「私達の山旅日記」のホームへ

No.120-6 三浦アルプス(森戸川南稜) Part6
2019年(R1年)〜


益々分かりやすくなっている

標準コース: 京浜急行線新逗子駅(逗子・葉山駅)-《バス5分》-風早橋-[10分]-葉山教会-[10分]-仙元山(浅間山)117m-[55分]-観音塚-[40分]-連絡尾根の頭-[40分]-鉄塔下-[20分]-乳頭山211m-[15分]-田浦橋-[10分]-田浦梅林-[30分]-JR田浦駅 【歩行時間: 3時間50分】
 * 森戸川林道コースなども紹介しています。
 → 地理院地図(電子国土Web)の該当ページ(仙元山)へ

三浦アルプス縦走コース略図

*** 前項 三浦アルプスPart5 からの続きです ***


セルフタイマーでパチリッ!
観音塚にて

山薄荷:シソ科の多年草
ヤマハッカ

数ヶ所で見かけました
林道に倒木が覆いかぶさる

臭木:シソ科
クサギのガク
果実は鳥が食べた?

里歩きのアスファルトで熱中症に…

* R1年(2019年)7月29日(晴): 山歩会の今年のメイン山行は南アルプスの北岳なのですが、その練習山行に選んだのが三浦アルプスでした。とはいえ、はっきり云って、(特にアスファルトの里歩きは)殆ど耐暑訓練でした。…まぁ、木陰へ入ると(風があったので)けっこう涼しかったのですが…。
 それでもやっぱりメンバーのT君が完全にグロッキー。多分、熱中症だったのだと思います。何時もは私の倍くらい水を飲んで汗びっしょりなのに、この日は何故かあまり汗をかいていなくて、喉も渇かないと言い、1リットルも飲んでいませんでした。それがそもそも変だったのです。
 しかし、でも、やっぱり、帰路の横浜ジョイナスの「ライオン」で打ち上げたときは大ジョッキを美味しそうに飲んでいましたが…。
 そういう訳で(メンバーの健康状態が心配で)、この日はあまり自然観察はできませんでした。ヤマハッカがちょうどその花期で、あちこちにとても目立っていたのが印象的でした。
 おかげさまで、この一週間後(8月5日〜7日)の北岳山行は、まずまず無難に(なんとか)登ることができました。

益々歩きやすくなって…

逗子・葉山駅(旧・新逗子駅)8:40〜森戸川林道(大山林道)〜林道終点〜連絡尾根の頭〜乳頭山211m〜沼間(逗子IC付近)〜13:40京急田浦駅

* R2年(2020年)11月29日(曇): 単独行で三浦アルプスを歩いてきました。
 なるべく「密」を避ける意味で休日の(空いている)電車を利用しました。そしてバスは利用しないで、鉄道の駅から駅へのコースを工夫してみました。
 消防標識や逗子市標識や大和ハウス標識や協議会標識…など、随分と道標が増えていました。急坂にはトラロープなど、かなり整備されて、三浦アルプスは益々歩きやすくなっています。

 林道脇の少し開けた処(高木を伐採?)で、一株だけでしたが、クサギ(シソ科の落葉小高木)を観察することができました。草木染でその果実(空色に染まる)をよく使っていたので、私にはなじみのある樹木です。果実を殆ど落としていて…鳥さんが食べた?…残った赤い萼(がく)が花びらのように目立っていました。森林の遷移においては、藪の状態の所に侵入する最初の樹木(先駆植物=パイオニア)の代表格のクサギです。この小広い藪の一帯は、これから数十年後・数百年後にはどうなっているのか、興味津々です。ここをこのまま何もしないでずっとほっぽっておいたら、そして私が超長生きをしたら…、という仮定法での話ですが…。

* ちなみに、森戸川林道沿いではコクサギが目立っていますが、こちらはミカン科の落葉低木でクサギとは全く違う種です。葉が臭う、ということでは共通しているかもしれませんが…。

 日曜日ということもあり、コース上ではかなり多くのハイカーに出会いました。中高年の単独行(男女ほぼ同比率)が約6人。男性3人のパーティーと女性4人のパーティー、及び老カップルと若いカップルがそれぞれ一組。トレランの若手グループが10人程度。その他、ルートの一部を歩いていた(小さな子供と一緒の)家族連れが一組…など、密にならない程度に、賑わっていました。
 三浦アルプスは、何時の間にかメジャーになっていたようです。とはいえ高尾山御岳山などと比べると(比べようもないほどに)静かなのが三浦アルプスです。だから当分は、私の(本当は内緒にしておきたい)お気に入りの「里山」の地位は保たれそうです。

* 地形図に表示された!: 今回気が付いたのですが、国土地理院の地形図(地理院地図・電子国土Web)に、そのほとんどの部分が記載されていなかった三浦アルプス縦走路について、破線(登山道)が新たに表示されていました。未だに一部の区間…観音塚から連絡尾根の頭の少し手前(新沢分岐の辺り)まで…が未表示になっていますが…、その理由についてはよくわかりません。何れにしても、三浦アルプスは益々分かりやすくなっている、のです。

リョウメンシダが美しい!

逗子・葉山駅(旧・新逗子駅)8:30〜森戸川林道(大山林道)〜林道終点〜連絡尾根の頭〜乳頭山211m〜沼間(逗子IC付近)〜14:00京急田浦駅

* R2年(2020年)12月12日(曇): 何時ものメンバー(夫婦)で三浦アルプスを歩きました。 お天気がイマイチだったこともあり、先々週と比べると人出が少なくて、静かな山歩きを満喫できました。
 紅葉が終わりかけていて、森全体が無彩色に近づいているいるこの時季ということもあり、リョウメンシダの緑が特に鮮やかに感じます。
 帰路、横浜駅で途中下車して生ビールなどを飲んだのですが、今思うとひやひやです。駅構内はものすごい人出(密)でした。素人判断ですが、これは(コロナ感染リスクの)レベルを超えていて、ちょっと危なかったのかも…、と思いました。これから暫くは、寄り道しないで真っ直ぐに帰ろうと思いました。

下山路にて
台風で倒れたスギ
緑鮮やかなリョウメンシダ
鮮やかなシダの緑

鉄塔の右手前に迂回路が・・・
工事中の鉄塔下

「鉄塔下」が工事中!

京急・逗子・葉山駅(旧・新逗子駅)-《バス5分》-風早橋9:10〜仙元山(浅間山)117m-〜観音塚〜連絡尾根の頭〜鉄塔下〜乳頭山211m〜港が丘〜14:50京急田浦駅

* R3年(2021年)7月17日(晴): 梅雨が明けてカラッと青空の土曜日、いつものメンバー(夫婦)で三浦アルプスを縦走してきました。風通しの良い緑陰で休憩すると涼しくて、汗がさぁ〜っと引いていきます。足元のあちこちにはミズヒキ、キンミズヒキ、ヤマハッカ、ヤブミョウガ、ヤマユリなどの夏の花が咲いています。
 とはいえ、飲んだ水分は約2リットル。冬の4倍です。で、結局耐暑訓練でした。
 今回知ったのですが、三浦アルプス縦走路(森戸川南稜線)の「鉄塔下」が工事中で、迂回路ができていました。鉄塔下の小空間での大休憩が(立入禁止のため)できなくなっていますので、要注意です。でも、工事のために周辺の木を伐ったおかげで、広い異空間ができて、それはそれで本コース上のちょっとしたアクセントになっているかもしれません。自然保護の視点からは×だと思いますが、文明のため(電気の供給のため)には仕方がありません。
 夫婦そろって新型コロナワクチンを2回接種して、そして2週間以上が過ぎていたので、なんか、久しぶりに、とても安心な外出(アウトドア)でした。

西側の登山口付近です
三浦アルプスを縦走!
今、満開!
ヤマユリ



当サイトの三浦アルプス関係のページ
三浦アルプス(1): 最初に本コースを訪れた時の記録です
三浦アルプス(2): 2001年〜2004年の山行記録です
三浦アルプス(3): 2005年〜2007年の山行記録です
三浦アルプス(4): 2008年〜2012年の山行記録です
三浦アルプス(5): 2014年〜2017年の山行記録です
三浦アルプス(6): 2019年〜最新版の山行記録(本項)
二子山と阿部倉山 森戸川渓谷とその北稜の山行記録です
三浦アルプスの基礎知識 この山域の植生についてなど
三浦アルプスの写真集 大きな写真でご覧ください

  季節別の山行記録
* 三浦アルプス(春) * 三浦アルプス(夏)
* 三浦アルプス(秋) * 三浦アルプス(冬)

このページのトップへ↑
120-5「三浦アルプス(5)」へNo.121「本仁田山」へ



ホームへ
ホームへ

ゆっくりと歩きましょう!