No.44 天城山(あまぎさん・1406m)
 平成9年5月10日 晴れ マイカー利用


艶かしいヒメシャラにドッキリ!

《マイカー利用》 伊豆スカイライン・天城高原 I.C…天城高原ゴルフ場〜四辻〜万二郎岳1294m〜(アセビのトンネル)〜万三郎岳1406m〜十字路〜天城高原ゴルフ場…伊東(泊)… 【歩行時間: 4時間20分】
 → 地理院地図(電子国土Web)の該当ページへ


登山者で賑わう万三郎岳山頂
万三郎岳の山頂にて
  マイカーを利用してのドライブ&ハイキング。
  登山口の天城高原ゴルフ場は既に標高約1050m。 アセビ、ツツジ、ヒメシャラ、ブナなど(他の樹木は残念ながら名前が全然分からない)を観賞しながら、ゆっくりと歩く。 艶めかしいヒメシャラの大木や、アセビのトンネルなどが特に印象的だった。 僅かに咲いていたアズマシャクナゲ(天城シャクナゲ)だったが、花の盛期には少し早かったようだ。
  江戸時代に伊豆の山々は御料林として厳しい保護を受けていたという。 その名残りで現在も森林がよく残されているのだろう。 でも…、天然林の豊かな緑はたしかに素晴らしいが、見晴らしの良い処は万二郎岳下降口の岩場ぐらいしかなく、百名山としては少々物足りない感じもした。

伊東温泉: 下山後は、伊東までドライブして、カシニョールの絵と大きな風呂の「伊東園ホテル」に泊った。 立派な風呂はアルカリ性単純泉。 1泊2食付き一人18,000円。
  その歴史は平安時代に溯るという湯量豊富な伊東温泉。 大きな町全体が温泉、だった。
  翌日は、一碧湖畔を散歩したり、池田二十世紀美術館などを見学したりして、昼過ぎ、東京への帰路についた。
* その後、平成14年12月に「伊東園ホテル」は、宿泊料金をかなりの低価格に押さえて、リニューアルオープンしたらしい。 これも時代の流れ、かな。 カシニョールの絵はどうなっちゃったのだろう。 [後日追記]



万二郎岳の下り口岩場より望む万三郎岳 万三郎岳1406m

*** コラム ***
天城のヒメシャラについて

初夏から盛夏にかけて白い花を咲かせる
天城のヒメシャラ
  ヒメシャラ(ツバキ科・落葉高木)の名の由来は、私達が持っているポケット図鑑によると、ナツツバキ(シャラノキ)に比べ葉や花が小型であることによるらしい。 樹木のことについて全く無知だった私達は、最初はヒメシャラのことを何とはなくサルスベリだと思い込んでいた。 「旅人の悦び」(串田孫一「山のパンセ」)を読んでみて初めて、その樹皮がつるつるで茶褐色の木は、じつは姫沙羅(又は「猿なめり」)であることが分かったのだ。
  その後も関東以西のあちこちの山地でヒメシャラを見かけたが、天城のそれほど赤みが強くなまめかしい幹を見たことがない。
  串田孫一氏は昭和30年の晩秋に天城を歩いているが、その時の姫沙羅(ヒメシャラ)の様子を
「…街を歩いている時に、布地を売る店のウィンドウなどに、裸の人形が立っているのを見て、びっくりすることがあるけれど、そんな感じさえした…」 と書いている。 おもしろい表現だな、と思う。
  ついでにもう一つ。 樹木の様子をよく和服にたとえる幸田文さん(1904-1990)が、その晩年に書かれたエッセイ「木のきもの」のなかで、ヒメシャラの幹を
「…赤褐色の無地羽二重…」 と形容されているが、これも当を得て妙だと思った。 蛇足ながら、羽二重(はぶたえ)とは平織りの絹織物のことで、柔らかく上品な光沢がある。
 (平成12年1月・記)

このページのトップへ↑
No.43「金昌時から丸山」へNo.45「雲取山」へ



ホームへ
ホームへ
ゆっくりと歩きましょう!