はじめに

 1997年の春のことです。
会社の近くの線路わきに、水色のゴミ袋が捨ててありました。
近づいてみると、袋の外側に、「犬(死)」と書いた紙が貼ってありました。
中には赤い首輪をした白い犬が入っていました……。
淀川の河川敷にお墓をつくりました。
その日から、私にできることについて考え始めました─。 
 その年の夏、動物管理センターを訪れ、
数日後に、あるいは数時間後に命を絶たれるどうぶつたちに逢いました。
人間を信じて疑わない瞳をして、
人間なんか絶対信じないという瞳をして……
まるで自分たちの運命を知っているかのように、彼らはそこにいました。
そこで知ったことは、無責任にどうぶつを捨てたり
保健所に持ち込んだりする人があとをたたないこと、
放し飼いにされた挙げ句、迷い犬となって収容される犬がたくさんいること、
犬は収容されて4日目に、猫はその日の内にも殺処分されていること、
その処分方法は“安楽死”などではなく、
“炭酸ガスによる窒息死”であること、
そして、今、目の前にいる彼らもまた……。
 犬41万4,506、猫30万7,626─。
これは、全国で1年間に殺処分された“いのち”の数です(1995年度・JAVA調べ)。
今の日本の社会で、どうぶつと人間が共存していくためには、
私たち人間が社会のルールやマナーを守り、
どうぶつたちの“いのち”に責任を持って暮らしていくほかはありません。 
 本展は、動物管理センターでいのちを絶たれていったどうぶつたちの、
誇り高き最後の肖像を写した写真展です。
この写真を通して、ことばを持たないどうぶつたちの声なき声が、
あなたの心に届きますように…。
そして、狭く暗いガス室の中で、
その短い一生を終える不幸などうぶつたちが、
            いつかこの地球上からいなくなりますように─。                                                       
                                           
                             児玉小枝

<メニュー>

フォトギャラリーEnglishどうぶつたちの命を守るために…

子どもたちのレクイエム先生たちのレクイエム写真集のご紹介