「私達の山旅日記」ホームへ

No.97 三頭山1531m(奥多摩)
平成11年(1999年)12月4日 曇り マイカー利用


「森を守る」ことの難しさを学んだ

《マイカー利用》 中央自動車道・八王子I.C-《車75分》-都民の森〜鞘口峠〜三頭山・東峰(三角点峰)1527.5m〜中央峰(最高点)1531m〜西峰1524.5m〜鞘口峠〜都民の森-《車10分》-数馬の湯(入浴)… 【歩行時間: 2時間35分】
  三頭山から西原峠への笹尾根コース
 → 国土地理院・地図閲覧サービスの該当ページへ


  多少の渋滞はあったが、東京都大田区の我家から3時間20分ほどの運転で、桧原村にある都民の森(標高約1000m)の駐車場に着いた。 都民が都民の森へ行くのに3時間20分もかかるなんて、「都民の森」って、はたして本当に都民の森なのかなぁ…。
  都民の森の売店でおやきと朝鮮饅頭(なんかよく分からないが旨かった)を食べて、歩き出したのは午前10時30分。 既に紅葉は終わっていて、山は冬に入っていた。
三頭山中央峰の山頂にて
三頭山(西峰?)の山頂
  鞘口(さいぐち)峠を過ぎた辺りの枯木立の隙間から、奥多摩湖北岸の鷹ノ巣山などの山々が見えてきた。 その左側に見える広角三角形は雲取山。 そのさらに左端に見える容量のある山は飛竜山(大洞山)だ。 懐かしい山々を見たことで足取りも軽くなってきた。 3等三角点のある三頭山(みとうさん)東峰の展望台からは東(右)の方向に御前山や大岳山が展望できた。
  最高点1531m(中央峰?)を通過して三頭山西峰(こちらを中央峰だと云う人もいる)の小広い山頂に着いたのは12時20分。 南方に薄ぼんやりと、丹沢や道志の山々が見えている。 その右側に、三ツ峠山を従えた白銀の富士山が、白い空に同化せず神々しく聳えている。 それにしても、ここの3つ(くらいの)ピークの呼称については異同が多々あり、やっかいだ。
  落ち葉の復路、飽きることはなかった。 ブナやカエデ類に混じりミズナラ、ダケカンバ、ナツツバキ、ツガなどが目に付く。 殆どの木は落葉しているので樹皮と樹形を楽しむことになる。 所々にぶら下がっている樹木名の標板を頼りに、さらに樹木の観察を続ける。 ヒノキ、カラマツ、シイ、ホオ、モミ、クリ、ミズキ、リョウブ、アセビ、ツツジ類…など、所謂ここは針広混交の雑木林だ。
  途中、「このあたりは東京では貴重なブナ林です」 との説明板が立っていた。 それなら何故、沢山のブナの木を切って、ここに「都民の森」を造ったんだろう、と少し不思議にも思った。 しかし…、整備された登山道などのおかげで簡単に三頭山を往復することができたのだから、まぁいいか、と、妻の佐知子と小さな声で会話した。
  「檜原都民の森森林館」でいろいろな展示物を見学したりして、「復習」してから帰路についた。

  その都民の森の「森林館」には森の四季を映し出すマルチビジョンというのがある。 きのこや樹木を検索できるパソコンなども設置されている。 一歩表へ出ればすごい自然が待っているというのに、何故、都会の博物館のようなものが、ここに必要なんだろうか…、といった議論は別にするとして、この都民の森で、私達夫婦は「森の役割と森を育てることの大切さ」を学んだ。 そして、「健全な森を21世紀に引き継ぐ」ことの難しさもよく理解できた。

* 三頭大滝: 下山後暫くしてから、山の友人に、復路(又は往路)、何故「三頭大滝」を見てこなかったのか、と叱責された。 なんでも、東京にもこんなにいい滝が有ったのか、というほどの立派な滝なんだそうで、それならもっと早く言ってくれれば良かったのに、と、後悔先にたたず。

数馬の湯(H14年5月撮影) 桧原温泉センター「数馬の湯」: 帰り道、食事を兼ねて立ち寄ってみた。 公営(村営)の割には従業員たちの感じは良く、ゆっくりとくつろげた。
  アルカリ性単純泉、加熱循環。 石タイル貼り。 小さいが、露天風呂、サウナ風呂もある。 中央高速「上野原インター」から約50分。 バス利用だとJR武蔵五日市駅から約1時間。 緑豊かな秋川渓谷に位置する。
 利用料:大人一人800円(タオル付き) →その後、タオル付きのサービスは廃止されました。 平成24年3月にリニューアルしています。 (後日追記)
  「数馬の湯」のHP



左より:雲取山、芋の木ドッケ、高丸山 三頭山の山頂より雲取山方面を望む
左から・ 雲取山、芋の木ドッケ、高丸山




三頭山から西原峠を越えて数馬の湯

JR武蔵五日市駅-《バス70分》-都民の森〜鞘口峠〜三頭山・東峰(三角点峰)1527.5m〜中央峰(最高点)1531m〜西峰1524.5m〜槙寄山1188m〜西原峠〜仲ノ平〜数馬の湯(入浴)-《バス60分》-武蔵五日市駅 【歩行時間: 4時間20分】
三頭山の3番目の山頂(西峰)で集合写真
三頭山(西峰)の山頂
笹尾根にて
ブナ林の稜線を進む

その@ 白い花たちの競演!

 平成21年6月7日(薄曇り): 第50回目となった「山歩会」の定例山行に奥多摩三山の一峰・三頭山を選んだ。 なんだこうだと云っても東京にブナの生い茂る、やっぱりいい山だと思ったからだ。 今回は交通手段に電車とバスを利用しての、オーソドックスな山行を試みた。 都民の森から三頭山へ登り、南東に伸びる主尾根(笹尾根)を進み、槙寄山(まきよせやま・1188m)を越えて西原(さいはら)峠から数馬の里へ下るルートだ。
  曇り空で展望はイマイチだったが、山稜の林床にはフタリシズカやユキザサやミヤマガマズミが咲きそろい、コゴメウツギも小さく花をつけていた。 入梅時の白い花たちの競演だ。
  今回はブナ(シロブナ)とイヌブナ(クロブナ)の違いやコクサギの独特な葉っぱの並び方、腐生植物(*)のギンリョウソウの生きるための戦略などを勉強しながら、深山の趣のある稜線を楽しく歩いた。
  都民の森を午前10時半頃から歩き始めて、数馬の里へ下山したのは午後4時50分頃だった。 ちょうどいいボリュームの、展望も植生も素晴らしいハイキングコースだと思う。 しかし…、登山口の都民の森まで、電車とバスを使っても、大田区の自宅から3時間半もかかってしまうのは、やっぱり遠いと感じた。
  「檜原温泉センター・数馬の湯」での入浴後…、生ビールの美味かったことは云うまでもない。

* ギンリョウソウについては腐生植物と呼ばれてきたが、この後、「菌寄生植物」もしくは「菌従属栄養植物」というようになったようだ。 菌根を作り、菌糸から根に栄養を吸い取っている、とのことで、つまりキノコに寄生しているということらしい。 [後日追記]

雪笹:白い花を雪に、葉をササにたとえたもの
オオバユキザサ(ユリ科)
三頭山・展望台のある東峰の三角点
東峰の三角点
銀竜草:これでも立派な植物です
ギンリョウソウ(イチヤクソウ科)


撮影者:佐知子
レンゲショウマ
ピンボケ修正済み

そのA レンゲショウマが咲いていた!

 平成24年9月13日(薄晴れ): ダルになってしまった身体を引き締めるための、佐知子と友人(もちろん女性です)のアベック登山。 ほとんど前回と同じコース(都民の森〜三頭山〜西原峠〜数馬の湯)で歩いたとのことです。
  帰宅した彼女に感想を尋ねたら 「残暑厳しい東京よりずっとマシな涼しさで、初夏でもないのにやっぱり緑がきれいだと思った」 とのことだった。 その後に続いて…下山地の温泉入浴(数馬の湯)がよかったことや、帰路の何処何処で食べた何何が美味しかったことなどの話…が延々と続くのだけれど…。
  デジカメで撮ってきた写真は全部ピンボケだった。 機能充実の今のデジカメで、どうしたらこんなにピンボケばっかり撮れるんだろう、と不思議に思ったが、あまり追及すると可哀想な感じだったので、何も言わなかった。 数枚撮ってきたその写真の中に(比較的にピンボケ度の少ない)とてもきれいな花が写っていた。 どこかで見たことがあるような〜と思ってちょっと調べたらやっぱりレンゲショウマだった。 「へぇ〜、三頭山でレンゲショウマを見ることができるんだ〜」 と私が佐知子に話しかけたら、「えっ? その写真って、自生種のレンゲショウマという花だったの? 里の園芸種が飛んできたのかも、と思っていたわ」 と彼女は(私より)びっくりしていた。
* レンゲショウマの他にもホトトギス、ヤマハッカ、ツリフネソウ、キバナアキギリ、セキヤノアキチョウジ、アキノキリンソウ、オヤマボクチ、タムラソウ、などが咲いていたとのことです。

→ このページのトップへ
No.96「一切経山から東吾妻山」へNo.98「男体山(奥久慈)」へ



ホームへ
ホームへ
ゆっくりと歩きましょう!