ホームページ開設にあたって  
     

 一期一会 にちなんで

 苺一会、イチゴ一絵  一期一会

 近くにお住いの市民画家辻間さんから個展に飾られていた”イチゴ一会”の〝絵”みせて頂いた。
私の面(顔)が思わずほころび〔笑顔・火照てて白く〕なった。なるほど面白い。
でもこのことにはどうも深い意味がありそうだ。もともとの一期一会を調べてみました。

なるほど、茶会は毎回一生に一度という思いを込めているという。会は大切なもの。一生に
一度の気持ちで誠実に尽くすことだという。
一休さん以来の文化、こんな言葉を生み出したわが祖先はえらいですね。辻間サンは苺の絵に
事寄せて、イチゴを食べながら仲よくというメッセージにした。
人生すべからく、出会いだということを忘れないようにしていこう。この絵に面白く託した

私は77歳、振り返ってなんと出会いをいかせなかったことか。自他の命を大切にしようとい
うことが”正義”なら、あなたと同じようにともに正義を求めて生きてきたと一応は言える。
しかし、あなたとの出会いを生かしたのだろうか。これより先みじかいが一期一会の出会いを
高齢者らしく創る人生の始まりにしたいものです。
持病の厄介な封入体筋炎という病気も出会いと言っていいかもしれない。
きれいな花も景観も生き物も「出会い」と勝手に理解してホームページの題にしてみました。
ちょっとのぞいてみてください。






back