「私達の山旅日記」ホームへ

佐渡島の山旅日記(前編)
No.402-1 ドンデン高原と大佐渡石名天然杉
令和2年(2020年)9月17日〜18日 第1日目は曇り第2日目は大雨 レンタカー利用

県道81号線から金北山を望む
金北山の略図
第1日目
ドンデン山荘脇からスタート
遊歩道を登り始める

右前方が尻立山
芝草原の山稜へ出る

展望抜群!
尻立山の山頂

池の向こうにドンデン避難小屋が見える
ドンデン池の岸辺にて

前方眼下に両津湾〜加茂湖〜国中平野
ドンデン山荘へ下山

第2日目
羽衣杉の脇を通り過ぎる
大佐渡石名天然杉
↑クリック!

船板を利用した板壁の民家が密集
宿根木集落を散歩
船板を利用した板壁の民家が密集

広大なシバ草原に感動!

第1日目(9/17・曇り)=東京駅7:48-(Maxとき305号)-9:58新潟駅-《バス15分》-新潟港(万代島埠頭)11:30-[佐渡汽船・ジェットフォイル]-12:37両津港-《車30分》-ドンデン山荘〜ドンデン高原を散策(尻立山940m〜ドンデン池) 【歩行時間: 80分】
第2日目(9/18・雨)=ドンデン山荘…島内一周観光(「大佐渡石名天然杉」の遊歩道散策や「宿根木集落」の見物など)…相川「大佐渡温泉」 【歩行時間:約90分】
第3日目(9/19・晴れ)=相川…白雲台〜金北山1172m〜白雲台…トキの森公園を見学…両津港 【歩行時間: 3時間10分】
 島内の移動はレンタカーにて
 → 地理院地図(電子国土Web)の該当ページ(尻立山)へ


第1日目(9/17曇): 両津…ドンデン高原
 新潟港の万代島埠頭から11時30分発の佐渡汽船・ジェットフォイルに乗り込む。乗客は満席の4分の1程度だろうか、コロナ禍のこととて矢張り閑散としている。時速は80km弱とのことだが、まるで飛行機に乗っているような気分の…67分間の快適な航行だ。
 両津港からは予約しておいたニッポンレンタカーのSAクラス(車種はカローラ)に乗り込む。あとはカーナビ任せだけれど、助手席の佐知子は不安げに観光用の道路地図とにらめっこしている。
 両津港からカローラを運転してクネクネ道を約30分、大佐渡山地のほぼ中央・標高890mに位置するドンデン山荘に到着した。建物前の南側が大きく開けていて、小佐渡山地を挟んで両津湾〜国中平野〜真野湾が航空地図のように俯瞰できる。晴れていれば佐渡海峡を隔てて東北や信越などの遠くの山々も見渡せるらしい。まず、予想以上の素晴らしい眺めに感動!
 ドンデン山荘のチェックインを済ませ、一段落した14時30分頃、駐車場脇の登山口から北へ向かって遊歩道を登り始める。ツツジ類(ハクサンシャクナゲ、レンゲツツジ、ウラジロヨウラクなど)、カエデ類(コハウチワカエデ、ヤマモミジなど)、潅木化したブナ、オオカメノキ(ガマズミだったかも)、ツリバナ(マユミだったかも)、エゾユズリハ、イヌツゲ、いじけたスギ、そしてチシマザサ…などの緑のトンネルだ。ノコンギクやオトコエシなどの秋の花たちが足元を飾る。
 暫く登った左側がピークっぽくなっていて、電波塔らしきものが低木林の奥に見え隠れしている。多分そこいら辺に標高934.28mの三等三角点(点名:三ノ平=もしかしてこれが所謂ドンデン山?)があるはずだが、藪が深くて入り込めず確認するのはあきらめる。やがて間もなく山稜へ出ると空が開けて、すごいすごい!“広大なシバ草原”が眼前に広がったのだ。
 強い偏西風のため、そして近代から現代にかけての牧草地としての人的な作用(最近は人間の手で草苅)も影響していると聞くが…若干の潅木帯はあるけれど…高木は育っていない。この山稜の特徴であるシバ草原の…まさにその風景の中を私達夫婦は歩いている。あちこちには相変わらずのノコンギクやヤマハハコ、そしてヤマトリカブト、ウメバチソウ、エゾリンドウ、ミヤマコゴメグサ、ツリガネニンジン、アカツメクサ(外来種)などが群生して咲いていて、お花畑の様相だ。数は少ないけれどハンゴンソウ、アキノキリンソウ、キリンソウ、ホツツジ、そしてなんとトモエシオガマも、小さくきれいに咲き残っている。ススキたちも夕日を浴びて美しく輝いている。里の植物から高山植物まで、(佐渡島の植生の)守備範囲が広いことにまず驚いて、春から初夏にかけての花の季節はさぞかしだろうと推測する。
 尻立山940mの山頂などからは両津港〜加茂湖などの下界の風景も、このときは少しモヤっていたけれど、よく見えている。そしてさらに北へ下って進み、ドンデン池の岸辺の木製ベンチに腰かけて、ペットボトルのお茶を飲んだりアーモンドチョコレートを齧ったりした。池越しに見えている赤い三角屋根のドンデン避難小屋について、まるで「アルプスの少女ハイジ」の小屋みたい…、などと会話した。佐渡島にはクマやイノシシなどの大型哺乳類がいないので、何処にいても何処を歩いていても心底くつろげる。シカがいない(食害がない)ことも花が多い理由の一つであるらしい。
 来た道を戻って、ドンデン山荘に戻ったのは16時10分頃。矢張り誰とも出会わない、珠玉のミニトレッキングだった。

* ドンデン高原ロッジ(ドンデン山荘): 山小屋というよりはリゾート風のホテル、といった感じ。この日の宿泊客は私達夫婦だけで、貸し切り状態だった。管理人さん(この日はオジサン2名)はとても優しい方で、なにかと気を使ってくれる。風呂も立派だし部屋の窓からの景色も絶品。夜の窓から見下ろすと、両津の街明かりだろうか、が星のように瞬いていた。これが本当の贅沢というものかもしれない。1泊2食付き一人10,300円。
 外部サイトへリンク 「ドンデン高原ロッジ」のホームページ

  佐知子の歌日記より
 草原をハイジのようには走らねど君と見渡すドンデン高原

第2日目(9/18雨): 島内一周観光…相川
 肝心なこの日の新潟上空には秋雨前線が停滞していて、未明から本降りの雨だった。なので、ドンデン山荘〜金北山〜白雲台の縦走の予定を急きょ変更して、翌日(最終日)に予定していた島内のドライブ観光をすることになった。それは非常に残念なことだったけれど、奇形のスギ巨木が立ち並ぶ「大佐渡石名天然杉(*)」の遊歩道を(傘を差して)散策したり、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている宿根木(しゅくねぎ)の集落を散歩したりなど、けっこうアカデミックに楽しんだシックな一日でもあった。もちろん、懐かしの二ツ亀や大野亀も見物した。
 道路については…両津や相川の中心地を除いては…ガラガラに空いていて快適なドライブだった。印象的だったのは、内地(山間部)の谷を流れる川が黄土色の濁流になっていて、それが怖いほどの迫力だった、ということだ。
 この日は相川の温泉ホテル(ホテル大佐渡)に宿をとり、食事と温泉入浴を楽しんだ。
大佐渡温泉「ホテル大佐渡」については次項「白雲台から金北山」を参照してみてください。

* 大佐渡石名天然杉: ドンデン高原(タダラ峰)の北東、大佐渡山地の主稜線付近(標高約900m)に位置する天然林(県有林石名団地)。周遊コースの遊歩道が整備されていて、専用駐車場からゆっくり歩いて約1時間で一周できる(無料)。雪の重みと強い季節風の影響だそうだが、奇形の巨木老木が林立する原生の姿が面白い。スギの樹皮が赤っぽく見えたけれど、それがこの地のスギ(ウラスギ)の特徴かもしれない。
 スギの他に観察できた樹木はヒノキアスナロ、ミズナラ、カエデ類(イタヤカエデ、コハウチワカエデなど)、リョウブ、オオカメノキ、ツリバナ、エゾユズリハ、ハクサンシャクナゲ、イヌツゲなど。林床に咲いていた花はヤマトリカブト、サラシナショウマ、野菊の類など。ユキザサがあちこちで赤い実を可愛らしくつけていた。
 それにしても静かな森だった。雨が降っていたこともあるかもしれないけれど、昨日のドンデン高原散策と同じで、とうとう誰にも出会うことはなかった。
 次項のコラム欄(佐渡島の自然林について)も参照してみてください。

  佐知子の歌日記より
 赤黒い幹なる杉の天然林 雨にぬれつつ見学したり
 昼食はやっと見つけた萬屋で菓子パンを買う コンビニがなく
 もともとは頑丈な船だったという小木集落の杉板の家



明るく開けた山稜のシバ草原に感動!
尻立山からドンデン池へ下る・明るい山稜のシバ草原に感動!

次項「白雲台から金北山」へ続く

*** コラム ***
佐渡島の思い出

 佐渡島へは過去2回ほど行ったことがある。最初に行ったのはもう半世紀も昔・私がまだ学生の頃で、父親にせがんで使わしてもらったブルーバード…510型だったか610型だったかは忘れたが…を利用して、友人の3人を誘って東北一周の旅をしたときだった。主な持ち物は米と飯盒とコッフェルとラジウスと5人用テントと蚊取り線香と海パン、という出で立ちの夏の約20日間で、水中眼鏡とシュノーケルを駆使して東北の海を泳ぎ回った。その最後の(確か)5日間を過ごしたのが佐渡島だった。最北部の二ツ亀の近くでキャンプして、朝夕に食した(海水で茹でた)三角錐のツブ貝*)の味は最高だった。夜も浜へ出て、真っ暗な海を泳いでいると自分の身体が水流とともに夜光虫に包まれて、明るく輝いて見えた幻想的な映像を今もはっきりと覚えている。そう…新月の夜だった。岩の上に4人で仰向けに寝転んで、満天の星空に涙が出るほど感動したことも…つい昨日のことのように思い出す。
 2回目の佐渡島はそれから十数年後…ブルートレインに乗ってみたいという小学生だった長男の発案で実現した…1泊3日の家族旅行だった。ところがその長男は行きの車中で発熱。幸いなことに軽症の風邪だったが、佐渡島の宿に着いてからは妻は長男につきっきりで看病にあたることになった。私はまだ小さかった長女を連れて付近の浜で海水浴をしたのを覚えている。
 田中澄江さん(1908-2000)の晩年の著書「新・花の百名山」の該当項(金北山・イワカガミ)には、“戦後に何度もいった”佐渡の印象について“いつも山国へ来たという感じである”と書かれてある。ところが私の佐渡の記憶は美しい「海」で、「山」といったら佐渡金山の観光くらいなものだった。なこともあり、思い出深い佐渡島への今回の山旅を、前々からずっと楽しみにしていた。それが叶って、とても嬉しい。
 佐渡の海は、そして山も、ファンタスティックな感動の思い出を私に与えてくれたのだ。

* 三角錐のツブ貝: 関東ではシッタカ貝(バテイラ)と呼ぶ巻貝に似ていますが、日本海側に生息しているのはオオコシダカガンガラ(大腰高岩殻)と呼ぶそうで、別種であるらしいです。何れもとても美味で、酒の肴に最高っす!
* ご意見ご感想は当サイトのBBS(掲示板)をご利用ください。

初秋の佐渡島(大佐渡山地)・花の写真集: 大きな写真でご覧ください。

このページのトップへ↑
No.401「北信の山旅2・斑尾山」へNo.402-2「白雲台から金北山」へ



ホームへ
ホームへ
ゆっくりと歩きましょう!