御朱印を求めて日本の旅大分県の御朱印

大分県の御朱印〜大分県に御朱印の旅〜


御朱印帳 全国一之宮御朱印帳


全国一之宮御朱印



神社御朱印



寺院御朱印



Sponserd Link


[御朱印を求めて日本の旅]

[目次]

  1. 御朱印帳一覧
  2. 全国の神社
  3. 全国一之宮巡礼
  4. 全国の寺院
  5. 西国三十三観音霊場
  6. 四国八十八ヶ所霊場
  7. 五木寛之の百寺巡礼

[神社紀行]

  1. 神社紀行
  2. 伊勢神宮
  3. 出雲神話
  4. 熊野三山
  5. 天孫降臨伝説
  6. 京都五社巡り
  7. 鎌倉の神社
  8. 多賀大社
  9. 諏訪大社
  10. 戸隠神社
  11. 熱田神宮
  12. 明治神宮
  13. 椿大神社
  14. 南宮大社

[百寺巡礼]

  1. 百寺巡礼
  2. 西国三十三霊場
  3. 四国お遍路の旅
  4. 京都五山
  5. 鎌倉五山
  6. 比叡山延暦寺
  7. 湖東三山
  8. 善光寺
  9. 成田山新勝寺
  10. 谷汲山華厳寺

[ 御朱印の旅 ]

  1. 平成29年
  2. 平成28年
  3. 平成27年
  4. 平成26年
  5. 平成25年
  6. 平成24年
  7. 平成23年
  8. 平成22年
  9. 平成21年
  10. 平成20年
  11. 平成19年
  12. 平成18年
  13. 平成17年
  14. 平成16年
  15. 平成15年

[ サイトマップ ]

[御朱印いいね倶楽部]

[Facebook]

[G+御朱印の会]

[twitter]

[ブログ]

[日々是好日]


(参拝したい全国一之宮)「宇佐神宮」(西海道 豊前国)、「西寒多神社」「柞原八幡宮」(西海道 豊後国)

(参拝したい寺院)「富貴寺」「羅漢寺」

[ 御朱印 ]

 御朱印は、神社・寺院に参拝した「あかし」として御朱印帳に神社・寺院にて頂けます。
御朱印の始まりは江戸時代ごろで、寺院の参拝したときに、信者が写経した「経文」を奉納し、参拝の「あかし」としてその寺院や御本尊の名称を墨書し、「宝印」を授与されるものでした。
これを「納経・朱印」と言います。今でも御朱印を「納経印」、御朱印帳を「納経印帳」、御朱印を頂くところを「納経所」と呼ばれることもあります。
御朱印の魅力は、ひとつひとつ手書きされますので、その神社・寺院によって書かれる内容が違います。
同じ神社・寺院で書く内容が同じでも、書く人の筆さばきの違いにより、その味わいはさまざまです。
御朱印の収集を始められる方は、御朱印帳は神社用と寺院用に2冊に分けて収集されることをお勧めします。
また身近に、あなたの心のエネルギーを充足してくれる神社または寺院(あなたのパワースポット)をみつけ、朔日参りまたは月参りを御朱印に記してはいかがですか。
心のよりどころとしての神社・寺院には、ご自身の節目・節目のご報告をされてはいかがですか。
御朱印は、その「あかし」でもあると思っています。

[ 御朱印帳 ]

 御朱印帳は、表面を使ったら裏面を使えるように蛇腹折りになっているものが一般的です。
他にも、袋綴じの御朱印帳、巡礼用の掛け軸、巡礼用の色紙、巡礼用の扇子などもあります。
御朱印帳には、その神社・寺院の社名や社紋、神社・寺院の由来や縁のある動物を表紙にオリジナルの刺繍を施したものも多く。
そんな御朱印帳の収集も楽しんでみてはいかがでしょうか。

Sponserd Link

[大分県の観光]

(日本の温泉)〜由布院温泉〜

由布院温泉(ゆふいんおんせん)は、大分県由布市湯布院町(旧国豊後国)にある温泉。
すぐそばに聳える由布岳(火山:標高1,584m)の恵みを受けた豊富な湯量を誇る。

(日本の温泉)〜長湯温泉〜

長湯温泉(ながゆおんせん)は大分県竹田市直入(旧国豊後国)にある温泉。
世界でも類を見ない炭酸濃度の高さとその効能(飲泉含む)で知られている。

(日本の温泉)〜別府八湯〜

別府には、おのおの泉質や雰囲気を異にした温泉が多数あるが、それらはおおよそ8箇所の地域に分けられ、これらを総称して別府八湯と呼んでいる。
別府八湯では、毎年4月のはじめに別府八湯の豊かな温泉の恵みに感謝して別府八湯温泉まつりが開催されている。
また、2001年3月から毎年春秋の2回開催されている別府八湯温泉泊覧会(オンパク)や、別府八湯の選び抜かれた温泉施設から88湯に入浴し、 温泉名人の認定を目指す別府八湯温泉道という体験型イベントがある。

(日本の温泉)〜別府温泉〜

JR別府駅周辺の別府を代表する温泉街である。駅に近く交通の便がよい。
単純泉、食塩泉、重曹泉、重炭酸土類泉など多数の温泉が湧き、各泉質に応じて効能がある。
温泉街は別府八湯の中では最も歓楽的な要素が強く、夜になれば飲食店や別府タワーなど繁華街のネオンが煌く。
地元民を対象とした町内会経営の共同温泉も多く、観光客も利用できる。
昔の別府の玄関口旧別府港(楠港)の開港とともに発展した温泉街で、旧港の近くには入母屋破風の外観を持つ市営共同温泉『竹瓦温泉』があり、 温泉のほかに砂湯(温泉で温められた砂を体にかけてもらう)が楽しめる。
竹瓦温泉と竹瓦小路木造アーケードは、「別府温泉関連遺産」として、2009年(平成21年)2月6日に近代化産業遺産に認定されている。

(日本の温泉)〜浜脇温泉〜

朝見川の河口一帯の温泉街で、JR東別府駅の前の海沿いに位置し、小さな共同温泉が多い。
江戸時代後期の1817年(文化14年)に書かれた温泉番付「諸国温泉功能鑑」では、西の前頭三枚目にランキングされていた。
炭酸水素泉、塩化物泉など。

(日本の温泉)〜観海寺温泉〜

別府駅西側の山の斜面の古い街道沿いにある温泉街で、別府湾の見晴らしがよい。
単純泉、含重曹食塩泉で神経痛・リューマチに効能がある。大型リゾートホテルと、室内温水プール、ボウリング場、劇場や大展望露天風呂などのレジャー施設が並ぶ。

(日本の温泉)〜堀田温泉〜

観海寺温泉の更に奥、由布院温泉へ向かう大分県道・熊本県道11号別府一の宮線(通称やまなみハイウェイ)沿いにある源泉地帯で、江戸時代に開かれた静かな山の湯治場である。湯量が豊富で、別府市内の共同温泉などへの給湯もされている。
泉質は、弱酸性低張性高温泉、硫黄泉である。

(日本の温泉)〜明礬温泉〜

別府市街から少し離れた伽藍岳の中腹標高400mの所にある地熱地帯で、その名の通り江戸時代から明礬(湯の花)が採取されてきた山の温泉街。
湯の花の採取施設である湯の花小屋は、一部見学が可能である。
酸性硫化水素泉、緑ばん泉で神経痛・リューマチ・皮膚病に効能がある。コロイド硫黄を含んで白濁した温泉が多いが、別府温泉保養ランドでは美肌効果の高い『ドロ湯』が味わえる。
別府明礬温泉の湯の花製造技術は、国の重要無形民俗文化財に指定されている。

(日本の温泉)〜鉄輪温泉〜

別府市街と明礬温泉との中間にあり、いまだに湯治の雰囲気を残す温泉街である。
湯治客は貸間旅館にある温泉の蒸気を利用した装置「地獄釜」で自炊しながら長逗留する。
温泉の蒸気は部屋の暖房にも使われている。
周辺に多様な地獄が存在することから分かるように、泉質も単純泉、食塩泉、炭酸鉄泉など多彩である。 岩風呂・砂湯・瀧湯・露天風呂など、さまざまな温泉が楽しめる外湯のひょうたん温泉を代表に、大小多数の温泉施設がある。 別府地獄めぐりの中心に位置し、周辺には海地獄、鬼石坊主地獄、山地獄、かまど地獄、鬼山地獄、白池地獄などの観光施設や、大衆演劇の芝居小屋ヤングセンター、秘宝館などの娯楽施設も存在する。
鉄輪地獄地帯公園の付近には日本で最初の地熱発電に用いられた泉源跡があり、また、野菜・花きの温泉熱利用による栽培、育種の研究が行われている花き研究所がある。
開湯伝説によれば、広大な地獄地帯であったこの地を一遍が最初に整備したとされ、今でも一遍が開いたとされる蒸し湯跡(現在の市営鉄輪むし湯の向かい)がある。
毎年秋には鉄輪温泉湯あみ祭りが開催され、蒸し湯のそばの温泉山永福寺では、一遍上人の生誕日に合わせて上人像を渋の湯などで洗い清める「湯あみ法要」が行われる。

(日本の温泉)〜柴石温泉〜

血の池地獄や龍巻地獄の一帯の由緒ある温泉で、895年に醍醐天皇、1044年に後冷泉天皇が入湯したといわれている。
泉質は、ナトリウム・硫酸塩・塩化物泉などである。

(日本の温泉)〜亀川温泉〜

JR亀川駅すぐの海沿いにある温泉街で、泉質はナトリウム・塩化物泉である。
大正時代に開院した海軍病院(現・独立行政法人国立病院機構別府医療センター)を中心に発展した。
一遍上人が九州に上陸した地点と言い伝えられている上人が浜(別府大学駅近く)に、市営別府海浜砂湯がある。

(森林浴の森100選)〜大分県〜

[国東半島両子山遊歩道]・・・大分県西国東郡安岐町
[祖母山麓川上渓谷]・・・・・・・大分県大野郡緒方町

[御朱印の旅]

全国の都道府県ごとに神社・寺院の御朱印の紹介と観光の紹介をしています。

Sponserd Link

北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県

東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県

新潟県山梨県長野県

岐阜県愛知県三重県静岡県

富山県石川県福井県

滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県

鳥取県島根県岡山県広島県山口県

徳島県香川県愛媛県高知県

福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県

沖縄県