「私達の山旅日記」のホームへ

No.118-1 高尾山599m(八王子市)ハイキング
“都民の最も身近な山”の山行記録です♪

高尾山自然研究路の略図
高尾山自然研究路の略図

高尾山〜小仏峠・略図

インデックス
★ その@ アイゼン着けて高尾山♪ 2001/02/11
★ そのA グループ登山も楽しいよ♪ 2001/10/20
★ そのB いろいろなコースが楽しめる♪ 2007/05/27
★ そのC 佐知子の「高尾山の休日」♪ 2011/07/04
★ そのD 雪の高尾山で精進料理♪  2012/01/21
★ そのE 山ガールといっしょに高尾山♪ 2013/07/20
★ そのF 最速で高尾山・下山後は「極楽湯」♪ 2017/05/07
★ そのG 再び夫婦で高尾山♪ 2018/08/25

 → 国土地理院・地図閲覧サービスの該当ページへ


★ その@ アイゼン着けて高尾山♪
平成13年(2001年)2月11日(雪道) 晴れ

京王線高尾山口駅〜清滝駅-《ケーブルカー》-高尾山駅〜薬王院〜高尾山599m〜小仏城山670m〜小仏峠〜小仏-《バス15分》-JR高尾駅 【歩行時間: 3時間10分(雪道)】

  東京都八王子市に属する高尾山(たかおさん)にはたくさんの自然研究路が設けられていますが、私達夫婦は積雪の少ない1号路(表参道コース)を選びました。 といっても、山頂近くまではケーブルカーを利用し、標高差で271メートルをズルしました。
  ケーブルカーは、真冬だというのに満員でした。 大勢の参拝客に紛れて歩き出したのは午前10時10分頃。 タコ杉を見物したり、薬王院(真言宗智山派の大本山高尾山薬王院有喜寺)をお参りしたりして観光気分も味わってしまいました。
  茶店や2等三角点のある高尾山の広い山頂で一休み。 晴れてはいましたがモヤっていて遠望は利かず、期待していた南アルプスの眺望は得られませんでした。 でも、近くの丹沢や道志の山々などはよく見えていました。 白銀の富士山も何とか形だけは確認することができました。
高尾山から城山へ  山頂広場の西端から城山へ向かって雪道を歩き出すと、流石に人並みは途絶えてきます。 所々がアイスバーンになっていて、注意が必要です。 私は着けませんでしたが、妻の佐知子は耐え切れず軽アイゼンを装着しました。 桜の名所でもある一丁平の辺りは、まるで公園のような「いいところ」でしだ。
  高尾山山頂から約一時間で広々とした城山(小仏城山)の山頂に到着します。 ここの茶店のベンチで景色を眺めながら、私はおでんとワンカップの熱燗、佐知子は甘酒です。 至福のひとときを過ごしました。
  城山から僅か20分足らずの下りで小仏峠へ着きます。 懐かしの影信山・陣馬山への縦走路を左へ見送り、更に40分ほど里道を歩いて、小仏のバス停に着いたのは午後2時30分頃。 まだ日は高かったです。

  戦前戦後を通して、行楽地として都民に最もなじみの深い山、といったら高尾山だろうと思います。 「明治の森・高尾国定公園」として、大阪の箕面国定公園とを結ぶ東海自然歩道の東京側起点として、そして古くからの信仰の山として、永年に亘って保護されてきた高尾山の自然は驚くほど豊かです。 その豊富な高尾山の自然を壊すことのないように、これからもずっと、静かにそっと見守っていきたいものだ、と私達夫婦は思いました。

高尾山奥之院の不動堂
高尾山奥の院不動堂
奥まった尾根上に建立
高尾山の山頂広場
高尾山の山頂広場
2等三角点があります
城山山頂の茶店でイッパイ
小仏城山の山頂
おでんと熱燗 (*^^)v
小仏峠:ここでアイゼンをはずした
小仏峠

*** コラム ***
高尾山の思い出

スミレの花の咲く頃・・・  高尾山へは過去2回登った記憶があります。 過去2回といってもスゴい昔の話で、京王高尾線がまだ開通しておらず、浅川駅(現在のJR高尾駅)から歩いて登っていた頃のことです。
  最初は小学校2年生の春、両親に連れて行ってもらいました。 父や母と一緒にいられるだけで嬉しくて、一日中はしゃいでいたことを覚えています。
  2度目は小学校5年生の遠足で、男女児童が手を繋いで登ったときのことです。 そろそろ異性を気にしだす年頃のこととて、はずかしうれしのワクワクした気持ちで楽しい一日を過ごしました。 そのとき私とペァーを組んだのが、私の妻、佐知子だったのです。(私達は小学校も中学校も同じの幼友達でもあるのです。)
  「覚えているか?」 と佐知子に聞いてみたら、「全然覚えていない!」 と素っ気無い返事。 私はここでもまた寡黙にならざるを得なかったのです…。


もみじ台から小仏城山へ

★ そのA グループ登山も楽しいよ♪
平成13年(2001年)10月20日 晴れ

京王線高尾山口駅〜清滝駅-《ケーブルカー》-高尾山駅〜薬王院〜高尾山599m〜小仏城山670m〜小仏峠〜小仏-《バス15分》-JR高尾駅 【歩行時間: 2時間40分】

  再び同コースを歩く機会に恵まれました。 ご近所の皆さんとごいっしょの山歩会、総勢7名の賑やかで楽しいハイキング。 紅葉前の緑深い高尾山もナカナカでした。
  この日も 晴れてはいましたが遠望は利かず、薄っすらと富士山や丹沢の山々などが見えていました。 2月(その@)の雪道とは違い歩きやすい道だったので、歩行時間は正味約2時間40分。 健脚の方にとっては少し歩き足りなかったようでした。 登りをズルしないで、1号路か6号路か稲荷山コースか、などを利用して歩いて登ったほうがよかったかもしれません。
  ケーブルカーやリフトがあるとどうしても利用したくなってしまうのが、文明に蝕まれた私たちの弱点かもしれません。 (^^ゞ

高尾山の山頂にて集合写真

★ そのB いろいろなコースが楽しめる♪
平成19年(2007年)5月27日 薄晴れ

高尾駅北口-《バス11分》-日影〜日影沢キャンプ場〜(いろはの森コース)〜高尾山〜(稲荷山コース)〜京王線高尾山口駅 【歩行時間: 3時間】

  「山歩会」の定例山行でまたまた“勝手知ったる高尾山”に登りました。 高尾山にはいろいろなコースがありますが、今回は植生豊かな裏高尾(日影沢・いろはの森コース)から入山して、4号路、5号路と歩き、稲荷山コースで京王線の高尾山口駅へ下山しました。 高尾山にしてはとても静かな「裏街道」です。 特に新緑が美しかったです。 「高尾山にもこんなに素敵なトレイルがあるのね!」 と感動していたメンバーもいました。
  春の花が店仕舞いして、ハナウド、フタリシズカなど初夏の花が咲き始めていました。 樹木の花も賑やかになって、ミズキやウツギ類が花盛りでした。
  たかが高尾山、されど高尾山です。 (^_^)v

タカトウダイ:佐知子の撮影です
タカトウダイ

★ そのC 佐知子の「高尾山の休日」♪
平成23年(2011年)7月4日 薄曇り

高尾駅北口-《バス13分》-日影〜小下沢林道・小下沢梅園〜登山口〜景信山727m〜小仏峠〜小仏城山670m〜高尾山599m〜(6号路)〜京王線高尾山口駅… 【歩行時間: 4時間30分】

  梅雨の晴れ間とはいえ、ねずみ色の空。 強い風が微かな「涼」を運んできてくれた、そんな日が佐知子の“単独行初体験”の一日となりました。 考え抜いて選んだ山がなんと高尾山だったとは、意外といえば意外です。
  裏高尾の日影バス停から歩き出し、小下沢(こげさわ)林道からまず景信山に登り、小仏峠→城山→高尾山と主稜線を東へ縦走して、沢道の6号路を下って高尾山口駅、というコース取りだったとのことです。 「ちょうど適量の日帰りハイキングコースだったわ」 と彼女は言っていました。 富士山が見えるほどのお天気ではなかったのですが、近くの丹沢の山々はよく見えていたとのことでした。 足元ではオカトラノオやオオバジャノヒゲがその花の盛りを迎えていて、ノイバラ、タカトウダイ、ウツボグサ、ホタルブクロなども咲いていたそうです。 盛りの花は本当に美しいものです。
  山道を歩きだした途端に佐知子が強く感じたのは“木々や草の匂い”で、「山はやっぱりいいなぁ〜」 と思ったそうです。 自宅では介護の日々で、なかなか家を空けることができない彼女です。 この日は私も少し協力して、つまり留守番して年老いた両親のために料理を作ったりしました。 慣れない家事で、私も少し疲れました。
  下山後は日帰り温泉施設・高尾の湯「ふろッぴィ(*)」へ立ち寄って、山の汗を流してから帰路についたそうです。 とてもいい“休日”になったようで、帰宅したときの彼女の顔が輝いていました。

お酒も少し飲みました。 (*^^)v
薬王院で精進料理
@2,500円の「天狗膳」に舌鼓。
外は雪で寒かったので、
部屋で集合写真を撮りました

★ そのD 雪の高尾山・薬王院で精進料理♪
平成24年(2012年)1月21日 雪

 京王線高尾山口駅〜琵琶滝〜高尾山〜薬王院〜金毘羅台〜高尾森林センター〜高尾山口駅… 【歩行時間: 3時間10分(雪道)】

  「山歩会」の新年山行です。 お天気はとうとう一日芳しくなく、麓は霙でしたが、標高が上がってくると完全な雪道でした。 おかげさまで、静かで情緒たっぷりな高尾山を楽しめました。 東京で今年初めての雪が2日間降った、その2日目のことです。
  京王線の高尾山口駅前から歩き始めたのは10時頃。 8コースほどある高尾山の自然研究路のうち唯一沢道の6号路を登り、薬王院で予約の精進料理を食べて、舗装された1号路で下山しました。 「高尾山内八十八大師巡り」とかなりの部分がクロスしているコース設定でしたが、雪道に手こずったこともあり、ひとつひとつの弘法大師像を丁寧に拝むことができません。 植生などについてもじっくりとは観察できませんでしたが、それが残念といえば残念です。
  雪の6号路を歩いていますと、時々頭上の枝に降り積もった雪がドサッと落ちてきます。 18名のパーティーというとかなり長い“行列”ですが、いつもだいたい決まったひとの頭に落ちるのが不思議です。 そのひとは 「お大師様の石像にちゃんと手を合せなかったからだよ」 と、みんなにからかわれていました。
  下山後は、参道近くにある高尾森林センターで小1時間ほどネイチャークラフト体験(*)をしたりして、午後4時に高尾山口駅前で解散しました。 その後、希望者のみの参加でしたが、駅前から無料送迎バスを利用して、日帰り温泉施設「ふろっぴィ(*)」に立ち寄って山の汗を流しました。
  “大寒”の日の、期せずしての雪の高尾山。 「貴重な体験だったかも」と言ってくれたメンバーが多かったのに救われます。 …されど高尾山…、でした。

 * ネイチャークラフトについてはTamuの ネイチャークラフト作品集を参照してみてください。
 * 高尾の湯「ふろッぴィ」については次項・高尾山アラカルトを参照してください。

上部の積雪は約10cmでした
雪の6号路を登る

6号路を下る★ そのE 山ガールといっしょに高尾山♪
平成25年(2013年)7月20日 薄曇り

高尾駅北口-《バス11分》-日影〜日影沢キャンプ場〜(いろはの森コース)〜高尾山〜(6号路)〜京王線高尾山口駅… 【歩行時間: 3時間弱】

  どうしても高尾山にまず登りたい! という山ガール死亡の(漢字変換ミスだ)、もとい山ガール脂肪の(これも漢字変換ミスかも)、もとい山ガール志望の(これが正解だ!)、知り合いのお嬢さんたちを案内しました。 いろはの森コースを登り6号路(沢コース)を下るという、比較的に楽で、人影が少なくて自然がたっぷりのコースを選びました。 琵琶滝(6号路)の濡れた岩壁に、イワタバコがひっそりと咲いていたのは、ちょっと感動でした。
  山歩きは初めてというお嬢さんたちで、下山後は 「疲れたぁ」 と言っていましたが、高尾山の豊かな自然に触れ、概ね満足そうな様子でした。 これを機会に山の自然が大好きになって、1ヶ月に1回くらいは山歩きをするようになるといいな、と思いました。

射干:アヤメ科の多年草
目立って咲いていたのは
ナガミヒナゲシと
このシャガでした。

★ そのF 最速で高尾山・下山後は「極楽湯」♪
平成29年(2017年)5月7日 薄曇り

京王線高尾山口駅〜(6号路)〜高尾山〜(3号路)〜(2号路)〜(琵琶滝コース)〜高尾山口駅「極楽湯」 【歩行時間: 2時間弱】

  黄砂が日本列島を覆ったGWの最終日、仕事の帰りにちょっくら高尾山を歩いてみました。 京王線の高尾山口駅近くから16時30分に歩き始めて、6号路→山頂→3号路→2号路の一部→琵琶滝コースと(比較的に静かな道を)登ったり下ったりして、高尾山口駅の裏にある「極楽湯」に着いたのは18時30分。 途中、若干の休憩をとりましたので、正味2時間弱で歩いたことになります。 多分私としては殆ど“最速”で、高尾山だけれど、自分自身を褒めてあげたいです。
  俊足で静かだったのはいいのですが、夕方で森の中が薄暗かったこともあり、植物観察などの“余裕”はまったくありませんでした。 3号路でタヌキと鉢合わせしたのが唯一のトピックです。 …まぁ、痛し痒しですね。 …じつは、(恥ずかしながら)懐中電灯などの(日が暮れると必要な)登山装備を何も持っていなかったので、焦っていたのが(俊足の)真の理由です。(^_^;)
  京王高尾山温泉「極楽湯」の入浴料はシーズン料金なので1,200円(通常料金は1,000円)。 湯上がりに特大ジョッキで生ビール850円を飲んで、汁とろろそば900円を食べて、懐は少しさびしくなったけど、極楽、ごくらく〜 (*^^)v

  京王高尾山温泉「極楽湯」については次項・高尾山アラカルトを参照してみてください。

昨日の雨でちょっと増水
いろはの森コースにて

★ そのG 再び夫婦で高尾山♪
平成30年(2018年)8月25日 晴れ

高尾駅北口-《バス》-日影〜いろはの森コース〜高尾山頂〜(3号路)〜(琵琶滝コース)〜高尾山口駅・高尾山温泉(入浴)… 【歩行時間: 3時間弱】

 久しぶりで夫婦で高尾山を歩いてきました。…まぁ、はっきり云って練習山行(常日頃の鍛錬)です。でも実際はほとんど耐暑訓練でした。
 目立って咲いていたのはヤブランとタマアジサイで、ヤブミョウガも咲き始め、だったかな。とにかく暑い一日で、自然観察などやっている場合ではなかったのです。サーモスに入れて持参した超冷えた麦茶や、麓や山頂の自動販売機で購入したお茶やスポーツドリンクやミネラルウォーターをひたすら飲んで、大量の汗で消費した水分とミネラルを補いました。^_^;
 下山後の高尾山温泉「極楽湯」では、(例によって)汁とろろ蕎麦と特大ジョッキです。やはり甘露甘露です。…山って、たとえ高尾山でも、とてもいいものですよね。(^_^)/~
 * 現在(私の好きな)4号路は倒木のために通行禁止で、それがちょっと残念でした。

  佐知子の歌日記より
 「こんにちは」に「ニーハオ」と応える人のいて高尾山頂にぎわいにけり



南高尾山稜から高尾山を望む* 当サイトの高尾山関係のページ
高尾山・ハイキング 本ページです。
高尾山・アラカルト 高尾山のあれやこれやです。
高尾山の四季 高尾山の1年をお伝えしています。
北高尾山稜 通好みの山稜の山行記録です。
南高尾山稜 穏やかな山稜の山行記録です。
景信山と陣馬山 奥高尾山稜の山行記録です。
小仏城山 日影沢林道を下りました。

* 高尾山についての情報サイト
高尾森林ふれあい推進センター: 林野庁関東森林管理局の関係サイトです。
高尾ビジターセンター: 東京都の関係サイトです。
高尾山・八王子市: 東京都八王子市の関係サイトです。
高尾登山鉄道公式サイト: 高尾登山電鉄(株)が運営している情報サイトです。
山ほど遊べるTAKAO: 京王電鉄(株)が運営している情報サイトです。

このページのトップへ↑
No.117「扇山」へNo.118-2「高尾山・アラカルト」へ



ホームへ
ホームへ
ゆっくりと歩きましょう!