「私達の山旅日記」ホームへ

No.104 蒜山(ひるぜん・1202m)
平成12年5月5日 晴れ
蒜山 略図
上蒜山の登山口(百合原牧場)
上蒜山登山口


二等三角点のある上蒜山の頂上
上蒜山の山頂

小広い山頂でした
中蒜山の山頂

バックは蒜山
中井川へ無事下山


大山・蒜山 山陰の山旅(後編)
新緑のパッチワーク

第1日=東京…米子…皆生温泉 第2日=皆生温泉…大山登山…蒜山高原 第3日=蒜山高原-《宿の車》-百合原牧場(上蒜山登山口)〜八合目(槍ヶ峰)〜上蒜山山頂分岐1202m〜上蒜山1200m〜中蒜山1123m〜日留神社〜塩釜冷泉〜中井川バス停-《バス》-湯原温泉 第4日=湯原温泉-《バス》-岡山駅… 【歩行時間: 第3日=4時間40分】
 → 国土地理院・地図閲覧サービスの該当ページへ

*** 前項・伯耆大山 からの続きです ***

 5月5日(第3日目): 蒜山高原の宿「ペンションさかた」の気さくな御主人に、RVの自動車で、上蒜山の登山口まで送ってもらった。 とても良心的な良い宿だった。 宿の御主人に感謝の別れを告げ、朝のすがすがしい冷気を腹いっぱいに吸い込み、歩き出したのは7時50分。 ここでも芽吹いたばかりの新緑と小鳥たちのさえずりが、私達を優しく出迎えてくれた。 ゆっくりと、のんびりと、休み休み歩いた。 時間はたっぷりとある。(と、思っていた。)
  牧場を横切り、まず最初は丸太の階段を直登する。 スギとヒノキに交ざり、カラマツが可愛らしい新芽をつけていた。 二合目あたりから展望が開けてくる。 三合目で早くも中休止。 右手を振り返ると、三平山などの山々や蒜山盆地を見晴らすことができる。 その蒜山盆地(=蒜山高原=蒜山原)の牧草地が、まるで初夏の田圃のように、鮮やかな緑のパッチワーク模様を見せている。
  五合目の手前から皆ヶ山の肩越しに、昨日登った霊峰大山が見え始めた。 いつしか辺りは背の低いカシワの純林となっている。 十数メートル先で、まだ芽吹いていないカシワの枝にとまって、さえずっている鶯(ウグイス)を見た。 いつも藪の中で、案外と見る機会の少ないこの(有名な割には地味な)小鳥をしっかりと瞼に焼き付けた。
  展望の良い八合目(槍ヶ峰)付近でまたまた中休止。 ここから山頂までは未だ冬枯れの細身のブナ林だ。 道端には山に春の訪れを告げる薄赤紫色のそり返った花、カタクリの花が可憐に咲いていた。
  上蒜山山頂分岐へ辿り着いたのは10時50分。 シジュウカラがすぐ傍の梢に止まっていた。 小休止の後、分岐から北西へ向かってササの藪こぎ約10分。 二等三角点のある上蒜山の山頂へ着いた。 狭い山頂は木々とササに囲まれ、見晴らしもあまり良くないので早々に引き返した。 それにしても、上蒜山山頂分岐点の標高が1202mで、上蒜山山頂の標高が1200mと、山頂の方が2mほど低いなんて何か変な感じがした。(まぁ、どうでもいいことだけれど…)
  カタクリの花などを愛でながら中蒜山へ向かって急坂を下る。 鞍部から登り返し、ユートピアと名づけられたネザサの柔らかい原を抜けると、間もなく避難小屋のある中蒜山山頂へ着いた。 12時25分だった。
  三角点標石の傍らの、ネザサに囲まれた小広い山頂広場のベンチに腰掛けての昼食。 東西20キロ、南北10キロという大きな蒜山盆地などを見下ろしながら、「ペンションさかた」の奥さん手作りのオニギリ弁当を美味しくいただいた。
  下山開始は午後1時10分。 のんびりと歩きすぎた(何時もの私達の悪いクセ)せいで、流石に下蒜山への縦走はここで断念する羽目になった。 定期バスの発車時間など、時間的な自信が持てなかったのだ。 結局、中蒜山から日留神社(五合目)を経由して、塩釜冷泉をめざして南下することになった。
  気合を入れて早足で下り、塩釜冷泉に着いたのは14時10分だった。 小川となって流れている名水を手ですくってガブ飲みした。 喉がカラカラだったのでとても美味しかった。
  中井川のバス停着は15時丁度。 バス停のベンチに腰掛けて待つこと約50分。 渋滞があったらしく、定時を30分ほど遅れて岡山行きの中鉄バスは到着した。 今夜の宿は湯原温泉に予約を取ってある。 明日は東京へ向かってただひたすら帰るだけだ。

* 蒜山(ひるぜん・蛭山、昼山) 鳥取県倉吉市と岡山県真庭市の境に位置するトロイデ火山。通常は上蒜山1202m・中蒜山1123m・下蒜山1100mを総称して「蒜山」または「蒜山三座」と呼ぶそうです。この地特有の「黒ボコ」といわれる火山灰土壌(ダイコンの培栽に適しているそうですが…)は雨が降ったら滑りやすいので要注意です。
 山名の由来は、@野蒜
(のびる)がたくさん自生しているから、A軽石を蛭(ひる)石ということから、B蒜山高原を代表する植物ヒロレ(カヤツリグサ科の常緑多年草=ミヤマカンスゲ・ヒロロ)から、(4)天照大神の名オオヒルメノムチから、(5)湿地地名をヒルというから、(6)太陽が見えるときは昼だから…など、諸説があるそうです。

ペンションさかた* 蒜山高原「ペンションさかた」: 川上村の東、北に蒜山三山を望む静かな高原に位置する素敵なペンション。 昔は船乗りをしていたという気さくな御主人と、温和で料理がとても上手な奥さんのお二人が、6年ほど前より、3人のお子さんを育てながら切り盛りされている。 真心のこもった料理は何を食べても旨かったし、きれいなタイル貼りの風呂も充分な広さを持っていた。 私達の部屋は六畳の落ち着ける和室だったが、洋室もあるらしい。 ご自慢のオリジナルワインがまた美味だった。 蒜山へ行かれる方にはお勧めのペンションだ。
 その後、高原のお宿「さかた」と改名したようです。[後日追記]
  高原のお宿「さかた」のHP

湯原温泉「油屋別館」 湯原温泉「油屋」: 湯郷、興津とともに美作三湯のひとつ。 風光明媚な山間に湧く古くからの名湯。 良い意味で、活気のある温泉街。 アルカリ性単純泉。 「油屋」は元禄時代からの老舗旅館。 屋号の謂れは、かつて道中の燈火の油を提供していたことによるらしい。 私達は対岸の別館に部屋をとった。 夕方の風呂上り、浴衣姿に下駄履きで、清流旭川に沿って散歩してみた。 ゆったりと時間が流れ、山旅の疲れが癒えていくのが分かった。
  「油屋」のHP

* 「千と千尋の神隠し」のモデル?: この湯原温泉「油屋」の旧館「食湯館」が、アニメ映画「千と千尋の神隠し」に出てくる湯屋(油屋)によく似ているという。 確かに似ているけれど、私がこのアニメを先日のテレビで初めて見たときは、「あっ、道後温泉本館だ!」 と思ったものである。
  ちょっと興味をそそられたのでサイト検索などで調べてみた。 宮崎駿監督の話しによると 「特定のモデルはないけれど、松山の道後温泉は確かに入っている」 とのことで、少し溜飲が下がった。 尚、東京都小金井市の「江戸東京たてもの園」にある「子宝湯」も、アニメ制作過程においてかなりのインスピレーションを与えたものであるらしい。
  この「千と千尋の…」にでてくる湯屋に似ている温泉旅館は、じつはその他にも沢山あるらしい。 同じ「油屋」の屋号を持つ長野県の諏訪湖畔に建つそれも結構似ているそうだ。 山形の銀山温泉、宮城の鎌崎温泉、群馬の四万温泉、長野の渋温泉、鳥取の羽合温泉、などの温泉宿からも 「うちがモデルではないか」 という話がきているそうだ。
  と、まぁ、これもどうでもいいことだけれど…。
[後日追記]


新緑のパッチワークが美しい!
蒜山高原を見下ろす
上蒜山から中蒜山へ向かう
中蒜山へ向かう
中蒜山より上蒜山を振り返る
中蒜山より上蒜山を望む

* この地には天孫降臨伝説や高天原伝説などがあるそうです。 神秘的で美しい処なので、さもありなんと思います。

このページのトップへ↑
No.103伯耆大山へNo.105「四阿山」へ



ホームへ
ホームへ
ゆっくりと歩きましょう!