「私達の山旅日記」ホームへ

No.191 三浦富士から武山 (三浦半島)
潮風と山風・ミニ山脈のミニ縦走

三浦富士・略図
浅間神社奥宮がある
三浦富士山頂

「砲台跡」がポツンと佇む
砲台山山頂

これも“戦争”の名残り・・・(後日撮影)
砲台山のコンクリート柱

野比のYRP[Yokosuka Research Park]の建物が見えます
武山山頂より

ノラネコですがおっとりしていました
武山のノラ・マイケル

こんな感じの照葉樹林です
樹林を下る

 INDEX
@ 手軽で気軽なのがいい!(平成17年10月13日)
A 三浦半島で「雪山」の気分(平成18年1月22日)
B 長沢コースのマテバシイ林に感動!(平成29年10月12日)
 → 国土地理院・地図閲覧サービスの該当ページへ


三浦富士から武山@ 平成17年10月13日 晴れ
手軽で気軽なのがいい!

京浜急行線・津久井浜駅〜横須賀警察犬訓練所前〜三浦富士183m〜展望台〜砲台山206m〜武山200m・武山不動〜津久井浜観光農園〜津久井浜駅 【歩行時間: 2時間20分】

  品川駅から京浜急行の快速特急で約1時間。 三浦海岸(東京湾の出口・浦賀水道の西)にもほど近い津久井浜駅を拠点にした半日周遊コース。 やっぱり遠い、と云うべきか、案外近い、と云うべきか、都心から微妙な至近距離にあり、しかも微妙に「自然」を残している小さくて低い山域。 それが、三浦富士・砲台山・武山と連なる三浦半島最南の、標高200m前後の超ミニ山群だ。

  秋雨前線の去った薄晴れの半日、運動不足を解消しましょう、という妻の佐知子に誘われて、とにかく出かけてみた。 戦後の帰化植物の代表のような、セイダカアワダチソウの季節だった。 日常から確実に隔離された「散歩(半日ハイキング)」は、私達に心と身体の安寧を与えてくれた。
  ゆっくり歩いても総歩行時間は正味2時間半足らずで、山歩きとしては少々物足りない。 しかし、なんと云っても手軽で気軽なのがいい。 三浦半島南端をぐるりと囲む海の景色がいい。 アプローチ(三浦台地・隆起海食台地)の、ダイコン・キャベツ・タカナなどの畑が広がる山里歩きがいい。 海の風と山の風がさわやかに混じった、オゾンたっぷりの大気がいい。 大きなトンビが上空を飛び回っているのがいい。 コナラ・クリ・シデ類などの二次林とシイ・カシ・タブなどの当地の極相林(照葉樹林)がせめぎあう森の姿もいい。 そして、疲れないのがいい。
  武山から津久井浜へ向かう下山途中、ミカン畑を眺めながら歩いていたらミカンが食べたくなって、津久井浜観光農園で少し分けてもらった。 まだ青みの残るそれは甘酸っぱくて、懐かしい味がした。 潮風に乗ってキンモクセイの甘い香りが漂っている。 私達のお気に入りの里山がまた一つ増えそうだ。

* 三浦富士(みうらふじ・183m) 正式な山名は富士山(ふじやま)。 武山富士(たけやまふじ)とも呼ぶらしい。 富士信仰の山ということは分かるが、はっきり云って、何故富士なのか、その山容からは計り知ることはできない。
  なだらかな登路沿いにはサクラ(ヤマザクラ?)の木が目立つ。 ひっそりとして狭い山頂には浅間神社奥宮の二つの石祠と数基の石碑と2等三角点の標石がある。 樹林(コナラ、アカガシ、イチョウ、イヌガヤ、ケヤキ、エノキ、クリ、シロダモ、ヤブツバキ、ツタ類など)に囲まれているのでそれほど展望は良くないが、樹林越しに海(三浦海岸・金田湾)が見えていた。 晴れ渡っていれば本家本元の富士山も西に見えるそうだ。 国土地理院の三角点情報によると、点名は「浅間山183.07m」となっている。 今回の3座の中では私達の好きなタイプの山頂だった。

* 砲台山(大塚山)206m 三浦富士の山頂からマテバシイやスダジイやアオキやマユミなどの樹林を30分ほども歩き、縦走路を右へ外れて少し登ると砲台山の山頂へ出る。 国土地理院の地形図には測量点の標高表示だけで山名は記載されておらず、正確には武山の一つのピ−ク、ということになるらしい。 ちなみに、この砲台山(武山)は三浦半島では4番目に高い山である。[1位大楠山241m、2位乳頭山211m、3位二子山208m] だからなんなの? と云ってしまえばそれまでの話だけれど…。
三浦半島で標高第2位の山について: 国土地理院の地形図には山のピークとしての表示はないけれど、じつは、乳頭山の南西に位置する茅塚212mがあり、上山口の仏塚山215mというのもあるのですが…。 この2座を“山”として認めたとすると、1位大楠山241m、2位仏塚山215m、3位茅塚212m、4位,乳頭山211m、5位二子山208m、そして6位砲台山206m、ということになりそうです。
  砲台山の山頂には展望はなく、大きな電波塔と第三管区海上保安本部武山中継所の建物がある。 そして、その脇に旧日本軍の高射砲の砲台跡(直径約10m)があった。 近くの衣笠にも、現在は原形を留めていないというが、もう一つの砲台山があるらしい。 そして、東京湾を隔てた千葉県の金谷(富津市)にも砲台山110mがある。 東京湾に侵入する敵艦隊から首都を守った山、というレッテルは、いかにも悲しい。 説明板などが一切設置されていないのも、かえって悲しさに拍車をかける。

* 武山(たけやま・200m) 砲台山からなだらかな尾根道をさらに西へ約25分進むと武山山頂へ着く。 この山頂へは車で入ることができるらしく、狭い山頂広場に数台の車が駐車していたのは、矢張り興ざめだった。 立派なトイレやジュースの自販機もあり、このコースを歩く場合、水筒は必携品ではないようだ。 アゼリアハウスという展望台へ登るとほぼ360度の視界を得ることができるが、山頂部にある電波塔などが少し目障りだ。 付近には約2000本といわれるツツジが植えられていて、その花の盛期はさぞかしきれいだろうな、と思った。
  武山山頂の武山不動(正式名称は「龍塚山持経寺武山不動院」・浄土宗)は、門前の説明板によると、航海安全の「浪切(なみきり)不動」として信仰されてきたとのことだ。 浦賀水道を通る沿岸漁業者にとっては、所謂“山立(やまたて)”として、この山がその役目を担っていたのだろう。 現在も1月28日の「初不動」には多くの人が集まり賑わいを見せるという。

↑武山 砲台山〜三浦富士
のどかな里山(左から武山〜砲台山〜三浦富士)
天空にはトンビが舞い、潮風と山風がさわやかです。



今回の参加者は13名でした
三浦富士の山頂にて

三浦富士から武山A 平成18年1月22日 高曇り
三浦半島で「雪山」の気分

京浜急行線・津久井浜駅〜横須賀警察犬訓練所前〜三浦富士183m〜展望台〜砲台山206m〜武山200m・武山不動〜津久井浜観光農園〜津久井浜駅 【歩行時間: 2時間20分】

  山の仲間たち山歩会と三浦富士から武山を歩いてきました。 昨日の積雪が思った以上で、雪山の気分を味わってしまいましたが、これは嬉しい誤算でした。 武山山頂のアゼリアハウスで皆で鍋をつつきながら楽しく憩い、帰路には津久井浜観光農園に立ち寄って「イチゴ狩り」も楽しみました。

雪ダルマです* 雪遊び : 前日は東京でもめずらしい大雪(5〜10センチ)でした。 雪を見ただけで私ははしゃいでしまいますが、雪遊びについては「雪だるま」と「雪合戦」と「尻スキー」くらいしか知りません。
  今回の三浦富士〜武山の稜線上で、13名の参加者のなかでただ一人雪だるまを作ってはしゃいでいたのは九州生まれの方でした。 私は一人で雪合戦をしていましたが、東京育ちの多くの人は何をしたらよいのか分からないみたいでした。 東北育ちの人は「・・・・」といった感じで、その状況を「優しく」見守っていました。 積雪に対する反応にもお国柄が出るようで、面白いと思いました。

雪景色のアプローチ
三浦富士へ向かう
縦走路にて
雪山の気分です


株立ち状の木々が目立ちました
マテバシイ林を通過

ユウガギク?シロヨメナ?
ノギクの類…

足の指が黄色かったのでコサギかも
津久井川のシラサギ
背高泡立草:キク科アキノキリンソウ属の多年草
セイタカアワダチソウ

三浦富士から武山B 平成29年10月12日 晴れ
長沢コースのマテバシイ林に感動!

京浜急行線・京急長沢駅〜三浦富士登山口〜マテバシイ林〜三浦富士183m〜展望台〜砲台山206m〜武山200m・武山不動〜津久井浜駅〜(海辺を散歩)〜津久井浜駅 【歩行時間: 2時間+α】

  久しぶりに夫婦で、三浦半島(神奈川県横須賀市)の三浦富士〜武山を歩いてきました。 今回は京急長沢駅からのアプローチでしたが、その登山口から少し登った処(「平和の母子像」の少し先)のマテバシイの純林にはびっくりしました。 けっこうな容量で素晴らしい林相だったのです。 外房の烏場山(花嫁街道)や三浦アルプスの「マテバシイの並木道」にも勝るとも劣らない、と、ほんとうにそう思いました。 この長沢コースは、もしかしたら“穴場”かもしれません。 まぁ…、あっと云う間に富士山(三浦富士の本名です)に登頂してしまいましたが、低くて小さな山域のこととて、これは致し方ありません。 * この長沢コースのマテバシイ林には株立ち状のものが多いですが、かつての救荒食用(飢饉のときにそのどんぐりを食用にする)ではなくて、薪炭林としての位置づけだったのかもしれません。
  小夏日和とでも形容したくなるほどの暖か過ぎる一日でしたが、照葉樹に囲まれた山稜に吹く風は矢張り秋の風でした。 紅葉には全然早すぎる今のこの地域ですが、ノギクの類やアカマンマ(イヌタデ)やミズヒキなどの花を足元に愛でたり、天空に舞うトンビを目で追いかけたり、津久井川に沿った下山道(里道)でシラサギ(正確にはコサギかも)をじっくりと観察したり…などして、それはそれでとてもリラックスした半日を過ごすことができました。 山って、低山でも、とてもいいものです。
  京急長沢駅前から歩き始めたのは11時頃で、休み休み歩いて津久井浜駅傍へ着いたのは14時半頃でした。 …(時間的に)早すぎる下山だったので、そのまま少し南へ歩いて海岸(金田湾)へ出てみました。 ウィンドサーフィンに興じる中高年たち(若者も少しいましたが…)の様子を興味深く眺めたり…、津久井浜の海をたっぷりと堪能して、そして近くの寿司店(魚敬・津久井浜店)で地元のアジやスズキやカンパチなどの新鮮な魚たちに舌鼓。 生ビールや冷酒なども飲んじゃったりして、命の洗濯ができました。

* セイタカアワダチソウ(キク科の要注意外来生物)について: 本頁(三浦富士から武山)の冒頭@の山旅日記にも書いたとおり、そのころ(12年前頃)までにはかなり気になったセイタカアワダチソウですが、今回は全然気になりませんでした。 …津久井川のコンクリート壁の内側のほんの狭い処などにひっそりと咲いていただけなのです。 ホッとしたのと同時に懐かしく(“残念”との中間くらいな感情で)思い出したのは、自身、ちょっと意外でした。 案外ときれいなんですよね、この花は。
  そういえば、私の田舎(栃木県の平野部とか千葉県の山間とか)でも、ここ久しくセイタカアワダチソウを意識していません。 実際、なにが本当の自然なのか真の生態系なのか、何を守るのか何を排除するのか、の問題はものすごく難しい問題であると、今回もしみじみと思い知りました。
  この国であれほど旺盛を極めた“驚異のセイタカアワダチソウ”ですが…、栄養を取りつくしたのか自分の毒(アレロパシー)に当てられたのか、背も小さくなったみたいだし、可愛そうなほど大人しくしていますよね、今はもう、この国では…。


  佐知子の歌日記より
 海風とゆたかな光浴びている 照る葉の森の三浦富士山
 照葉樹のあしもとノギク群れをなし小さき白はゆらゆらと咲く
 京急の駅から二分の津久井川浅瀬を歩く白鷺がいる
 浜の風強き津久井を漕ぎいだす十一人のウインドサーファー


三浦富士・長沢コースのマテバシイ林
株立ち状が多い

このページのトップへ↑
No.190「笠ヶ岳から鷲羽岳と黒岳(後編)」へNo.192「西岳から編笠山と権現岳」へ



ホームへ
ホームへ
ゆっくりと歩きましょう!