♪♪笑いましょう、♪♪笑いましょおうよ♪♪


という歌がはやりましね。

そのわらいについて一緒に考えませんか。と問いかけるのをしてみたい。それはこういうことです。

医療 の中で「笑い」「笑顔」の効用が科学的に証明され(始め)ているのをご承知のことと思います。

それは医療だけでなく。健康な暮らし・効果・効率を求める仕事・社会的な活動の中でこそ、笑いは潤滑油であり、推進役ではないかと。

小生も特にそう思うようになったのは難病・病気してからです。ひらたくいえば「よりよく生きる」ということだと思います。

当然にも人は一人では笑えませんから、対人関係、コミニケーションに関心が払われなくなると、家庭も、仕事も、ストレスが嵩じ途端に暗くなるということです。

しかし現実の競争は厳しいので、そんな流暢なことは、言っておれない、ということも理解できます。しかし笑いがない、暮らしや職場が、いいのだという人いないのではないかと思います。私は、日常生活の中で実感したこと、42年の仕事人生で実感したことなどを振り返ってみようと思います。なにせあなたよりヒマ人ですから。

まず日常生活を中での実感です。次いで、笑いについての僧侶。クリスチャン。落語。哲学者・学者の説を追ってみようと思います。

そして貴方や,先輩何人かに、伺ってみたいと思っています。自分の日常の中で笑っている写真見てそれがどんな場か、なんで笑っているのかを考えてみるのもいいですね。次回以降は徐々に笑いヨガや哲学者。落語。漫才、などみたいとおもいます。

 
友愛会40周年 熊の付く名前の友人、クマの出没注意の看板の前で
ラジオ体操会場にて
ビキニ被爆者大石又さんを見舞って、快方に向かう   団地のお祭り孫来る
     

接点のある方は,どうか、090-3082-5322に以下のような電話やメールください。

高橋様

「笑顔っていい」、同感です。
私がかかりつけの医者で、専門は脳外科ですが、落語を聞いて笑うと、脳の血流が増え、脳が活性化するといってます。脳梗塞で倒れたり、痴呆症にならないよう、せっせと落語を聴いています。
もちらん、「悲しみ」も人間ですから避けられません。悲しみに向き合うことも分かち
合えば心を豊かにし社会をより良いようにアクションにつながるといいます、どなた経験など教えてください、
披瀝できませんか、特に秘すプライベートは一般化し、匿名ででも。







back