全   雑   見   子 
   に   盟   ぶ   度       後   だ   巾   て   供 
       組   て       ア   復   け   の   し     
       ん           ブ   興   ど   手   ま     
       で           ラ           触   ふ     
       る           ヒ           り         
       だ           ア           を         
       け           ガ           知         
       で           レ           ら         
                   !           ず         
                                         
                                         



「か」は からだ の「か」
2002年度「歌壇賞」予選通過作品


















































¬






















調
























辿











便























































































































¬
















































¬




























































 











寿






















































































































































































 















 
























































































































































 

























































































































































とっぷ