この三橋美智也」の「古城」もしかして、熊本城では?
いやそう思いたい。


   60年前女子高校生だった私の連れ合いは、当時人気歌手だった、「三橋美智也」の「古城」を今でも口ずさむ。その中に病葉(わくらば)という言葉があり、これは"私"のことかとしみじみしたりしていた。 ところが、熊本地震で災害が起こり、崩れゆく"熊本城"をテレビで見て、これだとひらめいた。

1 松風さわぐ 丘の上 古城よ独り 何しのぶ 栄華の夢を 胸に追い
  ああ 仰げば侘し 
  天守閣
2 崩れしままの 石垣に 哀れを誘う 病葉や(わくらばや)矢弾のあとの ここかしこ
  ああ 往古を語る 大手門

熊本城が胸に浮かぶでしょうか 口ずさんでください 城を崩した地震の力は「人々の命と暮らしの上」に想像を超える大きな被害と苦しみ、悲しみを与えている。ここは火山地震島の九州島です。活断層に沿って長期化・広域化しています。その先に伊方、玄海,川内原発。支援しつつ、原発再開をやめさせたい。  


     



back