ホームへ
私達のプロフィール
大ケヤキ(西上州の稲含山にて) 南沼キャンプ地(北海道のトムラウシ山にて)
ウン年前の写真です









Tamuの似顔絵(イラスト)
Tamu
佐知子の似顔絵(イラスト)
佐知子
生れ  栃木と千葉のハーフで、東京生まれです。  代々の、東京生まれ、東京育ちです。
住所  東京都大田区にずっと居住しています。  「私=Tamu」と同じ住所です。
性格  一見温和ですが、実はイヤな性格です。  一見明朗ですが、実はイヤな性格です。
趣味  なんといっても“山歩き”です。
 ネイチャークラフトも少しやっています。
  Tamuのネイチャークラフト作品集
 イカの塩辛を作ること、と、山歩き、かな。
 英会話や短歌などにも凝っています。
  佐知子の歌日記(短歌集)
現況  森林インストラクターとしての活動など。  孫を「目の中」に入れて可愛がっています。
 (親の)介護な日々なので、「私達の山旅=夫婦で登山」が難しい昨今です。
 でも工夫して、其々に山歩きを楽しんでいます。



「私達」 のこと 「私達の山旅」 のこと
私達は、じつは、小学校・中学校の同級生(幼友達)です。 ある日突然とか空よとか初恋の人に似ているなんです。 いやになるほど長い付き合いをしています。 ですから年齢は同じ団塊の世代、つまり黄昏の世代(中年以上高年以下)です。
なにかにつけ意見の食い違う私達ですが、静かな山や森の道をいつまでもどこまでも歩いていたい、という“思い”は共通しています。
若い頃、多少は“登山”をしたことがあります。 今では下山後の温泉入浴が何よりの楽しみです。
私達の歩き方はとてもゆっくりで、40〜50分歩いて約10分間の休憩が基本です。 …実際は、植物の観察や展望を楽しんだりしてしょっちゅう休憩しています。 めったに人を追い抜くことはなく、とにかく追い越されっぱなしです。
 → 山旅リスト

このHPが、「NHK趣味悠々(2004年11月〜12月号)」のテキストに紹介されました。
 該当記事へ 当サイト紹介記事

(Tamu)の記事が“かんぽの宿”の雑誌(「夢閑歩・2009年春の旬号」に載りました。
該当記事へ 「夢閑歩・豊かな時間」欄

(Tamu)の記事が「PHPほんとうの時代 Life+ (2011年3月号)」に掲載されました。
該当記事へ 「PHPほんとうの時代Life+」該当欄




夫婦で「日本百名山」のこと 
奥白根山の山頂にて  それまでに、知らずのうちに7〜8座は登っていましたが、深田久弥さんの「日本百名山」を強く意識したのは平成8年の夏頃からでした。 「次は何処の山へ登ろうか」、といったときの、とても良い目安ができたのです。 それからは、「のほほんと、こだわらない程度にがんばろう」 が私達の合言葉になりました。
  平成7年8月の谷川岳登山から同20年7月の利尻岳登山まで、過去に登った山も二人でもう一度登ったりして、ちょうど13年で深田百名山を完全登破することができました。 思い返せばあっという間の出来事であったような気がします。
  かっこいい云い方で恐縮ですが、百名山達成をただの“通過点”と考えている私達夫婦です。 さて、これからどうするか。 二百名山挑戦か、それとも地味に関東百(名)山か…。 これからじっくりと、歩きながら、夫婦会議を重ねたいと思っています。 物見遊山の私達の山旅は、まだまだ続きます。
  日本百名山と日本二百名山と関東百(名)山の一覧表



「森林インストラクター」 のこと 
森林内での指導風景  私(Tamu)が森林インストラクターの資格試験を受けたのは50歳代半ばの平成17年9月のことでした。 記述問題が中心の、けっこう難しい試験なのですが、一生懸命に勉強して、なんとか4科目(森林・林業・森林内の野外活動・安全及び教育)とも合格点をいただき、面接試験にもパスしました。 運が良かったのだと思います。 猛勉強の数ヶ月間、じっと耐えて、何かと協力してくれた妻の佐知子には感謝感激です。
  山歩きをしていると、植物や動物のことや地理や地学や気象学などに関すること、つまり自然の深淵について、もっと知りたくなります。 その延長線上に、私の場合、森林インストラクターの受験勉強がありました。 森林インストラクターになりたかったからその資格試験を受けたのではないのです。
  ところが気がついてみると、今の私の仕事といったら、森の案内や解説をしたり、子供たちに小枝や木の実などで作るちょっとしたもの(ネイチャークラフト)を教えたり、という真正の“森林インストラクター”になっていました。 かなりボランティアなこの世界に入って分かったことは、今の我が国では、かなり狭くて小さいジャンルだったのだな、ということでした。 そしてそれは非常に残念なことだと思いました。 これからの私のライフワークは、一人でも多くの方に山や森などの自然の素晴らしさをより多く知っていただくことです。
  H19年4月から、私は週に2日ほど高尾山(八王子市)の麓にある公的な施設で、森林や林業などに関するインタープリター(解説者)としての仕事をしています。 高尾山に関する情報についても本サイトから発信しています。
  高尾山・ハイキング  高尾山・アラカルト  高尾山の四季
森林インストラクターの資格認定試験は20歳以上の成人を対象に「社団法人全国森林レクリエーション協会」が行っています。 同協会は昭和62年に農林水産省の許可を得て設立された公益法人で、平成3年から「森林インストラクターの資格認定(農林水産大臣・環境大臣登録事業)」を実施しています。 毎年9月に行われるこの試験に合格しますと、晴れて“森林インストラクター”の称号を得ることができます。



「ネイチャークラフト」 のこと
「Tamuのネイチャークラフト作品集」へ
  ここ10年はネイチャークラフトについて指導しています。 もともとはちょっとした趣味だったのですが、いつの間にかその半分は“仕事”になってしまいました。 小枝や木の実や間伐材などを利用したクラフトは、見ているだけでもとても心が和みます。 少しずつですが、これからも作り続けていこうと思っています。
  恥ずかしながら、私の作った小品を、ちょっと見ていってください。
  Tamuのネイチャークラフト作品集(随時更新)



「山歩会」 のこと
山歩会のみなさん(鎌倉アルプスにて)
  中高年のご近所のみなさんが中心の、規則も会費もない、いたっていいかげんなハイキング同好会で、唯一のスローガンは「安全登山」です。 平成13年5月から、1〜2ヶ月に1回ていどで山歩きを楽しんでいます。 単独行や夫婦登山では味わえない良さが、グループ登山にはあると思います。 私達夫婦が幹事役を務めています。
 一般からの会員募集はしていません。悪しからず。 (^^ゞ
  「山歩会」の歩み
【更新 H29/08/14】

ツイッターへ ツイッター も少しやっています。Follow me!



ホーム(トップページ)へ
ホームへ


全山行記録の紹介です お勧めコースなどのご案内です ダイジェスト版です 厳選:山のリンク集へ BBS:お気軽にどうぞ
メール ご意見ご感想はこちらへどうぞ ★を@に変えて下さい(スパム対策です)