No.83 恵那山(えなさん・2191m)
平成11年4月17日〜18日 第1日 曇り第2日 朝は雪第2日 雪が小雨に変わる


雪原の山頂避難小屋で一夜を明かす

第1日=JR中央本線中津川駅-《タクシー40分》-黒井沢登山口〜野熊ノ池〜山頂避難小屋〜恵那山〜山頂避難小屋 第2日=山頂避難小屋〜大判山1696m〜鳥越峠〜神坂峠-《タクシー》-クアリゾート湯舟沢(入浴)-《タクシー》-中津川駅
 【歩行時間: 第1日=4時間50分 第2日=4時間】
 → 国土地理院・地図閲覧サービスの該当ページへ


  第1日目(4/17): 自宅を出たのは午前5時頃。 快晴。 暖かい。 新横浜6時16分発の新幹線「のぞみ1号」は1時間22分で名古屋に着いた。 中央本線に乗換え中津川駅で下車、タクシーで川上(かおれ)を経由して黒井沢林道へ入る。 途中、タクシーの運転手さんから恵那山を教えてもらった。 チラッと見えた。 これが最初で最後の恵那山全景の眺望になろうとは、その時は思いもしなかった。 何時の間にか曇っていた。
  黒井沢の登山口から歩き始めたのは午前9時50分。 暫く歩くと右手に南アルプスが見えてきた。 ザックがやけに重い。 早くも残雪が目立ち始めた登山道をゆっくりと歩く。 ログハウス調の野熊ノ池避難小屋入口のベンチで静かな昼食。 名古屋駅で買ってきた「味噌カツ弁当」を食べる。 甘くて美味しいが、変な味だった。
雪原の山頂
恵那山の山頂部

雪がぱらついてきた
山頂避難小屋
  標高1800メートル地点付近で6本爪の軽アイゼンを着けた。 これで少しは歩きやすくなった。 すれ違った十数名ほどのパーティーの最後尾の男性に「お泊まりですか? 今日は貸切りですよ」 と声をかけられた。 あとで分かったことだが、その男性こそがインターネットで恵那山のホームペーシ゜を開いている足立尚哉氏だった。 今回の山行について多くの情報を提供してくれたこのホームページに、下山後、不慣れなパソコンを操作して感謝のEメールを送ってみたのだが、その返事が同氏より届いており、それで分かったのだ。 何という偶然だろうか。 今回この山で出合った登山者はこのパーティーを含め4組だけだった。 (2日目の下山道ではとうとう誰にも出合わなかった。)
  山頂避難小屋から恵那山頂往復約25分。 積雪約1メートル。 一面の雪世界だが踏跡はしっかりしている。 細長くなだらかな山頂部からは、薄っすらとではあるけれど、中央アルプスや南アルプスなどが木々の間からよく見えている。 特に御嶽山の白く輝く雄大な山容が素晴らしい。 恵那神社奥宮の小祠(お宮)が幾つかあるようだが、そのほとんどは雪に埋もれている。 1等三角点の標石も雪の下だ。
  山頂部付近にあるはずの水場も、雪に覆われていたせいか、随分捜したけれど見つからない。 諦めて、雪を溶かして水を作った。 山頂避難小屋は小ざっぱりとした造りで不満はなかったが、薪ストーブが壊れていた。 夕飯はカレーライス。 サバイバルの様相を呈してきた。 ランタン代わりにザックに入れておいた蝋燭が大変役に立った。
  夜中、寒さと風の音と夢で何回も目が覚めた。 佐知子も起きてきた。 懐中電灯を点けて見回すと、誰が置いていったのか屋根裏にシュラフが二組あるのを発見。 これには本当に救われた。 持参したショラフと重ねたら、もう、熱いくらいだった。 それからは朝までぐっすり、少し寝過ごしてしまった。

クマザサの多い山だった。
下山路にて
  第2日目(4/18): 午前6時35分、小屋を出る。 雪が降っていた。 幾つかのピークを登り下りしているうちに、途中から雨に変わった。 霧が晴れた瞬間を見計らって振り返ってみた。 平坦な山頂部は雲で覆われていたけれど、恵那山は圧倒的な容量で横たわっていた。 年間降水量が多いので「ナギ(崩壊地)」が多い山であるらしい。
  大判山から鳥越峠を経由して、11時20分、標高1585mの神坂(みさか)峠に下山する。 ここは信濃と美濃の国境で、古代・中世には東山道最大の難所として有名だったそうだ。 間もなくして予約のタクシーが迎えにきてくれた。 中津川への帰路、アルカリ性の温泉「クアリゾート湯舟沢」に立ち寄り、山の汗を流した。
  伝説の山、恵那山…。 クマザサの多い山だった。

クアリゾート湯舟沢: 平成7年2月にオープンした中津川市の総合ヘルシーリゾート。 立派な施設だ。 泉質は重曹泉。 はっきりとアルカリ性だと分かるなめらかな湯だった。
  「クアリゾート湯舟沢」のHP

@恵那山 足立尚哉さんの「恵那山のホームページ」です。 恵那山に関する情報が満載。 超お勧めのサイトです。
* その後の平成13年秋に、私達が歩いた「黒井沢ルート」と「神坂峠ルート」の他にも「広河原ルート」や「前宮(まえのみや)ルート」がオープン・復活したとのことで、恵那山登山道の選択肢が広がったようです。 詳細については上記の恵那山のHP等にてご確認ください。 [後日追記]



山頂部が雲で覆われた恵那山
振り返って眺めた恵那山(奥の大きな山)
No.82「雄山(三宅島)」へNo.84「阿蘇山」へ



ホームへ
ホームへ
ゆっくりと歩きましょう!