私の戦争体験 1945年7月10 仙台空襲



 戦争で辛酸をなめた人々が国民の多数者だったころ、幼少時の私の戦争体験などは取るに足らないものと思っていました。しかしいまや戦争を実感し得ない世代が圧倒的多数者になりました。そんな中、きな臭い動きが勢いを増してきているように見えます。戦争のむごさを人々が忘れるとき戦争への道を為政者は容易に進める。原発を輸出し、核武装を公言する為政者も。

あえて7才時体験を述べます。
71歳の時仙台の戦争体験を集めている「誌」から依頼されて書いたものです。写真は仙台出身の在四街道の友人所蔵の「市民の戦後史」から。
長文なので、以下の6回に分けて記載します。

1回目 爆撃下
2回目 焼死体をみながらの疎開
3回目 8月15日
4回目 敗戦後の自宅付近
5回目 62年ぶりに元寺小路 岩本外科病院跡地に立って
6回目 追記

☆--------- 2回目  焼死体をみながらの疎開

朝、古川町〔現大崎市〕から心配した叔父が、志波姫農協の木炭で走るトラックで仙台郊外まで救援に駆けつけ、焼けくすぶる街なかを通って我が家にやってきました。直ちに疎開だ。ここに居ては危ない、まず、小学生2人〔私と兄〕を連れて父母とわかれて家を出るのですが、トラックにたどり着くまでの道筋は、今にして思えば地獄絵でした。花京院をへて市電通りに出たとき、姉が通う女学校も含め見渡す限りの焼け野原でした。

市役所までの両側は焼けくすぶっていて熱風で息苦しく歩くのが困難でした。 斉藤報恩会のそば?を通ったときいくつかの焼死体が道ばたに無造作に並べてありました。県庁側には筵?をかぶった焼けた死体がありました。長兄がちょっと前まで入院していた県庁脇の第1陸軍病院(衛戍病院)は既に丸焼け、東2番町の市立病院、東1番町の三越デパートと、目指す市役所庁舎以外みんな 燃えつくし、まわりはくすぶっていました。市役所方面から県庁裏手を通りますが、ここも焼けていました。昨夜からの恐怖の連続にあったのか 7 歳の男の子は何故か長ずるまでそのシーンはうろ覚えのように封印されたままでした。

次のシーンはこうです。

救援の木炭で走るトラックの周りには、乗ろうとする人たちでいっぱいでした。既に荷台は人や積荷で山のようになっていました。やっと積荷の上に引きずりあげられて乗ることができました。北仙台から七北田街道を通り、王城寺が原 (戦後米軍に接収された演習地。アジアでの戦争に備えた野戦演習地。沖縄米兵の証言) から古川に向かって砂利道を走るのですが、ぐっすり眠ってしまった私は途中走るトラックの荷台から何度も振り落ちそうになり、上と後ろから、横から首筋や手を握る大人たちに救われたそうですが途中はほとんど記憶にありません。 走り始めたとき、乗ろうとする人たちを置いてきぼりにしてクラクションを鳴らして走ったと兄は言っていました。おぼろげに記憶に残ります。途中歩く避難者が延々と続きますがトラックは人々を蹴散らすようにして走ったといいま す。

次回 3回目 8月15日

back