私の戦争体験 1945年7月10 仙台空襲



 戦争で辛酸をなめた人々が国民の多数者だったころ、幼少時の私の戦争体験などは取るに足らないものと思っていました。しかしいまや戦争を実感し得ない世代が圧倒的多数者になりました。そんな中、きな臭い動きが勢いを増してきているように見えます。戦争のむごさを人々が忘れるとき戦争への道を為政者は容易に進める。原発を輸出し、核武装を公言する為政者も。

あえて7才時体験を述べます。
71歳の時仙台の戦争体験を集めている「誌」から依頼されて書いたものです。写真は仙台出身の在四街道の友人所蔵の「市民の戦後史」から。
長文なので、以下の6回に分けて記載します。

1回目 爆撃下
2回目 焼死体をみながらの疎開
3回目 8月15日
4回目 敗戦後の自宅付近
5回目 62年ぶりに元寺小路岩本外科病院跡地に立って
6回目 追記

☆--------- 5回目 62年ぶりに元寺小路岩本外科病院跡地に立って

駅に程近い元寺小路に、戦前、岩本外科病院がありました。私は赤ちゃんのときに手がくるぶしのようになる大火傷をしていました。国民学校入学の前にくるぶしを切開して指を出す手術をしていました。その病院と周辺が7月10日集中的な焼夷弾を浴びたていたのです。ベッドの上の患者と付き添いのベッドの下にいた親を不発弾が串刺し、貫通するなど周りは阿鼻きゅうかんだったと伝え聞きました。70 歳になった私はその前に妻と立ちました。もう岩本病院はありませんでした。確か近くにカソリック教会があり、外国人たちが隔離収容され、中庭をぐるぐる引き廻されていたのを通院途中みた記憶がかすかに浮かんできました。私を執刀してくれた医者や看護士はどうだったのか。私が手術した病室は、思いはぐるぐる廻りました。教会にいた人は?きっと逃げ切ったに違いない。でも、もしかして空襲の日の昼、この病院に程近い斉藤報恩館の近くを通ったときに見た焼死体の中におられたのではないか。絵にいえない悲しみがこみ上げてきました



次回 6回目 追記

back