御朱印を求めて日本の旅奈良県の御朱印

奈良県の御朱印〜奈良県に御朱印の旅〜


御朱印帳 全国一之宮御朱印帳 (満願)西国三十三霊場納経帖 (満願)西国三十三霊場納経帖(御詠歌) (満願)西国三十三霊場(扇子)

天河弁財天社 室生寺@ 室生寺A 唐招提寺

橘寺


全国一之宮御朱印 (大和国)大神神社


神社御朱印 春日大社 橿原神宮 談山神社@ 談山神社A
西国三十三霊場 (6番)壷阪山南法華寺(壷阪寺) (7番)光山岡寺(龍蓋寺) (8番)豊山長谷寺 (9番)興福寺南円堂

(番外)豊山法起院


寺院御朱印 東大寺 興福寺 唐招提寺 橘寺

室生寺@ 室生寺A 室生寺B 室生寺C

室生寺D 長谷寺 聖林寺@ 聖林寺A

興福寺@ 興福寺A 興福寺A 法隆寺

薬師寺@ 薬師寺A 薬師寺B 薬師寺C

法起寺 西大寺 飛鳥寺 當麻寺

中宮寺 法輪寺










Sponserd Link


[御朱印を求めて日本の旅]

[目次]

  1. 御朱印帳一覧
  2. 全国の神社
  3. 全国一之宮巡礼
  4. 全国の寺院
  5. 西国三十三所観音霊場
  6. 四国八十八所霊場
  7. 四国別格二十所霊場
  8. 五木寛之の百寺巡礼

[神社紀行]

  1. 神社紀行
  2. 伊勢神宮
  3. 出雲神話
  4. 熊野三山
  5. 天孫降臨伝説
  6. 京都五社巡り
  7. 鎌倉の神社
  8. 多賀大社
  9. 諏訪大社
  10. 戸隠神社
  11. 熱田神宮
  12. 明治神宮
  13. 椿大神社
  14. 南宮大社

[百寺巡礼]

  1. 百寺巡礼
  2. 西国三十三霊場
  3. 四国お遍路の旅
  4. 京都五山
  5. 鎌倉五山
  6. 比叡山延暦寺
  7. 湖東三山
  8. 善光寺
  9. 成田山新勝寺
  10. 谷汲山華厳寺

[ 御朱印の旅 ]

  1. 平成30年
  2. 平成29年
  3. 平成28年
  4. 平成27年
  5. 平成26年
  6. 平成25年
  7. 平成24年
  8. 平成23年
  9. 平成22年
  10. 平成21年
  11. 平成20年
  12. 平成19年
  13. 平成18年
  14. 平成17年
  15. 平成16年
  16. 平成15年

[ サイトマップ ]

[御朱印いいね倶楽部]

[Facebook]

[G+御朱印の会]

[twitter]

[ブログ]

[日々是好日]

[〜amazon〜]


(参拝したい神社)「石上神宮」「天河大辨財天社」「談山神社」「吉水神社」

(参拝したい寺院)「秋篠寺」 「元興寺」

[ 西国三十三所観音霊場公認先達に就任 ]

平成23年3月19日第一番札所「青岸渡寺」から始まり12月3日第三十三番札所「谷汲山華厳寺」の10カ月で満願しました。
谷汲山華厳寺にて申請書を頂き「総持寺」の西国三十三所先達委員会に先達申請しました。
先達とは、古来より巡拝案内、おつとめの導師などを勤められる方を先達と言われています。
巡拝を企画した人、自家用車を運転して巡拝する人も現代の先達です。
先達には、西国三十三所観音霊場を巡拝し、信仰心のある人が総持寺の西国三十三札所会に申請料と申請書を郵送すれば就任できます。
先達に就任しますと、@袈裟A頭陀袋B軸装納経帳C名札が頂けます。

[ 御朱印 ]

 御朱印は、神社・寺院に参拝した「あかし」として御朱印帳に神社・寺院にて頂けます。
御朱印の始まりは江戸時代ごろで、寺院の参拝したときに、信者が写経した「経文」を奉納し、参拝の「あかし」としてその寺院や御本尊の名称を墨書し、「宝印」を授与されるものでした。
これを「納経・朱印」と言います。今でも御朱印を「納経印」、御朱印帳を「納経印帳」、御朱印を頂くところを「納経所」と呼ばれることもあります。
御朱印の魅力は、ひとつひとつ手書きされますので、その神社・寺院によって書かれる内容が違います。
同じ神社・寺院で書く内容が同じでも、書く人の筆さばきの違いにより、その味わいはさまざまです。
御朱印の収集を始められる方は、御朱印帳は神社用と寺院用に2冊に分けて収集されることをお勧めします。
また身近に、あなたの心のエネルギーを充足してくれる神社または寺院(あなたのパワースポット)をみつけ、朔日参りまたは月参りを御朱印に記してはいかがですか。
心のよりどころとしての神社・寺院には、ご自身の節目・節目のご報告をされてはいかがですか。
御朱印は、その「あかし」でもあると思っています。

[ 御朱印帳 ]

 御朱印帳は、表面を使ったら裏面を使えるように蛇腹折りになっているものが一般的です。
他にも、袋綴じの御朱印帳、巡礼用の掛け軸、巡礼用の色紙、巡礼用の扇子などもあります。
御朱印帳には、その神社・寺院の社名や社紋、神社・寺院の由来や縁のある動物を表紙にオリジナルの刺繍を施したものも多く。
そんな御朱印帳の収集も楽しんでみてはいかがでしょうか。

Sponserd Link

[奈良県の観光]

西国三十三霊場

(日本の温泉)〜十津川温泉〜

十津川温泉(とつかわおんせん)は、奈良県吉野郡十津川村(旧国大和国)にある温泉。

(日本の祭)〜修二会〜

修二会(しゅにえ)は、日本の仏教寺院で行われる法会のひとつで、 修二月会ともいう。
「お水取り」として知られている東大寺の修二会の本行は、かつては旧暦2月1日から15日まで行われてきたが、今日では新暦の3月1日から14日までの2週間行なわれる。
二月堂の本尊十一面観音に、練行衆と呼ばれる精進潔斎した行者がみずからの過去の罪障を懺悔し、その功徳により興隆仏法、天下泰安、万民豊楽、五穀豊穣などを祈る法要行事が主体である。
修二会と呼ばれるようになったのは平安時代で、奈良時代には十一面悔過法(じゅういちめんけかほう)と呼ばれ、これが今も正式名称となっている。
関西では「お松明(おたいまつ)」と呼ばれることが多い。

(日本の祭)〜春日若宮おん祭〜

春日若宮おん祭(かすがわかみやおんまつり)は、奈良県奈良市の春日大社の摂社若宮で行われる祭礼である。
「春日若宮おん祭の神事芸能」は重要無形民俗文化財に指定されている。
社伝神楽や東遊、田楽や細男、三方楽所南都方の伝統を受け継ぐ「南都楽所」による舞楽が行われる。
大和一国を挙げて盛大に執り行われ、八百六十有余年にわたり途切れることなく開催されている。

(日本の世界遺産)〜古都奈良の文化財〜

奈良市内に点在する寺社等の総称で、東大寺、興福寺、春日大社、元興寺、薬師寺、唐招提寺、平城京跡、 春日山原生林からなる。
日本建築と日本美術の進化のひときわ優れた証拠性を有し、 それらは中国と朝鮮との文化的つながりの結果であり、後世の発展に重要な影響を与えることになったことなどをはじめ、 世界的に見ても高い文化的価値を有するとして、1998年に世界文化遺産に登録された。

(日本の世界遺産)〜法隆寺地域の仏教建築物〜

奈良県生駒郡斑鳩町に位置する法隆寺及び法起寺の建造物群の総称。
法隆寺は世界最古の木造建築として知られ、法起寺は日本最大最古の三重塔で有名。
仏教伝来直後の仏教建築物で、日本の宗教建築に深い影響を及ぼしたものであること、中国文化への順応、 及び結果的に日本独特の様式を確立した代表的な例であることなどが高く評価され、1993年、世界文化遺産に登録された。

(日本の世界遺産)〜紀伊山地の霊場と参詣道〜

和歌山・奈良・三重にまたがり、桜で名高い吉野山などを含む「吉野・大峯」、熊野三山などを含む「熊野」、 金剛峰寺などを含む「高野山」の3霊場と、大峯奥駈道や中辺路、伊勢路、高野山町石道などの参詣道(熊野古道) に大別される。
千年余にわたる日本の宗教文化の発展に関して、ひときわ優れた証拠性を持ち、神道と仏教のたぐいまれな融合や、 東アジアの宗教文化の交流と発展を例証するものであることなどが登録の決め手となった。

(森林浴の森100選)〜奈良県〜

[大台ケ原]・・・奈良県吉野郡上北山村
[玉置山]・・・・・奈良県吉野郡十津川村

[奈良県に御朱印の旅]

平成25年5月12日
5月12日は京都・奈良に御朱印の旅!
西国三十三所観音霊場の第6番札所から11番札所に参拝しました。
朝4:30自宅を車で出発、大垣西ICから名神高速道路を利用し第6番札所の壷阪寺に向かいました。
壷阪寺の駐車場に7:30到着、入山受付8:30でしたので山門前で休憩し、参拝し御朱印を頂きました。 壷阪寺は「眼病封じ」の御利益があります。
9:15第7番札所の岡寺に参拝し御朱印を頂きました。
10:15第8番札所の長谷寺に参拝し御朱印を頂きました。長谷寺で現在「ぼたんまつり」期間中ですが、境内の牡丹はこれからが見頃です。
10:30西国三十三所観音霊場番外札所の法起院に参拝し御朱印を頂きました。
11:30第9番札所の興福寺南円堂に参拝し御朱印を頂きました。 興福寺南円堂は創建1200年で4月12日〜6月2日の期間、国宝特別公開が行われています。
奈良から京都に向かい13:00宇治の平等院に参拝し御朱印を頂きました。現在、平等院鳳凰堂は改修中でした。
14:00第10番札所の三室戸寺に参拝し御朱印を頂きました。三室戸寺の境内の庭園では、つつじが満開で綺麗でした。これからの紫陽花も見頃になり綺麗だと思います。
15:30第11番札所の上醍醐寺に参拝し御朱印を頂きました。醍醐寺境内の弁財天の庭園が、昨日の雨で特に綺麗でした。醍醐寺は秋の紅葉が綺麗で有名ですが、春の新緑の時期も綺麗です。
今日の奈良・京都の御朱印の旅は、昨日の予定を変更しての御朱印の旅でしたが、快晴で良かったです。
17:00無事帰宅しました。

平成25年4月6日〜7日
京都・奈良に御朱印の旅!大荒れの天気予報が不思議と天気に恵まれた旅!!
自宅を車で朝6:00に出発し、8:00に京都駅駐車場に到着して、9:17に東京の友人と新幹線中央出口待ち合わせです。
まだ時間があるので、歩いて「東本願寺」「西本願寺」に参拝しました。
10:00京都駅を出発し奈良の明日香方面へ、11:30に「飛鳥寺」に到着し参拝し御朱印を頂きました。 飛鳥寺は、日本最古の本尊飛鳥大仏で有名です。
ちょうど昼時で、歩いて近くにある「膳」で飛鳥会席料理を食べました。町家造りの上品な店で、夜は完全予約制です。
14:00到着、「橘寺」に参拝し、御朱印帳を購入して御朱印を頂きました。 橘寺は聖徳太子のお生まれになった所で、御朱印も「太子誕生所」書かれています。
15:00到着、「當麻寺」に参拝し御朱印を頂きました。 當麻寺の本尊は当當麻曼荼羅です。白鳳時代に鋳造された日本最古の梵鐘(国宝)も有名でも有名です。
昨年も宿泊したホテル日航奈良に、17:00チエックイン。

9:00ホテル日航奈良を、チエックアウト。
10:30到着、「中宮寺」に参拝し御朱印を頂きました。「福ろう」の置物も購入しました。
中宮寺では、友人の知り合いが働いており、奥座敷で挨拶をさせて頂きました。 ちょうど境内で茶道の習い事が行われており、茶室で先生と尼僧様の抹茶を御馳走になりました。中宮寺御流という茶道の流派です。 私は茶道の経験がないので貴重な体験をしました。不作法のおことわりをして、美味しく頂きました。
11:30到着、「法輪寺」に参拝し御朱印を頂きました。 法輪寺は世界遺産「法隆寺地域の仏教建造物」には含まれていないですが、聖徳太子ゆかりの寺です。
奈良の御朱印の旅はこちらで終わりで、京都で桜が美しい嵐山に向かいます。 13:30到着、「天龍寺」に参拝し御朱印を頂きました。 天龍寺は、法堂天井の八方睨みの「雲龍図」でも有名です。
15:00京都国立博物館で「狩野山楽・山雪」特別展覧会を拝見しました。京都の狩野派は素晴らしい。私はとくに、狩野派の「龍画」が好きです。
京都・奈良の御朱印の旅はこちらで終わりです。今回の旅の期間は雨の天気予報でしたので、雨を覚悟しての御朱印の旅でしたが、不思議と天気に恵まれた旅でした。
16:30友人を京都駅に送り、名神高速道路の京都東IC〜大垣西ICを利用して18:30無事帰宅しました。

平成24年12月14日〜16日
12月14日〜16日は奈良に御朱印の旅!
1日目は「聖林寺」「談山神社」「室生寺」「長谷寺」に参拝しました。
2日目は「法隆寺」「薬師寺」「興福寺」に参拝しました。
3日目は「法起寺」「唐招提寺」「西大寺」「秋篠寺」に参拝しました。
14日朝4:30に車で名神高速道路の大垣西ICから「奈良に御朱印の旅」の出発です。
ホテル日航奈良に7:00到着し、前泊している東京の友人2人と朝食バイキング食べて8:30に出発。
8:30「聖林寺」に参拝し御朱印を頂きました。 聖林寺の創建は古く奈良時代で、国宝の十二面観音菩薩が美しいお姿です。
11:00「談山神社」に参拝し御朱印を頂きました。 談山神社の本殿裏山で、中大兄皇子と中臣鎌子が極秘に談合した。 「大化改新の談合の地」の伝承があります。
12:30「室生寺」に参拝し御朱印を頂きました。 室生寺錦の表紙の美しい御朱印帳(3千円)を購入しました。 室生寺の五重塔は、いつ見ても美しい!!
15:00「長谷寺」に参拝し御朱印を頂きました。 長谷寺は、西国三十三所観音霊場第八番札所です。
17:30ホテル日航奈良にチエックインしホテルで中華料理を食べました。
15日朝9:00出発し、9:45「法隆寺」に参拝し御朱印を頂きました。
法隆寺では、ボランテアの館内解説で、3時間すごく勉強になりました。 室生寺の五重塔は女性的で繊細な建物ですが、法隆寺の五重塔は男性的で力強い建物です。
15:00「薬師寺」に参拝し御朱印を頂きました。 国宝の東塔・三重の塔は、現在修復中でした。
16:00「興福寺」に参拝し御朱印を頂きました。 興福寺国宝館の阿修羅像は美しい。
南円堂近くにある足袋スニーカ−専門店のTABI-JInにて、ビブラムのファイブフィンガ−ズを購入しました。 このシュ−ズで走るのが楽しみだ。
17:30ホテル日航奈良に戻りホテルで日本料理を食べました。
16日朝9:00ホテル日航奈良をチエックアウト、9:40「法起寺」に参拝し御朱印を頂きました。
法起寺の三重塔は、最も古い三重塔です。
11:00「唐招提寺」に参拝し、御朱印帳を購入して御朱印を頂きました。 律宗総本山唐招提寺は鑑真和上が戒律の専修道場として開創されました。
友人2人は電車で帰るのでJR奈良駅に送り、私は西大寺に向かいました。
11:30「西大寺」に参拝し御朱印を頂きました。 西大寺は、奈良時代の創建で、「大茶盛式」の独特な茶会でも有名です。
12:00「秋篠寺」に参拝しました。こちらは御朱印はありませんでした。
14:30名神高速道路の大垣西ICまで利用して無事帰宅しました。
今回の御朱印の旅は、二泊三日で天気も良く季節外れの暖かさで、各神社・寺院ともにゆっくりと参拝できました。

平成23年11月20日
西国観音霊場の番外、奈良県の「法起院」と和歌山県の「高野山」に御朱印の旅。
3時30分に車で出発、高野山金剛峯寺に8時到着、8時30分から拝観ですから、1番で拝観を待ちました。
金剛峯寺に参拝し御朱印を頂きました。庭が美しい!時間があるので奥之院に行こう・・・
表紙が木の珍しい御朱印帳があり購入しました。
奥之院に参拝し御朱印を頂きました。まだ紅葉が綺麗です!
次に法起院に参拝し御朱印を頂きました。今日の御朱印の旅は終わりです。帰ります。

平成23年5月21日
今日は西国観音霊場4番「槇尾山施福寺(槇尾寺)」・5番「紫雲山葛井寺」・6番「壷阪山南法華寺(壷阪寺)」 ・7番「東光山岡寺(龍蓋寺)」・8番「豊山長谷寺」・9番「興福寺南円堂」に参拝しました。
朝5時自宅を出発、今日は西国観音霊場4番札所施福寺(槇尾寺)から参拝します。
名神高速の関ヶ原ICから阪和高速の堺ICを利用し、7:30施福寺の駐車場に到着しました。
ここから本堂までの30分の山登り、西国観音霊場の難所です。 急な坂道や石段が続き疲れましたが、途中行き交う全ての参拝者が、”おはようございます”の挨拶をします。 勿論、私も挨拶をし、気持ちよい汗と森林浴のマイナスイオンを吸収し元気になりました。
7:30から8:30西国観音霊場4番「槇尾山施福寺(槇尾寺)」で参拝し御朱印を頂きました。
10:10西国観音霊場5番「紫雲山葛井寺」に参拝し御朱印を頂きました。
ここは近鉄藤井寺駅近くの商店街のお寺で、駐車場の場所が分からず、近くのファミリーマトで買い物をし場所を聞きました。 店員さんが”参拝だけなら車を駐車したままでても良い”と言ってくださいました。 ここから3分ほどでした、ありがとうございました。
12:15西国観音霊場6番「壷阪山南法華寺(壷阪寺)」に参拝し御朱印を頂きました。
私は”思う壺”お守りメノウ原石を購入しました。 ”思う壺”お守りは、小さい壷が携帯ストラップ型で壷の中のお札の御影の下に願い事を書いて壷の中に入れるお守りです。 壷阪寺は眼病封じのお寺で有名なので、メノウ原石を購入しました。 ここに向かう途中に携帯電話の充電切れで、途中のドコモショップで50分間充電させてもらいました、ありがとうございました。
15:00西国観音霊場7番「東光山岡寺(龍蓋寺)」に参拝し御朱印を頂きました。
15:15西国観音霊場8番「豊山長谷寺」に参拝し御朱印を頂きました。
4:15西国観音霊場9番「興福寺南円堂」に参拝し御朱印を頂きました。
こちらでは”散華台紙”を購入しました。
17:00の閉館まで興福寺国宝館を拝観し阿修羅像のDVDを購入しました。
寺院の建造物も素晴らしいですが、仏像も繊細で美しいです。
帰りは東名阪の亀山ICから桑名東ICを通って20:00無事帰宅しました。

平成22年10月3日
朝5:30自宅を車で出発、室生寺・長谷寺・興福寺に参拝し御朱印を頂きました。
桑名東ICから東名阪自動車道で亀山IC、亀山ICから名阪国道の小倉IC、「室生寺」に7:50到着、入山が8時からでしたので、1番の参拝でした。
早朝の参拝は清々しくて気持ちが良いです。
境内では、しめ縄作りをしていました。
もう新年の準備?
室生寺は、多くの寺が女性の立ち入りを許さなかった時代にも、女性を慈悲深く受け入れてきたお寺です。
そのため「女人高野」とも呼ばれています。
室生寺の五重塔は一番美しいと思います。
五重塔の裏手から長い石段が奥の院まで延びている。
表門から奥の院までが700段になる石段を上って参拝。
次に本堂で参拝して、御朱印帳を購入し御朱印を頂きました。
石段で疲れたので、9:30まで本堂で休憩して長谷寺へ・・・
10:00「長谷寺」に到着。
長谷寺は西国三十三所巡礼の第八番札所として、昔から巡礼者が絶えない。
御詠歌 『いくたびも 参る心は はつせ寺 山もちかいも 深き谷川』
11:30「興福寺南円堂」に到着。
興福寺は西国三十三所巡礼の第九番札所として、昔から巡礼者が絶えない。
御詠歌 『春の日は 南円堂に かがやきて 三笠の山に 晴るるうす雲』
今日はもう一つの目的のファイブフィンガーズの購入。
「興福寺南円堂」から徒歩1分の所に、販売代理店の足袋スニーカー専門店「TABI-JI]があります。
私のサイズの物が売り切れ!
最近テレビや雑誌で紹介されて、品薄だそうです。
今月にも少し輸入されるが、希望のものが入荷するかは分からないらしい。
来年まで購入できないかもしれません・・・
世界的に人気だそうです!
ジムで履きたいのですが残念です。
帰りは、京奈和自動車道・京慈バイパス・名神高速道路の京都経由で4:00に帰宅しました。

平成21年1月7日
JTB旅物語の「神々が宿る歴史の里へ大和三社(大神神社・橿原神宮・春日大社)初詣」、日帰りバスツアーに参加しました。
7:15JR名古屋駅ツアーバス受付カウンター集合、7:30出発、48名のツアーでした。
10:10「大神神社(おおみわじんじゃ)」に参拝。ここは国造りの神様として、また医薬・酒造・方位等人間生活全般の守護神として、 大和国一之宮・三輪明神と親しまれ、日本最古の神社のひとつです。
11:10「橿原神宮」に参拝。ここは神武天皇が九州の日向国の高千穂の宮から来られ、国内を統一せられ、畝傍山の東南・橿原の地に皇居がありました。
明治時代になり、この橿原宮跡に元京都御所の賢殿と神嘉殿を本殿と拝殿とし、この地に橿原神宮として御鎮座になりました。
昼食は、柿の葉寿司・三輪そうめん付き和膳です。
14:00「春日大社」に参拝。ここは藤原氏の氏神として有名な全国の春日大社の総本社です。
今日は道路の混雑も無く順調な為、ここで奈良公園周辺マップが渡され予定外の2時間自由行動となりました。
私は、「東大寺」と「興福寺」に参拝することにしました。
春日大社から若草山を右手に見ながら「東大寺」に向かい参拝。金堂(大仏殿)の本尊である盧舎那仏は奈良の大仏様として親しまれ、人々の信仰を広く集めている。
つぎに「興福寺」に向かい参拝。ここは南部七大寺のひとつで、春日大社と一体化し、とくに平安時代以降繁栄を極めた。藤原氏の氏寺としても有名です。
今日は7日、春日大社に戻る途中の春日荷茶屋にて特製「厄除け七草粥」を食べました。
16:00春日大社を出発、18:30名古屋駅に到着。道路の混雑も無く順調な為、予定より1時間早くの到着でした。
今日のツアーは「東大寺」「興福寺」にも参拝でき充実したツアーでした。
奈良への旅行は、久しぶりで小学校の修学旅行以来だと思います。また行きたいと思います。

[御朱印の旅]

全国の都道府県ごとに神社・寺院の御朱印の紹介と観光の紹介をしています。

Sponserd Link

北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県

東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県

新潟県山梨県長野県

岐阜県愛知県三重県静岡県

富山県石川県福井県

滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県

鳥取県島根県岡山県広島県山口県

徳島県香川県愛媛県高知県

福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県

沖縄県