私の戦争体験 1945年7月10 仙台空襲



 戦争で辛酸をなめた人々が国民の多数者だったころ、幼少時の私の戦争体験などは取るに足らないものと思っていました。しかしいまや戦争を実感し得ない世代が圧倒的多数者になりました。そんな中、きな臭い動きが勢いを増してきているように見えます。戦争のむごさを人々が忘れるとき戦争への道を為政者は容易に進める。原発を輸出し、核武装を公言する為政者も。

あえて7才時体験を述べます。
71歳の時仙台の戦争体験を集めている「誌」から依頼されて書いたものです。写真は仙台出身の在四街道の友人所蔵の「市民の戦後史」から。
長文なので、以下の6回に分けて記載します。

1回目 爆撃下
2回目 焼死体をみながらの疎開
3回目 8月15日
4回目 敗戦後の自宅付近
5回目 62年ぶりに元寺小路 岩本外科病院跡地に立って
6回目 追記

☆--------- 6回目 追記

 戦争はすべて狂気です。私は戦災直後、父に連れられて家から広瀬川を越えた川内まで焼跡を歩いたことを思い出します。行けども行けども焼け野原。 よくもこんなに燃えたものだ。 米軍は日本の家屋は木と紙でできていることに目をつけて市街地の周囲に大量の焼夷弾を落とし火災を起こし逃げ道をふさぎ、しかる後に中心部を撃し破壊し尽くし多くの市民を殺戮しました。そのやり方は東京空襲後日本各地の都市空に適用されたといいます。仙台も、千葉市も。戦後この功績で日本政府から勲章を授与された米司令官ルメイ(ヨーロッパ戦線で武勲を立てて回されたきたといわれる)の立てた戦略だったのは今では明らかです(NHKテレビでそれと分かる報道がありました)。 日本の真珠湾奇襲攻撃、重慶市民への無差別撃 南京虐殺などさらに東南アジヤ諸国への日本の侵略、非道な加害が先行したことに続く日本の都市への攻撃でした。

日本の敗戦が既に明確となったときに、戦後世界の覇権のためにアメリカはヒロシマ、ナガサキに原爆を投下し 21 万人(これまで 38万人)を殺傷しました。 今なお23万人が放射能後遺症で苦しんでいます。その1ヶ月前に仙台空襲で1000名を超える命が私のそばで散りました。 一方、敗北が明白にもかかわらず国体護持のため"もう一戦交えてから"という 聖断で戦争を引き伸ばし3月10日の東京大空襲での10万人の犠牲者を始め全国各地の都市への撃を許してしまいました。市民の犠牲者は沖縄を含め数 十万人をこえ都合330万人の犠牲者を持って戦争は終わりました。 日本軍の手によるアジアの2000万とも言われる犠牲者一人一人にそれぞれの生活と人生があり、親がおり、子供がおり、友達がいました。その犠牲の上に世 界に向けた平和憲法が生まれました。私の学び舎だった川内も伊達の武家屋敷から第2師団司令部、そして接収された米軍キャンプにかわり米軍基地から「武器よさらば」した平和な大学キャンバスになりました。前の戦争(第二次世界大戦)から戦争に直接手を染めなかった日本。尊い犠牲の上に私も平和のもとに生きることができました。しかし戦争責任をあいまいにしてきた日本。戦争のむごさを忘却していく日本。軍事費5兆円の日本。海外で武器を使うことを合法化しようとする日本。今を生きるものの「戦前」責任が問われ始めています。

写真 「市民の戦後史」ふきのとうOさん所蔵から
8月15日敗戦日まで1か月もない時期、「戦争に勝つため」の勝札を軍隊が売っている。1等10蔓延。勝つまでは欲しがりません。庶民すべたか搾り取った。

私の家から近いところの惨状。私の家はたまたま焼夷弾がそれたに過ぎな い。私にはとても他人事と思えない。


back