クリックすると拡大表示します今年も毎年恒例のバスケット祭を11月16日(日)に開催致しました。 2年前から始めた総合開会式には成城BBC石田会長以下幹事、中学から大学までの男女選手が一堂に会し吉田副幹事長の音頭のもと8時30分にスタ−ト、その後9時からは各試合が繰り広げられました。一昨年、昨年は先生方の意向により試合内容を決めていましたが今年は成城BBCにて「各世代間の交流を深めること」をテ−マにあげ、各学校間、またOB,OGも含めた交流、親睦が深まるような試合内容としました。 また、今年も各試合には成城BBCから試合のまとめ役を置き、試合前と試合後に話をし、レフリ−の大学生には自己紹介をしてもらい、プレ−の課題等も指導していただきました。ここ数年行っているものですが定着してきました。女子はレフリ−カッタ−が無Tシャツにてのレフリングになりましたが、一昨年のバスケット祭からレフリ−カッタ−の着用をお願いしています。徹底しましょう。まず、午前中は中学生対高校1年、高校生対大学1年など学校間での試合を行いました。 そして、午後は今回のメインイベント、初めての試みである混成チームでの試合です。高校、大学、OB・OGが混合のチ−ムで10分ゲ−ムを男女交互に数回行なうものでした。各学校間で試合をすること、OB、OG(年配も若手も)、大学、高校がひとつのチ−ムで   一緒にバスケットをすることはともに、交流、親睦を深めるという点での目的は達成できたかと思います。コ−トに出ていた選手達は楽しみながらも一生懸命に取り組んでいるように伺えました。高校の岩本先生も参加されてOB、大学の選手と交流を深めていました。レフリ−、オフィシャルは基本的に大学生にお願いしましたが、午後の試合では一部高校生レフリ−も登場しました。また、石田会長が自らレフリ−を買って出る一幕もありとても厳しいジャッジをしていたのがたいへん印象的でした。
クリックすると拡大表示します来年は、チ−ムの編成をもう少しきめ細かくし、フリ−スロ−大会もそのチ−ム単位で行ってみたいと思います。 また、女子がBフロアにこもりきりなのも運営側としては改善したいところでしたが、 今回は午後の部でAフロアにて試合を行いました。新体育館が落成すれば問題は無くなると思いますが、縦の関係はもちろん男女クラブの交流も念頭において運営を行っていきたいと思います。 中学から大学の選手諸君には、今回のバスケット祭の目的「各世代間の交流を深めること」、成城BBCの活動などを話し、成城大学への進学率が50%を切る現状の中で、仮に大学に進まなくてもこのバスケット祭には戻って来て欲しいと話をしました。 昨年の80周年に復活したバスケット祭Tシャツについては、今年はOBの田島祥成君 (平成4年大学卒。プロのイラストレ−タ−で、多くのシンガ−のジャケット等を手掛けている。)のデザインで作りました。生徒達からも評判が良く来年も続けたいと思います。また、保護者の方に大勢参加頂きました。4年前から始めた試みですが今年は高校女子と中学男子の保護者の方々から参加を多く頂きました。
クリックすると拡大表示します 昼食会は、大学の学生食堂にて大学生による司会進行で始まりOGの矢部さんの挨拶を皮切りに、食事をした後、各チ−ムの紹介、MVP表彰、を行いました。 夕方からは、場所を本部棟3階の職員食堂に移し懇親会が開催されました。 今年はこの会を1部と2部に分けて開催し1部を大学男子の4部昇格祝いの会としました。 大学男子は今年のリ−グ戦で全勝優勝し、入替えト−ナメントでも2勝して4部昇格を果たしました。 冒頭、松本章太郎監督の話にもありましたが、関東大学リ−グは約120校あり、その うち60校が5部に編成されている状況で、やっとその他大勢から抜け出せたとのこと です。先生方を代表しては中学男子顧問の萩原先生にお祝いの言葉をいただき、大学現役が全員参加、先生方、OB,OGも含めてにぎやかで盛り上がった懇親会第1部になりました。 現役の諸君にはこれを機に3部、2部へと昇格すべく頑張っていただきたいと思います。皆様方には、大学女子や他の学校も含めた惜しみない応援をお願い致します。 その後は一旦閉めて2部の通常の懇親会がスタ−ト。大学生も大半が残りOB、OGの方々との交流、懇親も深まったことと思います。 来春卒業する4年生にはエンブレム贈呈を行い、来年からはOBとして参加してくれることを期待します。 そして、早朝からスタ−トしたバスケット祭はにぎやかなうちにお開きとなりました。 また、来年はより多くの方々が参加してくれるよう宜しくお願い致します。 尚、当日参加されたOB、OGの方々等は別途掲載しております。 (文責:都倉良樹、吉田一之)


懇親会参加者(OB,OG:五十音順、敬称略)
池上 徹 石川二郎 石田福子
石田英雄 井上康平 井部幸次郎

今井信弘

小田弘樹

小野友章

柿田三菜子

柿沼暁子

木俣晶夫

國山 愛

渋谷俊徳

鈴木淳司

鈴木良昌

多勢正道

田所浩志

都倉良樹

中山まどか

南学正幸

二宮一憲

根岸真光

原典昭

広岡濤子

蒔田光弘

松本章太郎

矢部純子

山田 肇

山本 哲

山本秀樹

吉田一之

 


懇親会参加者(先生方)
岩本先生 大林先生 篠原先生
中村先生 萩原先生 樋口先生

 
OB会からのご報告です。
今年も11月16日に毎年恒例のバスケット祭を開催致しますが、
それにともないTシャツの販売を致します。

ご希望の方は右下のメールまで、お名前、卒年、連絡先、サイズ、枚数(半袖、長袖か)を
ご記入の上送信して下さい。

デザインは白地に青い字のロゴ入りで
半そで¥2,000
長そで¥2,500
プラス郵送代¥500
です。

尚、お支払いは郵送の際に郵便振替用紙を同封します。
発注の関係もあり10月30日(木)までにご連絡いただければと思います。

サイズは下の表でご確認下さい。

<Tシャツサイズ表>
色:白×青ロゴ プレーン半袖Tシャツ \2,000/枚
サイズ 100 110 120 130 140 150 160 S M L XL XXL XXXL
身長(cm) 40 44 48 52 56 60 63 66 70 74 78 82 84
身幅(cm) 31 33 35 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64
肩幅(cm) 27 29 31 33 35 38 41 44 47 50 53 56 59
袖丈(cm) 12 13 14 15 16 17 18 19 20 22 24 26 26

<Tシャツサイズ表>
色:白×青ロゴ プレーン長袖Tシャツ \2,500/枚
サイズ 110 130 150 160 S M L XL
身長(cm) 44 52 60 63 66 70 74 78
身幅(cm) 33 37 43 46 49 52 55 58
肩幅(cm) 29 33 38 41 44 47 50 53
袖丈(cm) 40 47 54 55 56 58 60 62
 

平成20年度トスアップミ−ティング報告書


上のリンクをクリックして頂くと報告書が表示されます。
新しく開いたウインドウの下にあるタブの選択により、各報告書をご覧頂けます。
 
クリックすると拡大表示します去る5月21日春のBB会が西川雄三君のホームコースであるツインレイクスCCで行われました。快晴、29℃と五月晴れとしては少々暑めでしたが初参加は広岡涛子さんと前橋に在住の和田チエコさん(まちさん)、その他仁村三圃子さん、根岸真光さん、松本章太郎さん、石田英雄、福子が出席し、わきあいあいと楽しい一日を過ごしました。優勝は地主の西川雄三君でした。優勝の弁は次の通りです。
(成城BBC会長 石田英雄)
クリックすると拡大表示します以下、西川雄三さんのコメント
5月21日 ツインレイクスCCにて第51回BB会コンペを開催しました。天候にも恵まれて最高のゴルフ日和で、今回初参加の広岡涛子さん、和田チエ子さんを含め8名が集まり、女性4名1組、男子4名2組でワイワイ、ガヤガヤと楽しくラウンドできました。結果は、1位広岡涛子、2位和田チエ子、3位西川雄三、4位仁村三圃子、5位石田福子、6位石田英雄、7位松本章太郎、8位根岸真光。1位、2位が初参加のため3位の西川雄三がホームコースの利で繰り上げ優勝となりました。 次回は、10月か11月に開催予定ですので、OB、OGの方ふるって参加お願いします。
(追伸)
当日は、天気もよく気温もグングン上り、涼しい山から参加した石田さんはばて気味、根岸さんは腰痛で元気なく、小生はドライバーが当たらずも地主の利でパターに助けられなんとか3位になりました。みなさんスコアが悪く、難しいグリーンに助けられ繰上げ優勝でハンデが減ってしまいもう優勝はないなとおもいます。女性軍のパワーに圧倒された男性軍は沈没、もっと若手OBの参加お願いします。
 
 昨年の80周年記念事業の一環として過去の戦績を調査しましたので公開します。
これらの情報は大学男女の現役諸君に協力してもらい、 副会長の矢部さんにまとめていただいたものです。

ご覧になる場合は下記をクリックして下さい。
大学男子
大学女子
高校男子12
高校女子
 
クリックすると拡大表示します 今年は、バスケット部創立から80周年です。記念の年にふさわしく青空輝く穏やかな11月18日、恒例のバスケット祭が開かれました。昨年から始めた総合開会式を9時から行い、成城BBC会長以下幹事メンバー、中学から大学までの男女選手が集まりました。吉田副幹事長から、昨年は男子を指導する阿久津先生と相談し、「試合する環境を少しでも実践に近づける」努力を、今年は女子を指導する大林先生と相談して「親睦」をテーマにしたことなどの開会の挨拶がありました。今年は、大学生は午前中に試合を組まず、中高生の試合のオフィシャル、レフリーを担当する事で、各世代間の交流を深めてもらうことを意識しました。また、試合は全て、8分ハーフの短い試合にして、運営に余裕を持たせました。
 
高校女子は、残念ながらと言うか、喜ばしいと言うか、新人戦で勝ち進み、決勝大会と重なりバスケット祭には参加できませんでした。その為、中学2,3年生混合の紅白試合、1年生同士の紅白試合を大学女子のレフリー・オフィシャルのもと行いました。中学生の試合でしたので、コーチの指導のもと試合を止めることなく、のびのびと、それぞれの持っている力を発揮したゲームとなりました。父母の方も数名見に来てくださり、試合中の様子、全員での記念写真を撮る等共に楽しんでおられました。 午前の最後は、サドンデスのフリースロー大会を行い、中学3年生で今年度キャプテンだった松永美穂さんが優勝しました。 男子も同様に午前中は男子中学生を中心に試合を3試合組み、高校生が胸を貸す形で試合が行われました。中学3年生のハツラツとしたプレースタイルに今年も好感を持ちました。 高校生は、受けに回ってしまったようで本来の力を発揮できずにいましたが、手本を見せるつもりで実力を発揮してもらいたいと感じました。 午後の大学との試合では精一杯のプレーで善戦する時間もあり、良い試合になりました。 高校生は、アウトサイドのシュート力の底上げが課題だと思います。フォーム作りから始めて、自力をつけてもらいたいと思います。フリースロー大会で優勝したのは高校2年生の増田竜一君でした。全体的にフリースローの決定率の低さは要練習です。男子は、OBの森下君と私、吉田を中心に試合前後の声掛けを徹底して行いました。レフリーに入った大学生にも一言コメントを貰うなど交流を狙いにした今回のバスケット祭を意識した運営を行いました。大学・高校・中学の交流がこれをきっかけに更に進むことを期待します。大学生につきましては、心から運営お疲れ様でした。ありがとうございました。 今年の昼食会は、松本副会長、阿久津先生の挨拶で始まり、大学生による司会進行で、各校紹介、MVP表彰、80周年記念Tシャツの受け渡しを学食で行いました。ここでも、十数名の父母の参加がありました。
クリックすると拡大表示します クリックすると拡大表示します
女子は、中学顧問の先生のご希望もあり、OBのレフリーで、中学生と大学生の練習試合を行いました。始めは、大学生がどう対応して良いか分からないと言う風に見られましたが、中学生の精一杯のプレーに、先輩としてきちっとしたプレーをすることで、見ているだけでは分からないことを肌で感じることが出来て、中学生にとっては良い勉強の機会になったと思われました。もちろん力の差は歴然で、結果はいうまでもありませんが、中学生同士の紅白戦ではみられなかった、良い動き、声をかけ合う場面等を随所に見ることが出来ました。 この後中高生は、閉会式を行い、朝早くのアップから始まった一日を終え解散となりました。 大学男女は、それぞれOB・OGとのお楽しみゲーム、若手vs現役、混合チームでのゲームを行いました。この頃になると、懐かしい先輩諸氏の顔が増え、翌日に影響が出なければと心配になるほど白熱した(?)試合となりましたが、観戦者からの応援(冷やかし?)を受け、和やかに、無事怪我もなく終わることが出来ました。これも、各校顧問の先生方のご配慮、大学男女部員の全面協力によるものと思います。 夕方からは、場所を本部棟職員食堂に移し、旧制から、現役まで130名強の参加者による校歌斉唱で成城バスケットボールクラブ創立80周年記念パーティーが開催されました。   今年もこのバスケット祭の企画段階から学校、学生と連絡を取り、アレンジした吉田副幹事長(NHKアナウンサー)の司会で始まりました。
クリックすると拡大表示します クリックすると拡大表示します
初めに、石田会長から1927年に創部されたバスケットボール部の歴史を50年誌を参考にしながら現在までの流れを紹介。更に、1975年に結成された成城バスケットボールクラブ(成城BBC)の歴史と活動が報告されました。 またこれからの10年、20年先を見据えて、会員相互の親睦の活発化(バスケット祭、年2回のゴルフコンペ、学年幹事の活用、ITの活用)と後輩の援助育成に協力するための行動として、コーチ育成(現役又は卒業生JABBAの公認コーチ証獲得を継続的に行う)、現役に対する経済援助(年会費の収集率のアップ)が掲げられ、参加者へアピールされました。 この後、乾杯の音頭をOB・OGを代表して木下紀子さん(S34年大卒)にお願いして、しばらく和やかな歓談の時を持ちました。
クリックすると拡大表示します クリックすると拡大表示します
会の中盤では、今回ご招待しました、各校顧問の先生コーチの紹介、現役4年生の紹介とエンブレム贈呈、歴代の会長並びにOB・OGコーチの功労者表彰(80周年記念ポロシャツ贈呈) また旧制高校の頃の話しを森久保政司さん(S16年旧制高卒)と、佐伯正博さん(S24年旧制高卒)にお願いいたしました。 最後に、現同窓会長の阿部伸一さん(S30年大卒)のリードで篭球部部歌が歌われましたが、阿部さんの現役のころは、練習後必ずこの部歌を歌っていらしたそうです。(筆者は、この部歌を初めて耳にしました) 2時間余りのパーティーは多勢正道元会長の1本締めでお開きとなり、記念ポロシャツを手に解散となりました。本日の成城バスケットボールクラブ創立80周年記念パーティーを機に新たなるスタートとして、成城BBCの皆様の力をあわせ、成城学園各校のバスケット部の発展に寄与出来る事を願っております。
(文責、矢野純子、吉田一之)
 
表彰者1:歴代成城BBC会長
青木辰男氏(S22旧卒)、佐伯正博氏(S24旧卒)
多勢正道氏(S36大卒)、広岡兼次氏(S36大卒)
表彰者2:コーチ功労者
楢崎理氏(S24旧卒)、渡部寿之氏(S26高卒)、 立見公孝氏(S31大卒)
井上康平氏(S35大卒)、浦本昌和氏(S31高卒)、広岡兼次氏(S36大卒)
長岡龍一郎氏(S37大卒)、広岡濤子氏(S36高卒)、石田英雄氏(S42大卒)
松本章太郎氏(S44大卒)

ご寄付頂いた方
1、お酒類・・・原拓男氏(S42大卒)、山田弘子氏(S45大卒)、石川二郎氏(S62高卒)
2、祝い金・・・松田亮子先生、浦本昌和氏(S31高卒)、藤田健氏(H4高卒)
 篠原光伸先生(大学男子顧問)
 
クリックすると拡大表示します クリックすると拡大表示します
クリックすると拡大表示します クリックすると拡大表示します
 
PAGE ・4・
 
 
イベントカレンダー
現役のページ
OBOGのページ
成城BBCクラブのページ

Copyright (C) 2004 Seijo Basketball Club All Rights Reserved.