「私達の山旅日記」のホームへ

No.120-aut 三浦アルプス(森戸川南稜)
秋編 9月〜11月


いつ行っても素晴らしい!

京浜急行線新逗子駅-《バス5分》-風早橋-[10分]-葉山教会-[10分]-仙元山(浅間山)117m-[55分]-観音塚-[40分]-連絡尾根の頭-[40分]-鉄塔下-[20分]-乳頭山211m-[15分]-田浦橋-[10分]-田浦梅林-[30分]-JR田浦駅 【歩行時間: 3時間50分】
 * 北側の東逗子方面へ下るコースや京急田浦駅からの逆コースなども紹介しています。
 → 地理院地図(電子国土Web)の該当ページ(仙元山)へ

三浦アルプス縦走コース略図

*** 前項 三浦アルプス(夏編) からの続きです ***

表も裏も、鮮やかな緑
林床のリョウメンシダ

東逗子駅へ下山
風早橋バス停〜三浦ア(南稜)縦走〜(東尾根)〜JR東逗子駅

* H22年(2010年)9月4日(晴れ): いつものメンバー(妻の佐知子と二人で)三浦アルプスを歩いてきました。残暑も厳しい今季、ダルの身体にカツを入れよう!というのが目的だったのですが、暑すぎて益々ダルになってしまいました。
 でも、風の吹き抜ける尾根道の緑陰はけっこう涼しくて、ほんの僅かですが秋の気配を感じました。ヤブミョウガの一部は実をつけ始めています。センニンソウとヤブランがよく咲いています。これからはツルボ、ツリガネニンジン、ミズヒキ、キンミズヒキなどが花の盛期を迎えるはずです。春のスミレとは一味違った、つつましくもおおらかな秋色の花たちの競演は間もなくです。
 樹林内ではアサギマダラやクロアゲハがひらひらと飛び交っていました。三浦アルプスの核心部分は、ここ数日間は誰も歩いていないようで、クモの巣を払いながらの前進です。
 あぁ、でも、やっぱり暑い! 汗がとめどなく流れ落ちます。
 この日は乳頭山から外輪山コース(東尾根)を辿ってJR東逗子駅へ下山しました。麓に近いスギ林の林床にはリョウメンシダが淡くも鮮やかな緑色で風に揺れていました。和名の由来は「両面シダ」で、表と裏が同じように見えることによります。 「ウラ・オモテがないなんて、まるでボクのようだ」 とつぶやいたら、佐知子は黙って何も答えませんでした。
 ほんとうに暑い、耐暑訓練の一日でした…。

蔓穂:けっこうゴージャス!
ツルボ(ユリ科)

秋の花たちの競演!

* H20年(2008年)9月15日(曇り): 私が属しているNPOが主催する自然観察ハイキングの下見を兼ねて、森林インストラクター仲間の二人と歩きました。この季節に縦走したのは初めてのことでしたが、曇っていたこともあり、思ったほどの暑さは感じませんで、初秋の照葉樹の自然林をたっぷりと楽しむことができました。祝日にもかかわらず超静かな尾根道で、先頭を歩いている私の顔にクモの巣が何回も絡みました。
 尾根沿いにはヤブランやツリガネニンジンの淡紫色の花が群生して咲いていました。ヤブミョウガの可憐な白花もまだ咲いています。ひっつき虫のミズヒキやキンミズヒキも山道に覆いかぶさるようにして自己主張をしています。春のスミレとは一味違った、つつましくもおおらかでゴージャスな秋色の花たちを、今回は堪能しました。まったく素晴らしい秋を、三浦アルプスは迎えています。
 おけげさまで、この2週間後の「自然観察ハイキング」は大成功でした。

今回の道迷い
大山田隧道を潜りぬけて・・・
隧道を潜りぬけてしまい…

田浦観音堂:この左奥からヤブを漕いで・・・
なぜか田浦観音堂…

逆コースで三浦アルプスを縦走!
京急田浦駅〜港が丘〜乳頭山〜鉄塔下〜観音塚〜仙元山〜風早橋バス停

* H27年(2015年)10月3日(晴れ): 単独で、いつもとは逆のコースで三浦アルプスを歩いてきました。それ(逆コース)のおかげか、なんか、とても新鮮に感じました。京急田浦駅→港が丘→乳頭山の区間は今回初めてのルートを辿ってみましたが、(里で)道を間違えて、ヤブコギをして稜線へ這い上がったり、とか、ちょっと冒険もしてしまいました。

 出だしの道迷いについて: 今回のアプローチは京浜急行が発行しているチラシ「三浦アルプス・トレッキングMAP」を参考にしたのですが、(里の)道標が完備されておらず、けっこう苦戦しました。
 京急田浦駅前の国道16号線を南へ少し進み、キグナスGSのある交差点を右折して、港ヶ丘の
(厳密には神奈川県横須賀市田浦町6丁目の)「池の谷戸公園」前を更に右へ曲がったまでは(多分)正しかったのですが、その先の登山口が見つからず…例によって闇雲に歩いてしまい…トンネル(大山田隧道)を出た先で地元の方に道を尋ねる羽目になりました。教えてもらったのが(結果論ですが…)けっこう危ないショートカットコースで、つまり階段を上がって(右の写真の)田浦観音堂の左裏手からドロ壁のヤブを漕ぐ、というものでした。ようやく乳頭山へ続く尾根道に這い上がったときにはホッとしましたが、相変わらず三浦アルプスは三浦アルプスだなぁと思いました。…そこから先の要所にはちゃんとした道標がありましたが…。
 帰宅後にGoogleマップのストリートビューなどを調べて分かったことですが、大山田隧道をくぐってしまったのは完全な行き過ぎで、234段の階段があるという港ヶ丘登山口はそのずっと手前の左側(う〜ん、かなり分かりづらい説明かなぁ)にあったようです。→つまり盛福寺駐車場の先を(直進せずに)左折すれば良かったのです…、と、さらに分かりずらくなったかも。
 このアプローチコース(京急田浦駅〜港が丘〜乳頭山)はとてもいい雰囲気だと思うので、次回も是非、再挑戦したいです。


 咲いている花は少なくて…ヤブランやヤブミョウガの花期はもうとっくに終わっていて…ミズヒキと野ギクの類とごく僅かなトリカブトの類やサラシナショウマが目立っていた程度でした。それでも、照葉樹の鬱蒼とした自然林をひたすら歩く…三浦アルプス縦走は…矢張り何時行ってもいいコースだなぁ、と今回も思いました。
 「二子山山系自然保護協議会」などの活動の結果でもあると推測しますが、立派な道標などが随分と完備されて、三浦アルプスは益々メジャーになりつつあるようです。特定外来生物であるタイワンリスは(多分アライグマも)めっきりその姿を見せなくなりました。きっと“捕獲”が順調に行われれているのでしょう。だからきっと、マテバシイのドングリが(殆ど手付かずの状態…実が詰まった状態で)たくさん落ちていたのだと思います。…いとうれし…いとかなし…、どっちだろう今の私の心は、と探りながらの今回山行でした。

鉄塔下で昼食 マテバシイのどんぐり
 鉄塔下で昼食。 今回山行の動機のひとつに賞味期限の切れかかっているアルファ米を食べてしまおう、ということがありました。で、レトルトのカレーとの組み合わせで…、こんな感じで食しました。
  マテバシイの並木道にて小休止。足元に落ちているどんぐりを拾ってみましたが、ほんの2〜3分間でレジ袋がいっぱいになりました。当分はネイチャークラフトの材料は安泰です。

周囲はシロダモの木です
鉄塔下にて

身体と心のリハビリに…

* H15年(2003年)10月25日(曇り): 腰痛(ギックリ腰)のため、ここ1ヶ月間は満足に歩くことのできなかった私でしたが、ようやく痛みも消えてきて、なまってしまった身体のリハビリを兼ねて出かけてみたのは、矢張りこの三浦アルプスでした。今回は私達夫婦と当地に生まれ育ったNさんの三人で歩きました。Nさんは、何時もこの山々の連なり(森戸川南稜)を麓から見上げていたけれど、歩くのは生れて初めてだ、と感動を込めて云っていました。照葉樹主体の自然林の美しさに大変満足されたようでした。
 山道はすっかり秋で、数は少ないですが、野ギクの類(カントウヨメナ?ハコネギク?)、トリカブトの類(ハコネトリカブトかなそれともヤマトリカブトかな?)、サラシナショウマ、ツワブキなどが咲いていました。小鳥たちも相変わらず元気にさえずっています。本当に何時きても素晴らしい処です。私の腰痛もほぼ完全に治ったようです。
 今回の特筆すべきことは、なんと、一度も道に迷わずに、風早橋のバス停から田浦梅林までを歩き通した、ということです。迷いやすいポイントなどを、大雑把ではありますが、メモってきました。略図(コース図)を作ってみましたので、参考にしてください。仙元山の先、鞍部から長い階段を登って三番目の分岐(図の丸枠部分)が特に迷いやすいですから注意してください。

森戸川南稜から垣間見た二子山です。
色付き始めた二子山

山鳥兜:キンポウゲ科トリカブト属の多年草
(ヤマ?)トリカブト
ツワブキ(石蕗、艶蕗):キク科ツワブキ属の多年草
ツワブキ

益々自然だ!
新逗子駅〜森戸川林道〜林道終点〜連絡尾根の頭〜乳頭山〜港が丘〜京急田浦

* H29年(2017年)11月2日(晴れ): 一人で久しぶりに三浦アルプスを歩いてきました。 9時10分頃に京急の新逗子駅から歩き始め、森戸川林道へ入り、その林道終点から連絡尾根を辿り森戸川南稜(三浦アルプスの主稜)へ出て、乳頭山を経て港が丘の展望台から里道へ下り、京急田浦駅に着いたのは14時頃でした。秋の花も終わりかけていて、ノギクの類、ツワブキ、(ヤマ?)トリカブト、ヤクシソウなどが僅かに咲いていました。ムラサキシキブやヤブランの実も少し目立っていました。小鳥の鳴き声ではガビチョウやヒヨドリがやかましいほどで、コジュケイのさえずりが妙に気品よく聞こえました。
 台風などの影響でしょうか。倒木など、若干道は荒れていますが、それがまたなんとも云えずいいのです。森戸川林道は今やもう殆ど“山道”で、4輪の自動車は絶対に通れません。…なので、ものすごく自然で、益々いい感じです。
 とにかく自宅からの交通の便が良いので、(東京都大田区には)あっという間の帰宅です。帰路の途中で留守番の妻に電話して風呂を沸かしておいてもらって、15時ちょっと過ぎには自宅の風呂場でまったり…です。そして、風呂上がりの瓶ビールを飲みながらパソコンに向かいます。…これはこれで甘露甘露。小さな幸せです。(^^ゞ

やっぱりここは素晴らしい!

* H18年(2006年)11月15日(曇り): 三浦アルプス縦走コースの略図(上掲)について、2〜3の不備や疑問点を解消する意味もあって出掛けました。
 毎度同じような感想で恐縮ですが、ここはやっぱり素晴らしい照葉樹林の山域です。是非みなさまに今後もご紹介していきたいと、あらためて思いました。
 この日はどんぐりがたくさん落ちていましたが、マテバシイはその中身が全部タイワンリスに食われていました。(この日もあちこちでタイワンリスと出遭いました。) スダジイの実は殆ど食われていなく、(タイワンリスにとっては)マテバシイの実のほうが食べやすくて美味いのかなぁ、と思いました。
 咲いていた花は季節がら少なく、ノギクの類(カントウヨメナ?)、ツリガネニンジン、ツワブキなどでした。

数ヶ所で見かけました
林道に倒木が覆いかぶさる

臭木:シソ科
クサギのガク
果実は鳥が食べた?

益々歩きやすくなって…
逗子・葉山駅(旧・新逗子駅)8:40〜森戸川林道(大山林道)〜林道終点〜連絡尾根の頭〜乳頭山211m〜沼間(逗子IC付近)〜13:40京急田浦駅

* R2年(2020年)11月29日(曇り時々晴れ): 単独行で三浦アルプスを歩いてきました。
 なるべく「密」を避ける意味で休日の(空いている)電車を利用しました。そしてバスは利用しないで、鉄道の駅から駅へのコースを工夫してみました。
 消防標識や逗子市標識や大和ハウス標識や協議会標識…など、随分と道標が増えていました。急坂にはトラロープなど、かなり整備されて、三浦アルプスは益々歩きやすくなっています。

 林道脇の少し開けた処(高木を伐採?)で、一株だけでしたが、クサギ(シソ科の落葉小高木)を観察することができました。草木染でその果実(空色に染まる)をよく使っていたので、私にはなじみのある樹木です。果実を殆ど落としていて…鳥さんが食べた?…残った赤い萼(がく)が花びらのように目立っていました。森林の遷移においては、藪の状態の所に侵入する最初の樹木(先駆植物=パイオニア)の代表格のクサギです。この小広い藪の一帯は、これから数十年後・数百年後にはどうなっているのか、興味津々です。ここをこのまま何もしないでずっとほっぽっておいたら、そして私が超長生きをしたら…、という仮定法での話ですが…。
* ちなみに、森戸川林道沿いではコクサギが目立っていますが、こちらはミカン科の落葉低木でクサギとは全く違う種です。葉が臭う、ということでは共通しているかもしれませんが…。

 日曜日ということもあり、コース上ではかなり多くのハイカーに出会いました。中高年の単独行(男女ほぼ同比率)が約6人。男性3人のパーティーと女性4人のパーティー、及び老カップルと若いカップルがそれぞれ一組。トレランの若手グループが10人程度。その他、ルートの一部を歩いていた(小さな子供と一緒の)家族連れが一組…など、密にならない程度に、賑わっていました。
 三浦アルプスは、何時の間にかメジャーになっていたようです。とはいえ高尾山御岳山などと比べると(比べようもないほどに)静かなのが三浦アルプスです。だから当分は、私の(本当は内緒にしておきたい)お気に入りの「里山」の地位は保たれそうです。

* 地形図に表示された!: 今回気が付いたのですが、国土地理院の地形図(地理院地図・電子国土Web)に、そのほとんどの部分が記載されていなかった三浦アルプス縦走路について、破線(登山道)が新たに表示されていました。未だに一部の区間…観音塚から連絡尾根の頭の少し手前(新沢分岐の辺り)まで…が未表示になっていますが…、その理由についてはよくわかりません。何れにしても、三浦アルプスは益々分かりやすくなっている、のです。



手前に横浜横須賀道路
乳頭山から長浦湾方面(田浦〜東京湾方面)を望む

次項 三浦アルプス(冬編) へ続く



当サイトの三浦アルプス関係のページ
三浦アルプス(1): 最初に本コースを訪れた時の記録です
三浦アルプス(2): 2001年〜2004年の山行記録です
三浦アルプス(3): 2005年〜2007年の山行記録です
三浦アルプス(4): 2008年〜2012年の山行記録です
三浦アルプス(5): 2014年〜2017年の山行記録です
三浦アルプス(6): 2019年〜最新版の山行記録です
二子山と阿部倉山 森戸川渓谷とその北稜の山行記録です
三浦アルプスの基礎知識 この山域の植生についてなど
三浦アルプスの写真集 大きな写真でご覧ください

  季節別の山行記録
* 三浦アルプス(春) * 三浦アルプス(夏)
* 三浦アルプス(秋)→本項 * 三浦アルプス(冬)

このページのトップへ↑
No.120-smr「三浦アルプス(夏編)」へNo.120-wtr「三浦アルプス(冬編)」へ



ホームへ
ホームへ

ゆっくりと歩きましょう!