年寄りの私が出会ってきた四街道の子ども達

子供とミュージカル



合唱



一緒にゴミ拾い



障がいのある方のゴミ拾い



学校でおばちゃん おじちゃんと



福島双葉町から避難したTさんと子供達


 榊原 洋一氏 (CRN所長、お茶の水女子大学副学長)の新年の(CRN会員でもある私宛の )挨拶より なるほどと思ったので1部引用させていただきました。 子供は確かにかわいい。未来だ、ということを改め感じさせられました。 初めて経験する世界に旺盛な好奇心をもつ子供たちに大人が・分けても年寄りが学ぶ事が肝心だと思った次第です。1部紹介します。

・・・世の中に心配の種がいかに増えて行こうとも、何百年何千年と変わらない人々がいます。それはどんな人々で 、どこに住んでいるのでしょう。 それは皆さんの周りにいる、小さな子どもたちです。 世界中のどの国、どのような境遇の家庭に生まれようとも、ヒトの赤ちゃんは、全て初めて経験する世界に旺盛な好奇心で関わっていきます。 どのような家族の 元に生まれようとも、自分の世話をしてくれる人との間に強い愛着関係を築いていきます。 不幸な経験を記憶として溜め込んで行く大人が増え続ける世の中であっても、新たにこの世に生を受けた赤ちゃんは、新鮮な気持ちでこの世の中に生まれ出て くるのです。いわばこの世界は赤ちゃんの誕生によって、ミクロレベルでリセットされ続けているのです。 変化の多い2016年でしたが、新しい2017年を迎え、赤ちゃんのもつ世の中を浄化する力を改めて思い出すとともに、原点にある「子どもは未来である」 という言葉をかみしめたいと思います。

     
     



back