蓬莱島をご存知ですか?  大槌湾に浮かぶ島
(♪♪ひょこりひょうたん島♪♪のモデル)
1300人の命日が同一の、3.11の悲しみのまちを、
励ますかのようにしてうっすら浮かぶ島です。

その日まで1300人と行き交いしていた隣人たちが・・・
その時まで親や兄弟姉妹、祖父母と話した子供たちが・・・
おバーちゃん・おじいちゃんと呼んでくれた子供や孫たちを失った
老人たちが・・・・・・・・・・魚を取るために海に出ていた漁師たちが・・
仮設住宅に住み(1412世帯、3031人)、湾に浮かぶ蓬莱島を眺めて"たましい"と一緒に生きています。
日本一行方不明者が多い町で。
> 震災の年の20011年8月、私はこの町(12000人の町)の高台にある小学校の校庭から見た町の様子に・・・体が震えました。
連れて行ってくれた岩手の友人と同行した埼玉の友と無言のままです・・・・。
あの震災から5年経ちました。
忘れようにも1日たりとも忘れられない被災者たち。
だんだん記憶から消えていく(日本中の)私たち
忘れたときに震災は必ずおきたことが
日本の大震災(人災)の歴史だというのに。
この大槌町の子どもたちにと手芸品をつくりさばいた資金で
本を送り続けた友人から、さきほどメールをいただきました。(注)
ひょっこりひょうたん島のメロディーが涙の中で聞こえてきます
♪♪・・・・・・
丸い地球の水平線に
何かがきっと待っている      (希望をうしなわない(TH
苦しいこともあるだろさ
悲しいこともあるだろさ      (誰にも、わたしにも。こどもたおとしよりにも
だけど僕らはくじけない
泣くのはいやだ 笑っちゃおう   (子どもたち、おおつじの
進め ひょっこりひょうたん島
ひょっこりひょうたん島
♪♪


ひょっこりひょうたん島
日本中で苦しむ人たちへの勇気と励ましのエールだと思いました
私には飯場にはたらいて井上ひさしを育てた、
母へのあかるいエール
ではないかとみました。
日本中のひとに。もちろん私にもです。


「注1」
「風の電話(NHKテレビ1時間もののぶたいがここです)
親(あるいは子を)をうしなってトウマになっていたこども
(あるいは親が線のない電話を訪ね来て
胸の内をかたる実録です。大槌町のなかにある
たましい。わたしの溜息は深呼吸に変わりました。
辛酸に向き合い耐えてこられたひとのもつたましい、
是非、ご覧ください。テレビ放映を伝えたメール
                           

     
     
back