「私達の山旅日記」ホームへ

No.57 鋸山329m(のこぎりやま・内房総)
山全体がお寺の境内…?

金谷方面から鋸山を望む
鋸山の略図
2019年11月のルート
巨大な百尺観音のレリーフ
百沢観音

ライオンの横顔に見える?
地獄のぞき

2005年4月から「立入禁止」は解除されました
鋸山の山頂部

 INDEX
 @マイカー利用で楽々ハイク: 平成10年(1998年)1月
 A船と電車と高速バスを利用して: 平成30年(2019年)11月

 → 国土地理院・地図閲覧サービスの該当ページへ


鋸山@ 平成10年(1998年)1月31日 晴れ
〜マイカー利用で楽々ハイク〜

《マイカー利用》 …(東京湾アクアライン…鋸山登山自動車道)…山頂駐車場〜鋸山ロープウェイ山頂駅〜十州一覧台〜百尺観音〜地獄のぞき〜山頂展望台〜千五百羅漢道〜大仏〜山頂駐車場 【歩行時間: 1時間10分】

  先月開通したばかりの東京湾アクアラインを使っての日帰りドライブ&ハイキング。 (・・・このアクアラインやレインボーブリッジも、そのうちゴジラに壊されてしまうのかなぁ・・・)

  登りはズルをして頂上近くまで車を使った。 約1時間強の登りを省略した訳だが、自動車で行けるところをわざわざ歩くということを理不尽に思ってしまうのは、矢張りこれも文明病の一種か…。

  ハイキングというよりは観光といった感じ。 薄いモヤのため関十州は望めなかったが、ぼんやりと富士山が見えたし、金谷港などの海の景色も良かった。

  西暦725年に行基によって開かれたとされる鋸山日本寺(にほんじ)・正式には乾坤山(けんこんざん)日本寺。 岩壁をそのままレリーフした巨大な百尺観音や、西暦1783年にその原型が造られたという日本最大の石大仏など、山全体がお寺の境内といった感じだ。

  自然を破壊するほどの宗教の力を人間の善と見るか悪と見るか…。 宗教なんだから、矢張りこれで善しと見るべきなのだろう。 ただ…、人工的に切り取られた、垂直に聳え立つ荒々しい岩壁を、私達は痛々しいものとして見ていた。
  あるいは、石切りで裸になった岩壁を可哀想に思って、心やさしい信心深い方々が、そこに巨大石仏を彫刻したのかもしれない…。 いや、そうに違いない。 鎮守の森など、結果的に信仰が自然を守っているケースも多いし…。
 * この件について、後日、考えたことをコラム欄にまとめてみました。 → コラム欄へ

* 鋸山の山名について: 垂直に切り立った岩壁が露出し、東西に連なるギザギザの山稜が大きな「のこぎり」の歯のように見えることからその名がついたことは容易に推測できます。 東京湾を隔てた三浦半島側から、際立った山容(双耳峰)の富山やギザギザ頭の鋸山を同定するのは、私達の楽しみの一つになっています。

* 鋸山の地質について: 三浦半島に連続した地質構造をもち、山全体が堆積岩(砂質凝灰岩)でできているそうです。 江戸時代から房州石(金谷石)の産地として知られ、建築用材などに利用されてきたことは周知の通りです。 [環境省・千葉県の案内板を参照しました]

* 鋸山の最新情報(H18年5月現在) 一等三角点のある鋸山の山頂は、じつは、ロープウェイ山頂駅から東の方向約1Kmの位置にあります。 東電の施設があるからでしょうか、この山頂部は長いこと立入り禁止になっていましたが、平成18年4月から山頂を通過する「新登山道」が開通したようです。 「東京湾を望むみち」と名付けられたこの新登山道は、JR内房線浜金谷駅から鋸山を通りJR保田駅までの全長約8.4Kmのコースで、首都圏自然歩道(関東ふれあいの道)の1つでもあるとのことです。 コンサート会場としても使われる石切り場跡や観音像が彫られた洞窟、石の回廊、絶壁階段などさまざまな見どころがあるそうです。 市観光協会金谷支部はこのほかにも独自に初級から上級までの四つのコースも設定したとのことで、地元関係者などは「観光再興の起爆剤になれば」 と期待を込めているそうです。
  EメールをいただいたKさんからの情報提供によりますと、鋸山山頂には立派な案内板も立てられているようです。 「山頂からは約5キロの林道を歩き、保田漁港前の魚組直営のレストラン(ばんや)で食事というのがお勧めです」 との添え書きもありました。
[後日追記]

*** コラム ***
天国も地獄も国も宗教も無い世界

 団塊の世代の私はつまりビートルズ世代だけれど、団塊の世代が必ずしもビートルズファンとは限らない。私の場合は“そこそこのビートルズファン”で、自分で云うのもなんだが、けっこう当時から(同世代の人たちから比べると)醒めていた。
 私が当時通っていた高校の近くに日本武道館があり、そこでザ・ビートルズの日本公演が行われたとき(1966年6月30日〜7月2日)のことだった。坂道を飯田橋駅へ下る下校時に、ものすごい人数の女の子たちとすれ違ってびっくりしたものだ。それは武道館へ向かう超若い女の子たちだったのだが、まるで元旦の明治神宮並みの行列だった。「ビートルズのどこがそんなにいいんだろうねぇ」 などと親友のT君やN君と話しながらその坂道(私たちは遅刻坂と呼んでいた)を下っていたら、それを目ざとく(耳ざとく?)聞きつけた超ビートルズファンの彼女たちにあっという間に取り囲まれて、超恐くて超辟易したのを憶えている。…そのころは“超…”という言い方はまったく流行っていなかったけれど…。ミニスカートが流行り出したころで…、この翌年に来日したツィッギーはよかったなぁやっぱり…。と、前置きが少し長くなりすぎた。(^^ゞ
 私が何を言いたいのかというと、醒めた見方をしていた(そこそこのビートルズファンの)私でさえ、彼らの音楽には常に(いまだに)感動を禁じ得ない、ということなのだ。特にイマジンは(僭越ながら)物凄くスゴイ、とずっと思っている。作詞作曲はジョン・レノンだが、詩の原点はオノ・ヨーコであるらしい…。

 天国も地獄も国も宗教も無い世界を想像(イマジン)してごらんよ…、という発想は、やっぱりスゴイと思う。アナーキー型の平和主義と云ってしまえばそれまでかもしれないが、もしもほんとうに全世界の人たちがそのようにイマジンしたとすれば、たとえば紛争の絶えない国々での、民族の違いや宗教の違いによる確執を払拭できる気がする。
 …それは云ってしまえば簡単なことだけれど、これがものすごく難しいんだな、実際。と結論づけてしまう自分はやはり並の人で、とてもじゃないけど世界は動かせない、当然。

 鋸山の岩壁に彫られた巨大なレリーフを見て…自然を破壊するほどの宗教の力を人間の善と見るか悪と見るか…と考えて随分と悩んでしまった私だが、「イマジン」の詩の中にその解決の糸口があった。そう、…宗教も無い(超平和な)世界を想像すればいいのだ…。
 誤解しないでいただきたい。私は宗教を否定しているのでは勿論ない。ありのままの世界(既に存在する・由緒ある鋸山のレリーフ)を、ありのままに「大きくてとても素晴らしい!」と見ればよいのではないか、と思うことにしたのだ。つまり“レット・イット・ビー”なのだ。こちらはポール・マッカートニーであるらしいが…。

 …あの頃の(超ビートルズファンの)少女たちもとっくに還暦を過ぎているんだろうなぁ今ごろは、やっぱり…。 [H25年9月・追記]

鋸山A 平成30年(2018年)11月24日 晴れ
〜船と電車と高速バスを利用して〜

…京浜急行久里浜駅-《バス10分》-久里浜港8:20-《東京湾フェリー》-9:00金谷港9:10〜浜金谷駅前〜9:45観月台10:00〜10:35石切場跡11:00〜11:10百尺観音・十州一覧台(大休止)・(地獄のぞき)・千五百羅漢道〜12:15石大仏・日本寺12:30〜(遊歩道)〜13:15保田駅前〜13:35保田漁港「ばんや」〜保田駅…木更津駅-《東京湾アクアライン・高速バス》-川崎… 【歩行時間: 3時間40分】
けっこうな迫力の石切場跡(必見です!)
石切場跡

日本最大の大仏!
石大仏

 行きは久里浜港から東京湾フェリーを利用して、対岸の(千葉県の)金谷港から歩き始めました。JR内房線の浜金谷駅前近くを通り過ぎ、観光案内所で分かりやすい観光地図(鋸山エリアマップ)をもらって、階段状の道(関東ふれあいの道・東京湾を望むみち)を進みます。人影は案外まばらで、富士山や金谷の街並みや海がよく見下ろせる観月台で(中国語を話していた)二人の若い女性に追い越されただけの…スダジイ、カシ類、マテバシイ、ツバキ、トベラ、タイミンタチバナ(球形の果実が黒く熟していた)…、などの当地極相の照葉樹林を登る…静かで趣のある道でした。
 もう一つの一般登山ルート(車力道)と合流する頃から家族連れなどの人影が多くなってきます。寄り道して、その車力道を少し進んで石切場跡を見学しましたが、これは予想以上に迫力があって一見の価値はあると思いました。あとで分かったのですが、この車力道をもう少し進む(下る)と分岐があって、そこを右折すれば(一等三角点のある)鋸山の山頂を極めることができたのですが、それがちょっと心残りでした。
 関東ふれあいの道との分岐点に戻ってから左折して進み、関所みたいな“受付”で一人600円の拝観料を支払って入山します。すると、まず巨大な「百沢観音」のレリーフが出迎えてくれます。しかしその先の「地獄のぞき」にはロープウェイ組の長蛇の列ができていて、(多分)30分以上は待たされそうなので、ここはカットしました。そのかわり「十州一覧台」への階段を上って、ピークの小広場で景色を楽しみながら、ダージリンのティータイムとします。
 そして千五百羅漢の石像などを観賞しながらだらだらと南へ下り、日本最大の石大仏も拝顔します。私達夫婦にとっては約20年ぶりの鋸山で、とても懐かしく感じましたが、矢張り記憶というのは当てにならないもので、見どころの「百沢観音」とか「地獄のぞき」とか「石大仏」などの位置関係が(20年間の)私達の頭(海馬体です、はぃ)の中でごちゃごちゃになっていました。今回それらがすっきりと整理できて、それもとてもよかったです。
 それから現在改装(復興)中の鋸山日本寺の門前を通り、割と珍しいバクチノキや樹齢約800年という大蘇鉄(ソテツ)などを観察したり、庭園風のたたずまいを見せる心字池なども通過して、道標に従って遊歩道(里道)へ進みます。里へ出てからは、穏やかな田園風景を楽しみながら、ローカル色豊かなJR内房線の線路に沿って歩きます。振り返ると鋸山の稜線が近くに見えていますが、ここ(南側)から眺める鋸山は金谷方面(北側)からのそれと比べると、ノコギリの歯のような岩っぽい山容ではなくて、なだらかでまったりとした感じに見えるのが面白いと思いました。もう…、保田駅は近いです。

 保田駅前を通り過ぎて、以前にも立ち寄ったことのある保田漁港前の魚組直営の大食堂「ばんや」へ立ち寄ってみましたが、(三連休の真ん中ということもあり)ものすごく混んでいて30分ほど待たされました。相変わらずの人気ですが、約10年前(→No.273伊予ヶ岳)と比べると、味も量も昔ほどではなくなったような…、そんな印象を受けました。隣接する高濃度の炭酸泉が売りの「ばんやの湯」は、今回はパスしました。

 帰路は保田駅から内房線で木更津駅へ出て、海ほたる(東京湾アクアライン)を経由する高速バスを利用しましたが、交通渋滞がひどかったです。…まぁ、バスの車中では殆ど(満ち足りてぐっすりと)寝ていましたが…。

  佐知子の歌日記より
 釣り船をあまたかきわけすいすいと東京湾のフェリーは進む
 まっすぐに岩切られたり職人のわざと知恵あり鋸山に
 両親に会えただろうか男の子 元気よすぎる一人歩きの


薄っすらと富士山が・・・
観月台から金谷港方面を望む
バックは優しい山容の鋸山です
保田駅へ向かう

右側の双耳峰は富山です
東京湾フェリーから鋸山を望む

このページのトップへ↑
No.56「淡雪山から興因寺山」へNo.58「高水三山」へ



ホームへ
ホームへ
ゆっくりと歩きましょう!