むくろじ【無患子】とは?


ムクロジ科の落葉高木。本州中部以西の山地に自生。高さ15メートル以上になる。 葉は細長い小葉からなる羽状複葉。夏、雌花と雄花とが円錐状につく。 実は球形で黄褐色に熟し、中の種子は黒色で堅く、羽根つきの・・・・・ムクロジの実 ムクロジの花は目立たないが、秋の黄葉は実に美しい。そして、黄葉の頃に茶色に熟した実 を見付けることが出来る。この実が、とても面白いし、役に立つ。

セッケンノキ 四街道市に避難された千代田信一さんの故郷にはもはや 帰りたくても戻れない。 千葉は第2の故郷にしなければ・・7代続いた故郷、仲間から突如切り離され、不安の中、 学校にお孫さんが通うようになります。お孫さんを連れて学校に通うちに道端に転がる無患子の 朽ち行く実を見つけました。拾い集め 洗って、干して下の写真のようにひとつひとつピンセットで 小さな毛を丹念に取り出し、いろいろ細工して笛やストラップ・ 腕輪になりました。孫が通う学校の生徒さんに笛を配りました。子供たちは大喜びでした。 それから2年余、四街道の全小中学校生あげました。

写真説明 福島の双葉町から原発事故の放射線を逃れて四街道市に避難された千代田信一さん作・信ちゃんの笛・ストラップです。 (4街道にお住まいの辻間さんが描いた 千代田信一さんが笛を吹くようす。 アオギリをくわえたハトは四街道におすまいの版画家西岡さん作のコピーです。 この間、四街道の教会のチャリチーショウや美術展やフリーマーケットなどで展示されました。 近くを通った生徒が寄ってきて「このふえ知っているよ、学校でもらったんだ」と手に取って笛を吹き始めた。 目を細める千代田さんは、お母さんにストラップを説明。お母さんは携帯用・鍵用に2個求めた。 次いでおしゃべりは福島のことに及んだ。

ちょっとおしゃれな 無患子を身に着けませんか 。フクシマを忘れないために・・・。
在庫ありますので、是非、ご連絡ください。
090-308-5322(高橋)
 

     








back