佐知子の歌日記・第五集
佐知子の短歌集4〜可愛い孫たち〜
孫に伝えるバナナ伝説
南大菩薩:湯の沢峠から大蔵高丸

はにかんでそっと取り出すチョコクッキー バレンタインの孫ほほ赤く

将棋さす子の目光りて盤に射す スポットライトあてるがごとく

孫帰り静かな部屋で栓を抜く とくとくとくとビールこだます

おさがりのスーツなれども胸はって 力いっぱい飛べ一年生

それぞれの孫自慢するおしゃべりに 老い仕度など挟み込むなり

夏の陽にTシャツの肩すこしあげ「オレ」と云うなり六歳の孫

十歳の孫と美肌の湯につかり しっとりしたねと腕をみせあう

湯上りに「ああいい気持ち」と云いながら空を見上げる六歳男子

テラスにてくつろぐ孫はお台場の景色となりぬ緑のTシャツ

品えらび迷いに迷う孫の足 ララランランと誕生日なり

帰るなりリレーの補欠になったよと よろこぶ孫の肩がふるえる

台風に臨時休校の孫たちはゲームにパソコンピアノにトランプ

三等賞 おなじでよかった徒競走 負けずぎらいの二人の孫の

騎馬戦に女子が参加の小学校 出席名簿も男女混合

明日は雪予報にさがす赤いそり 三十年のほこりが積もる

大雪にソリを出してはみたものの 滑って遊べぬ坂のない街

会うごとに背が伸びたねと言えばすぐ 柱のきずに寄りかかる孫

おでこにはボールがあたった赤いこぶ 七歳おのこのがまんの勲章

靴をぬぎ窓に鼻よせ電車みた孫は本日多摩川をみる

目はうつろインフルエンザに臥せる孫 母の帰宅にひざへすり寄る

封を切りコロコロコミック読む前に 孫は付録の工作をする

首ひねり指おりかぞえ歌を詠む 我をときどき見やる孫かな

新品の帽子の下に不安顔 虫好かぬ孫山への遠足

遠足にかずえちゃんだけ持ってきたと 孫に伝えるバナナ伝説

ゲームする孫のとなりでテレビつけ 再放送の「相棒」を見る

少年は小さな池をのぞき込み ニヤリと次のあそびを見つけた

夕食中 静かにしてと孫は言う「妖怪ウォッチ」見ているときは

「おかえり」を母に云いたく待つ孫は 友の「あそぼ」を断りにけり

おもちゃ箱のブロック捜す音響く 居間にひろがる孫のつくる街

マンガからゲームにノート靴下に 妖怪ウオッチ出没をする

汐留の満月を見て俳句などつくったと言う八歳の孫

ほめられてはずかしそうに目をふせる 水玉ドレスの似合う孫なり

ぬか漬けのきゅうりをほおばりずすずすと日本茶をのむ八歳の孫

二画面のアニメと野球のテレビつけ 孫はするりととろろ飯食う

お帰りと二十メートル先で手を振れど走っては来ぬ もう三年生

十二歳の孫にとっての十年前は 記憶もないと我にほほえむ

孫からのバレンタインのチョコクッキー すこしかたいがほんのり甘い

涙ぐむ娘をみれば夫もまた手にハンカチの孫の卒業式

大きめの制服のそで折りまげて孫は今日から中学生

けん玉を上手くあやつる孫をほめ 男子に帰りて教え居る夫

もういいといつかは言わん誕生会 十本のろうそくを消す孫は

手のひらに蝉の抜け殻のせながら 少女は追えりいやがる男子
(おのこ)

給食会 孫らとおいしく味わえり 脱脂粉乳なんてものは無し

梅干を作りはじめて十三年 孫は髪長きおとめになりぬ

年毎にその声小さくなってゆく「鬼は外!」言う十歳孫の

孫からの「ありがとメール」を待っている夫落ち着かぬ夜 ホワイトデー

「本当にいい子たちだ」と夫は言い晩酌すすむ五月の夕べ

飛ぶハエをこわいと言って足早にトイレへ逃げる孫は十四歳

 孫の運動会
小規模な小学校ゆえプログラムどんどん進む大運動会
騎馬戦に手ばやい動きの少年は敵のしるしを三枚もぎとる
日差し濃い児童の席はそのままに見物人は木陰へ移る

百合花を隠し忘れて鼻水が止まらずあわれアレルギーの孫

百合花にアレルギーある孫が来る 窓を開ける花瓶を隠す

10代の孫らの会話は意味不明 娘の通訳が頼りとなりぬ

看護婦に「きれいな赤ちゃん」と云われし孫は日焼けの野球少年

年男二回目の孫に頼まずに わがそっとまく節分の豆

孫からの二日遅れのバレンタイン チョコパイを食む夫は笑顔に

大津波の映像声なく孫と見て黙祷をする二時四十六分

「ドラえもん」見なくなったねと夫が言う 十二と十五の孫が帰りて

コンクールに8小節のソロなれど孫のフルート澄みわたりゆく

平成25年から30年にかけての、可愛い孫たちに関する短歌を編集しました。

「佐知子の歌日記」のトップページへ
「佐知子の短歌集3」へ「佐知子の短歌集5-1」へ



ホームへ
ホームへ