御朱印を求めて日本の旅京都五山の御朱印

京都五山の御朱印

(百寺巡礼西国三十三観音霊場お遍路の旅京都五山鎌倉五山比叡山延暦寺湖東三山善光寺成田山新勝寺谷汲山華厳寺)

Sponserd Link


[御朱印を求めて日本の旅]

[目次]

  1. 御朱印帳一覧
  2. 全国の神社
  3. 全国一之宮巡礼
  4. 全国の寺院
  5. 西国三十三所観音霊場
  6. 四国八十八所霊場
  7. 四国別格二十所霊場
  8. 五木寛之の百寺巡礼

[神社紀行]

  1. 神社紀行
  2. 伊勢神宮
  3. 出雲神話
  4. 熊野三山
  5. 天孫降臨伝説
  6. 京都五社巡り
  7. 鎌倉の神社
  8. 多賀大社
  9. 諏訪大社
  10. 戸隠神社
  11. 熱田神宮
  12. 明治神宮
  13. 椿大神社
  14. 南宮大社

[百寺巡礼]

  1. 百寺巡礼
  2. 西国三十三霊場
  3. 四国お遍路の旅
  4. 京都五山
  5. 鎌倉五山
  6. 比叡山延暦寺
  7. 湖東三山
  8. 善光寺
  9. 成田山新勝寺
  10. 谷汲山華厳寺

[ 御朱印の旅 ]

  1. 平成30年
  2. 平成29年
  3. 平成28年
  4. 平成27年
  5. 平成26年
  6. 平成25年
  7. 平成24年
  8. 平成23年
  9. 平成22年
  10. 平成21年
  11. 平成20年
  12. 平成19年
  13. 平成18年
  14. 平成17年
  15. 平成16年
  16. 平成15年

[ サイトマップ ]

[御朱印いいね倶楽部]

[Facebook]

[G+御朱印の会]

[twitter]

[ブログ]

[日々是好日]

[〜amazon〜]


[南禅寺の御朱印]

京都五山の別格

臨済宗南禅寺派大本山

正式には瑞龍山太平興国南禅禅寺(ずいりゅうさんたいへいこうこくなんぜんぜんじ)。
1291(正応4)年、亀山法皇が離宮を禅寺にし無関普門禅師(大明国師)を開山に迎えて開創。
京都五山および鎌倉五山の上におかれる別格扱いの寺院で、日本の全ての禅寺のなかで最高位の格式をもつ。
本尊は釈迦牟尼仏。

[天龍寺の御朱印]

京都五山の第一位

臨済宗天龍寺派大本山

霊亀山天龍資聖禅寺(れいぎざんてんりゅうしせいぜんじ) 天龍寺の西方にある小倉山の姿が亀の甲に似ていることから、山号を「霊亀山」とした。
度重なる火災により、現存の伽藍の大部分は明治時代後半以降のもの。
方丈の西側にある夢窓疎石作の庭園が特別名勝・史跡に指定されている。 方丈の北側には、宮内庁管理の亀山天皇陵と後嵯峨天皇陵がある。本尊は釈迦牟尼仏。
世界遺産古都京都の文化財

[相国寺の御朱印]

京都五山の第二位

臨済宗相国寺派大本山

万年山相国承天禅寺(まんねんざんしょうこくじょうてんぜんじ)
1382(永徳2)年室町幕府・三代将軍足利義満が禅修行の寺の建立を発願した当時の官位が左大臣で、 中国のこの官位が相国と言うので寺号を相国寺 とする。
度重なる焼失により、現存の伽藍の大部分は 19世紀はじめの文化年間の再建。
観光名所として著名な金閣寺(鹿苑寺)、銀閣寺(慈照寺)は、相国寺の境外塔頭(たっちゅう)である。
本尊は釈迦牟尼仏。

[建仁寺の御朱印]

京都五山の第三位

臨済宗建仁寺派大本山

山号を東山(とうざん)、元号を寺号としている。
俵屋宗達の「風神雷神図」、海北友松(かいほうゆうしょう)の襖絵などの文化財を豊富に伝える。
豊臣秀吉を祀る高台寺や、 「八坂の塔」のある法観寺は建仁寺の末寺である。
本尊は釈迦牟尼仏。

[東福寺の御朱印]

京都五山の第四位

臨済宗東福寺派大本山

山号を慧日山(えにちさん)

摂政九条道家(摂政・鎌倉将軍藤原頼経の父)が、高さ5丈(約15メートル)の釈迦像を安置する大寺院を建立。
1255(建長7)年に完成する。
寺名は奈良の東大寺、興福寺の二大寺から1字ずつ取って「東福寺」とした。

[万寿寺の御朱印]

京都五山の第五位

正嘉年間(1257年-1259年)、天台浄土教から臨済宗寺院となり、寺号も万寿禅寺と改めた。
1358(延文3)年には京都五山の五位になる。
1434(永享6)年の火災以後寺勢衰微。1591(天正19)年、現在の東福寺北側に移転。
1881(明治14)年に東福寺の仏殿が焼失した際、万寿寺にあった釈迦三尊像を東福寺本堂に移して新しい本尊とした。
元来は1873(明治6)年に万寿寺に合併された三聖寺に安置されていもたの。
1886(明治19)年に東福寺の塔頭になる。

Sponserd Link

[ 御朱印 ]

 御朱印は、神社・寺院に参拝した「あかし」として御朱印帳に神社・寺院にて頂けます。
御朱印の始まりは江戸時代ごろで、寺院の参拝したときに、信者が写経した「経文」を奉納し、参拝の「あかし」としてその寺院や御本尊の名称を墨書し、「宝印」を授与されるものでした。
これを「納経・朱印」と言います。今でも御朱印を「納経印」、御朱印帳を「納経印帳」、御朱印を頂くところを「納経所」と呼ばれることもあります。
御朱印の魅力は、ひとつひとつ手書きされますので、その神社・寺院によって書かれる内容が違います。
同じ神社・寺院で書く内容が同じでも、書く人の筆さばきの違いにより、その味わいはさまざまです。
御朱印の収集を始められる方は、御朱印帳は神社用と寺院用に2冊に分けて収集されることをお勧めします。
また身近に、あなたの心のエネルギーを充足してくれる神社または寺院(あなたのパワースポット)をみつけ、朔日参りまたは月参りを御朱印に記してはいかがですか。
心のよりどころとしての神社・寺院には、ご自身の節目・節目のご報告をされてはいかがですか。
御朱印は、その「あかし」でもあると思っています。

[ 御朱印帳 ]

 御朱印帳は、表面を使ったら裏面を使えるように蛇腹折りになっているものが一般的です。
他にも、袋綴じの御朱印帳、巡礼用の掛け軸、巡礼用の色紙、巡礼用の扇子などもあります。
御朱印帳には、その神社・寺院の社名や社紋、神社・寺院の由来や縁のある動物を表紙にオリジナルの刺繍を施したものも多く。
そんな御朱印帳の収集も楽しんでみてはいかがでしょうか。

[御朱印の旅]

全国の都道府県ごとに神社・寺院の御朱印の紹介と観光の紹介をしています。

Sponserd Link

北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県

東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県

新潟県山梨県長野県

岐阜県愛知県三重県静岡県

富山県石川県福井県

滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県

鳥取県島根県岡山県広島県山口県

徳島県香川県愛媛県高知県

福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県

沖縄県