佐知子の歌日記・第五集
佐知子の短歌集5-1〜日々の暮らし(春から夏へ)
ここが汝のふる里
突然に うたよみたくて指かぞえ あれかこれかと六十三歳

心配な時間をワープするように 待合で読む「短歌入門」

リビングに漢和辞典と古語辞典 カビの匂いの新参者よ

となりとの空間わずかな土地ゆえに そおっと落とす節分の豆

ゆったりと紅茶をすする昼下がり 左回りに金魚が泳ぐ

ゆで忘れ一本残りし菜の花をグラスに挿せば黄色く咲けり

なんとなく覘くつもりが五点ほど買うことになる百円ショップ

寒くって朝の散歩を休んでる コンビニ脇の梅咲いたかな

強風に散れる花びら白梅の香りものせて路地のにぎわい

めじろ五羽 さかりの枝垂れによって来る 老人の砦「池上梅園」

山門の梁のまわりに極細の鳥よけ棒ゆれる本門寺

寒さゆえ背丈伸びぬかサクラソウ 啓蟄の陽鉢からこぼれて

水やればあちこち新芽の披露宴 鉢物なれど堂堂揃う

ビニールの傘に桜の花びらがついていること息子は知らず

おそろいの黄色い帽子の少女らは 黒・茶・ピンクのランドセル背負
(しょ)

小刻みにガラス戸たたく春風は いたずら坊やのおしゃべりかしら

水まきのホースたらりとやわらかく 春の知らせに蛇口をまわす

白菜の樽あらい終え春陽さす 出番待つなり宝のぬか床

わが鉢のシモツケソウは園芸種 君は見ないが緑美人なり

音高くいかにもワタシ仕事中 食洗機よも少し加減しろ

一瞬のためらい抱き足を置く エスカレーター立会い勝負

チューリップ赤く並んでフラメンコの踊り子のよう春の情熱

待ちわびたドウダンツツジ手に入れて 置き場所になやむ路地裏ぐらし

田舎より移し植えたる花の名を都忘れと云うもおかしき

トシなのか なかなか治らぬ手のくじき 床に落とした楊枝がつまめぬ

ぬか味噌のにおいの残るその手にて えんぴつ握りうた詠みにけり

プランターに迷い込んだほとけのざ 今日からここが汝
(なれ)のふる里

レジ係りにこれは何かと尋ねられ ゆで干し大根旨しと勧める

あんパンが四角になりそうに力いれ パン屋の新人トングを握る

紫のビオラの鉢を並べたら 風にまかせてゆらゆら笑う

待合の疲れし顔の病人に ほほえみ誘う幼子の歩み

茶色から湯気立つ緑に変身す 春の若布の底力見る

二株のゴーヤの苗を植えつける あの熱い夏思い出すため

水槽のポンプのよごれ掃除する 黒目の金魚がこちらを見ている

やわらかなもみじ四方に枝が伸び 惜しみつつ伐る越境の緑

杖なしで歩けると言う老人は 時おりそっと壁に手をつく

封印はしたくないので間をあけて 食べるとしようカレーライスを

算盤をはじいてつりを渡すとき パン屋の小父さんにこりと笑う

一匙のエサに金魚は飛びかかる 遅れてごめんもう十時だね

GWに200mの車間距離 環七
(かんなな)二国(にこく)が日光浴する

日焼け止め蚊取り線香山積の ドラッグストア夏向きになる

白百合の甘い香にさそわれて 10分間の豪華な居眠り

ていねいに読んでなんていられない 村上春樹おもしろすぎる

はやばやと夏の足音五月尽 あせかき息子のクーラー始動す

南の戸西の庇を奏でるは 梅雨を知らせるおとめのマリンバ

雨の午後えんぴつかたく握りしめ 眠ったままでいすから落ちる

大きくて顔の半分口だらけ ジュリア・ロバーツそれでも女優

心配の健康診断やり終えて まず一番にケーキを食べる

ほしい方コレステロール速達の宅配便でお届けします

連日の徹夜仕事にストレスか 太めの息子ますます太る

人ごみの新宿駅では気おくれし やっと座れた渋谷でメールす

生梅の甘いかおりにつつまれて窓開けるのを少しためらう

九年目の梅干し作りかさ増して二十四キロを漬け終えるなり

百合の香を鼻にいっぱい吸い寄せて睡魔呑みこむ午後の濃いお茶

エアコンのフィルター洗い夏よ来い 山の冷気を思い出しつつ

梅雨さなか乗客はみな年若く むわっと暑い山手線である

寝不足と頭痛の一日
(ひとひ)梅雨寒に ふうせんかづらの小花が咲けり

入れたはずハンカチどこへいったやら 最近多い不明のグッズ

一人住むとなりの家に夜のあかり つけば安心帰ってきたね

しらが染め五歳若いとうなずいて 今日はピンクのTシャツを着る

病院の待合室にひとあふれ 呼ばれし我が名なにやらいとし

大雨でモザイクかかるBSテレビ 見ていた映画の犯人だあれ

ゴーヤ食べ苦さのどから胸にまで届いてひびく夕餉の雷雨

のど痛く話をするには億劫で ツンツンすました顔にて過ごす

陽にあてた梅干かめに並びいれ おいしくなあれと呪文をかける

「いらっしゃい」レジの林
(りん)さん中国人か 発音のずれ良し可愛らし

花柄の半ズボンはく青年は ぼそっとあんパントレイにのせる

休養日なのに練習す からだには限りがあるぞ高校球児
 
H25年の夏から、甲子園初の休養日

Yシャツの右カフスのみ汚れてる 息子のしごと重く片寄る

つぎつぎとまっ赤に熟れてミニトマト 皮はかたいが味はほどよし

朝顔に話しかけても次の日は 花をとじてる朝日のなかで

九時に寝て夜中の二時に目がさめる 老人ビギナー先は長いぞ

更地には名前わからぬ花が咲く 三月まえまで斉藤さん家
(ち)

ステンレスの物干し竿に日が射して きらっと矢のごと夏空をさす

お恵みは十分いただきましたゆえ 猛暑日返上いたしたく候

白髪など染めてみたとて大袈裟に変わるわけなく 今日も暑いな

ビール缶二十八個をつぶしおり 我も飲みたしこんな夕暮れ

店頭でスポーツドリンク勧められ一気に飲み干す 酸っぱいなこれ

夕暮れにアブラゼミ鳴く猛暑日に 水槽からドジョウ跳ね落ちる

涼しさを手土産にして降る雨は 葉月の緑茶うましと言わせる

からみつつ小さな白い花咲けり 誰が名付けたヘクソカズラと
花の名は漢字で書くと優雅なり でもこの花は屁糞葛
(Tamu)

瓶にさせばネコジャラシやアカマンマ ほのぼのゆれて主役になりぬ

雑踏をかきわけ進む雨上がり とんぼがするりぬけて行くなり

真冬ほど冷たくないがメガネには小さきしずくの三月の雨

笑顔なき桜開花の予報官 儀式のように宣言したり

咲きそろう都忘れのむらさきが風の強きにも弱きにも揺る

「どこ行くの」訊きたくなるね腰の振り 春の小径をトラ猫あるく

乗っていた自転車忘れ帰宅する ポケットに残るこの鍵は何

ギボウシは垣根を越えて茎のばす うす紫の花を咲かせて

朝空の青をいっぱい吸い込んで梅雨の晴れ間にゴミ出しに行く

せわしなく団扇をつかい麦茶のむ これがワタシの湯上りの景

数独と日本語・英語のパズル終え次の脳トレ探しています

根は伸びて小さき鉢を出でんとす 我が背たけ越ゆスラッシュパイン
 * スラッシュパイン: マツ科マツ属の常緑針葉樹。外来種。

診察は三分間なり連休の明けた眼科に五十分を待つ

食べ物の好き嫌いなきわが腹を去年のズボンにどうにか納める

起きてすぐ今日の天気を確かめて三十キロの梅を干すなり

手作りの梅干・らっきょう・紅生姜 そろいて卓に朝がはじまる

ややこしい手順に潜むポケモンGOを見つけられずにスマホをとじる

 リオ五輪
リオ五輪 平和もねがい開かれる 日本時間の八月六日に
赤や黄の水着のようないでたちの女子ランナーを映すハイビジョン
黄と緑の国旗の色に髪を染めジャマイカの選手銅メダルなり
レスリングの四つもぎ取る金メダル大和撫子の根を見たり
アメリカを抑えてメダル銀ひかる陸上男子ら四百米
(よんひゃく)を走る

隣席の細くて若い女
(ひと)の食う あのステーキは三百グラムだ

不機嫌な大気に迷う白雲と黒雲まざる空ながめおり

「雨ですよぉ〜」近所の声に走り出す 洗濯物が待つベランダへ

おかゆ食うわが三日目の体重計一キロ半の減を示せり

帰宅した息子が居間に来るとすぐ花粉症の夫くしゃみを三回

仏壇にデンファレの赤は似合わない着物にコサージュつけてるようで

山彦や波音のするわが耳は二年前からアウト・ドアー派 (3.5)

高層のビルに囲まれ背の伸びぬ東京タワーは還暦ちかい

団塊の「塊」が書けずにベビーブーマー世代と記すアンケート用紙

少しずつ木々の緑がふえてくる小雨がうれしい春のおみやげ

焼きたてのフランスパンをかみしめて硬さに耐えている歯なり まだ

プランター五鉢に並ぶさくら草をきれいと言って見つめる老人

ボタン穴はちきれそうにシャツを着る弟の腹祖父をおもわせる

二時間の宴会の間につぎつぎと桜いで来る飛鳥山公園

四十歳のわが娘をば二十八歳と個人情報を知らぬ者が言う

白花のフリージア淡く香りおり八丈島ゆ春をいただく

診察に泣く幼子の声やみて待合室へとはずむ足音

何万字書いたら役目終えるのか鉛筆一本ながさの限界

掘りたてを送ってくれし義母はなく二つ買いたり八百屋のたけのこ

これ以上太らないよう息子には小ぶりのごはん茶碗を買いたり

両岸に鯉のぼり数多つるされて泳ぐ鯉などいない呑川

しゃれた名の「グランデュオ蒲田」 どうしても「蒲田駅ビル」と言ってしまう

遠回りだけど「この路地とおるのよ」と花をめでつつ老人は云う

アレルギーのわが頬見つめ友の目はだんだんだんだん大きくなりぬ

連休の渋滞伝えるレポーター ヘリコプターから声は弾んで

焼きたてのメロンパン食むよろこびが後悔の胸やけに変身す

なすのトゲすばやくわれの指を刺すラップの刃より二倍の痛み

月齢にあわせて藍を育てると染色家は云う現代の世に

孫らにとアイスクリームを買い置くが今日の暑さに食べてしまいぬ

ワイシャツのアイロンかけを本日の仕事納めとしたいのですが

母の日に来るかなと待つ午後三時プレゼント手に娘あらわる

夕化粧という名をもつ草の花 ちいさなピンクを朝に咲かせる

フェンス越しに眺めるばかりの隣家の白い十字のドクダミの花

寝不足の重い目蓋がたれ下がり鏡を見ずに半日過ごす

工事中のいつもの道をよけて行く一年ぶりの近所の小路

ストロベリームーンとう赤い月雲に隠れて水無月九日

梅仕事段取り八分といいきかせ 瓶・笊・重しをしっかり洗う

雨の中自転車こいで父の日に娘の笑顔とワインが届く

若駒はどこまで走るや新記録二十九連勝の藤井四段よ

紅色はしだいにうすれ陽をあびたポインセチアは緑葉を出だす

白と黒二匹の猫が向かい合い手足を伸ばす とある日の暮れ

心栄え良き友ふたりそれぞれの重い病を静かに語る

新盆の母の供養の親類ら三月の赤子を順々に抱く

水しぶきが飛んできそうなプールわき 子らよはしゃげ たくさんはしゃげ

梅雨明けの宣言はまだないが首のあせもにわが夏を知る

盆の膳考えなしに並べれば向きが違うと僧が正せり

一日にTシャツ三枚取り替えてお取り寄せしたい山上の風

となり家に垂れ下がりたる笹の葉は切るには惜しい緑なりけり

「から揚げはお好きですか」に「はい」と言う ほんとは「カラオケ」と云ったらしいが

「鏡さん」正直すぎるのあなたって3キロ減に映してくれない?

夫と吾が通う歯医者は釣りが好き 鯵三匹を届けてくれる

釣りものの三尾の鯵の身は刺身 骨はダシきく吸い物となる

景品は高級ティッシュ一箱なり グラウンドゴルフのホールインワン

雲多く梅を干すにはためらいて天のご機嫌うかがい見あぐ

チェーン店ばかりが目立つ駅前の商店街に残る煎餅屋

隣人にフウセンカズラの種をあげ茗荷三つをもらう朝夕

迷走の台風5号を気にしつつ今日の晴れ間に梅を干したり

座る人の四人はスマホの山手線 二人は読書でいねむり一人

「山の日」は北アルプスに登らずにドローンが映す谷底を見る

二週間つづく雨の八月に値下げのTシャツ三枚を買う

結末はわかっているがまたも見る「刑事コロンボ」アイロンかけつつ

カラスよけネットをひろげる朝六時 ゴミ当番の役目のひとつ

雨多い八月でした汗かきの我に休めと言うがごとくに

------------------------
小花咲く黄色い布地のペンケース 歩くはずなく捜す十日目

枯れ草をはやく除ければよかったね ギボウシの新芽赤くうなずく

それぞれのかたちを持ちて雲はゆく関東平野をふぅわりふわり

満開の陽光桜は病む人を励ますごとし医大通りに

春の昼 髪を短くしてみても乙女のようにはいかぬ足どり

 
老人会の花見
弁当に青いシートに花弁降る ピンクいちめんどよめく人ら
青シート一面にふる花びらにどよめく老い人二十八人

プランターの都忘れに忍び寄る草草のいのち摘んでしまえり

財布から割引券を出し忘れ レジの手早いしぐさを見てる

「大粒を」と水をやりつつ頼みつつブルーベリーの濃紫を待つ

焼きたてのナンとカレーの店は混み ニッポン人の胃袋はインド

ラッキョウとウメ・ナス・タクアン漬ける吾は東京生まれのカントリー嫗

汗かきのわれをめがけて夏がくる六月末の梅雨明けなんて

三度目の盆のしつらい手間どりて去年
(こぞ)の写真を見ながら飾る

冷房を強に合わせてテレビみる猛暑日続く午後は動かぬ

明日干す梅を瓶から笊におく 一粒ひとつぶ顔が違うよ

うなぎ屋が「仕度中です」に隣り合うモスバーガーへと宗旨がえする

アスファルトのすきまより生うしその葉はみどり豊に背は30センチ

乗っていた車を忘れ帰宅した息子よ親より先にボケるな

黄の小花つけて蔓伸びいつ生るや小玉すいかの二つ三つなど

選ぶとき思わず笑顔 コンビニのアイスなどでも気分は晴れる

 
グラウンドゴルフ
スコアーはむなしく増すが空見れば青々としてすじ雲ひとつ

ベランダに命終りし蝉二匹 朝日を受けて並んでいたり

内緒よっ(真顔よりやっぱ笑顔のトム・クルーズが好きなのアタシ・・・)

減量に励む十日目にステーキを食ってしまえり二百グラムも

この夏にわたしは何をしただろう 二匹の黄揚羽あおぞらへとぶ

田舎より新米届く八月尽 あせをかきつつ旨味かみしむ

この夏の猛暑のしるしのTシャツの背中は広くぼかし染めなり

五時前に目が覚めひとり茶をすする 老人である証のかけら

平成25年〜30年の春から夏にかけての、日常を詠んだ短歌を編集しました。

「佐知子の歌日記」のトップページへ
「佐知子の短歌集4」へ「佐知子の短歌集5-2」へ



ホームへ
ホームへ