紋章学

back

現代の紋章官
日本語の文献やウェブ・ページは誤りが多いので何となく作ってみた。
イングランド全紋章官一覧 (Microsoft Excel, 英語)
リンク先のさらに先が一覧そのもの。詳細は中の但し書き参照。
紋章官人名録
イングランドの紋章官のみ、かつ全員にはほど遠い。
紋章学関連のごった煮風覚え書き, その2, その3
未入手の文献とか。
歴代イングランドおよびスコットランド紋章王在位表
最新のものではない。
ジェームズ1世によるクラレンスー紋章王サー・ウィリアム・キャムデンへの紋章巡察授権書 / Commission of Visitation by James I to William Camden, Clarenceux King of Arms (1603).
原文。手で書き写したので誤記を含む可能性あり。
1623年シュロップシャーの巡察における放棄者宣告 / Proclamation of disclaimers at the visitation of Shropshire, 1623.
原文。ただし綴りは現代風になっている。
ジェームズ・ダラウェイ『イングランドにおける紋章学の起源と進展の研究』1793年 / Dallaway's Heraldry. toc (toc only)
原文。目次+ダグデイル自伝キング自伝のみ。手で書き写したので誤記を含む可能性あり。
紋章院設立(紋章官結団)の勅許状(1484年) / Letters Patent of Incorporation of Heralds, 1484.
ラテン語原文。
紋章院設立(紋章官結団)の勅許状(1555年) / Letters Patent of Incorporation of Heralds, 1555.
ラテン語原文。
モウブレイ紋章官ジャイルズ・スターカーと離婚した妻アリクスの間で交わした、両者が婚姻中に取得した資産の分配についての取り決め(1427年) / Appointment between Gilles Sterker, Mowbray Herald and Alix, his wife separated, concerning the division of property acquired by them during their marriage (1427).
フランス語原文。ジャイルズ・スターカーはノーフォーク公ジョン・ド・モウブレイの紋章官。
故リッチモンド紋章官ドロアン・ギュエランの未亡人ディディエールによる、ニコラ・ド・ラ・ロジュが故人に負っていた金銭債務の代物返済として譲渡した紋章つき宝飾品の受領証(1427年) / Receipt of heraldic jewels by Didière, widow of Droin Guérin, Richmond herald, from Nicolas de La Loge as the pledge of loan he had indebted to the late herald (1427).
ラテン語原文。ドロアン・ギュエランはベッドフォード公ジョン・オブ・ランカスターの紋章官。
ノルマンディー財務総収入官ピエール・スローの1429年度会計記録に見える紋章官一覧 / Officers of arms mentioned in the account of Pierre Surreau, receveur général des finances of Normandie for the year 1429.
フランス語文献より。
オリヴィエ・ド・コエティヴィの送還のための印章つき書状がタルボット紋章官に委託されたことの証明書(1454年) / Certification that sealed letters for the delivery of Lord of Taillebourg is confered to Talbot Herald (1454).
フランス語原文。オリヴィエ・ド・コエティヴィはシュローズベリー伯ジョン・タルボットの捕虜となっていた。その身代金についての書状が氏名不詳のタルボット紋章官に委託されイングランドに届けられた。
サマーセット紋章官トマス・トラハーン殺害事件についてのベリック従紋章官ハリー・レイによる報告とその後の顛末(1542-3年) / Report by Harry Ray, Berwick Pursuivant on the murder of Thomas Trahern, Somerset Herald, and its aftermath. (1542-3.)
原文。トラハーンは英蘇国境付近で殺害された。犯人一味は恩寵の巡礼後スコットランドに逃亡したイングランド人で、最終的にイングランドに引き渡され絞首刑となった。
ガーター紋章王サー・ギルバート・デシックによるディノ・デ・コンパーニへの紋章授与の特許状(1562年) / Grant of Arms to Dino de' Compagni by Sir Glibert Dethick, Garter, 1562.
ラテン語原文。
ランカスター紋章官フランシス・ジン「紋章官の職務についての論説」(1605年) / A Discourse of the Duty and Office of an Herald of Arms, written by Francis Thynne, Lancaster Herald, the Third Day of March, Anno 1605.
原文。
マーチモント紋章官サー・ウィリアム・カミング・オヴ・インヴェラロッキーの委嘱によりキンタイア従紋章官アダム・ルートフットがスコットランド英語に翻訳した紋章学についての詩(15世紀末) / A Scotch Copy of a Poem on Heraldry by Adam Loutfut, Kintyre Pursuivant, by the Commission of Sir William Cumming of Inverallochy, Marchmont Herald. (end of 15th C.)
原文。サー・ウィリアム・カミングは後にライオン紋章王となる。
スコットランドの紋章官、エディンバラの聖ジャイルズ参事会教会のチャプレンを推挙する(1525年) / Scottish heralds' patronage of a chaplaincy (1525) and an altarage (1529/30)
ラテン語原文。1529/30年フォルカークの教区教会における同様の文書も併載。
ロス紋章官兼ライオン紋章王裁判所付紋章画家ジョゼフ・ステイシーによる、ジェームズ・モントゴメリー大佐の葬儀向け紋章他製作の勘定明細(1674年) / Joseph Stacey's account for Colonel James Montgomerie's funeral, 1674.
原文。
ジェームズ・ニンモ氏、紋章官と不愉快な旅をする(1683年) / Mr. James Nimmo made an unpleasant travel with a Scottish herald (1683).
原文。本人の日記より。不愉快だったのは、ニンモがカヴェナンター(契約派)で、潜伏・逃亡中の身で国王の役人と同道することになったため。
フランス王国の紋章官結団(紋章官の礼拝堂設立)の布告(1407年) / Copy of the letters of ordinance and foundation of the chapel of kings of arms and heralds of the kingdom of France, founded at the church of Saint-Anthoine-le-petit in Paris, 1407.
フランス語原文。
シャルル8世によるブルボン紋章官ジルベール・ショヴォーのフランス人民の紋章監叙任の勅許状(1487年) / Letters Patent by Charles VIII creating Gilbert Chauveau, Bourbon, Marshal of Arms of the French (1487).
フランス語原文。
ロベール・ガギャン「徒然のすさび」(1489年頃) / Le Passe temps d'oysiveté - Dialogue in verse between Robert Gaguin and Chester Herald
フランス語原文。邦題はさしあたりのもの。あるいは「無聊の慰め」、「消閑談義」等? ガギャンとチェスター紋章官による戦争と平和の功罪についての対話。史実上の当時のチェスター紋章官はトマス・ホワイティングで、ガギャンはロンドンで実際に彼に会ったのだろうが、対話自体が現実の二人の会話や、ホワイティングの人物をどの程度反映しているのかは不明。またいずれにせよホワイティングの発言が占める分量はごく限られている。
ジャン・ドートン『年代記』に見える紋章官一覧 / Officers of arms mentioned in the Chronicle of Jean d'Auton
読んで字のごとし。
フランスの紋章官二名によるカプア市への降伏勧告の一部始終(1501年) / How lord Berault Stuart, lieutenant of the king, transmitted two heralds of arms [and made them] summon the city of Capua to become obedient to the king; and of the response of the inhabitants of Capua.
ジャン・ドートン『年代記』より。フランス語原文。
1553年、1631-3年、1641年におけるフランス王室馬寮所属紋章官の俸給他 / Wages to French royal heralds for the years 1553, 1631-3, 1641, etc.
フランス語原文。
フランソワ1世証書目録より抜粋した紋章官関連の記録 / Records related to French and foreign officers of arms extacted from the catalog of the deeds of King Francis I.
読んで字のごとし。
パリ・シャトレ裁判所私法行為登記目録より抜粋した紋章官関連の記録(1539-1682年) / Records related to French officers of arms extacted from the inventory of the registers of insinuations of Châtelet de Paris (1539-1682).
読んで字のごとし。
アランソン紋章官ジャン・ドーヴェルニュとその同僚のギエンヌ紋章官の門衛義務免除の特権確認の布告(1587年) / Ordinance that Jean d'Auvergne, Alençon herald and his colleague Guyenne herald are to enjoy the exemption from the duty of the guard of the gates (1587).
フランス語原文。
ダニエル・ユエとピエール・ダニエル・ユエ父子のブルボン紋章官任命等に関する文書類(1593-1634年) / Documents relating to the nommination of Daniel Huet and Pierre-Daniel Huet, both Bourbon Herald of Arms, etc, 1593-1634.
フランス語原文。
紋章裁判官創設の勅令(1615年) / Royal Edict creating the office of Juge d'Armes de France, 1615.
フランス語原文。
アランソン紋章官ジャン・グラティオルによる、ルイ13世に派遣され遂行した枢機卿親王フェルディナンドへの宣戦布告の一部始終についての報告(フランスの紋章官による最後の宣戦布告) (1635年) / Procès-verbal of Jean Gratiolet, Alençon herald, sent by King Louis XIII of France to Cardinal-Infant Ferdinand to declare war. (The last declaration of war made by French herald.) (1635)
フランス語原文。
ナヴァール紋章官ロヤック卿による、ルイ14世の意向と命令をパリ高等法院、パリ市、コンティ公に伝達する遣使の一部始終についての報告および遣使に際しての行動指示書(1649年) / Procès-verbal of Lord Loyaque, Navarre herald, sent by King Louis XIV of France to go to Paris to give HM's declaration together with the instruction for the same (1649).
フランス語原文と指示書については英訳も併載。
パリ国立図書館手稿 Clairambault 1035, p.87 記載の紋章官一覧 / Transcript of the list of some French heralds in BnF, ms., Clairambault 1035, p.87. (In French.)
読んで字のごとし。
『フランス現況』所載の紋章官一覧(1663-1789年) / List of French officers of arms as appeared in the series L'Etat de la France (1663-1789)
読んで字のごとし。
「王室発給文書複書」所載の紋章官一覧(1670年頃-1786年) / List of officers of armes of France as mentioned in the Maison du roi. Copies d'actes émanés des rois Henri IV, Louis XIII et Louis XIV.
読んで字のごとし。
『ヴェルサイユ年鑑』所載の紋章官一覧(1773年-1789年) / List of French officers of arms as appeared in the series Almanach de Versailles (1773-1789)
読んで字のごとし。
ジャクリーヌ・ジラール対フリゴン夫妻事件(1693年) / The cause of Jacqueline Girard, widow of Honoré Chamois, Marie-Claude Chamois, wife of Sr. Frigon, and the said Sr. Frigon, 1693.
フランス語原文。紋章官オノレ・シャモワの娘マリー・クロードは13歳で家族と別れケベックに渡り同地で結婚、16年後に帰仏したところ、家族の唯一の生存者である母は、彼女を娘になりすました別人だと主張して裁判沙汰になった。結果は娘の勝訴。
紋章に関する国王布告(1760年) / Royal Ordinance concerning the coats of arms, 20 July 1760.
フランス語原文。
ボルドーの紋章官(覚え書き) (英語) / Heralds of Bordeaux (A memorandum)
メモレベル。
ブルターニュの共同体紋章官(覚え書き) (英語) / Communal Heralds in Bretagne (A memorandum)
メモレベル。「共同体」という用語は暫定的なもの。
シャルル・ブリセについての考察, 付録: 典拠資史料 (英語) / Some thoughts regarding Charles Bricet, twice Usher/Herald of the Estates, Champagne herald in between
シャルル・ブリセは1534-60年にかけてブルターニュ地方三部会紋章官を、シャンパーニュ紋章官時代を間に挟んで二度務めた。
ブールジュ市の先導官兼布告官兼紋章官ジャン・バプティスト・ノエル、1789年全国三部会第三身分議員選出を布告する / Jean-Baptiste Noël, usher crier and herald of arms of Bourges announces election of the deputies of tiers états to the États-Généraux, 1789.
フランス語原文。
スペイン領およびオーストリア領ネーデルラントの紋章官一覧(1726年まで) (フランス語と英語) / A list of the officers of arms of the Spanish and Austrian Netherlands up to 1726
読んで字のごとし。18世紀の書籍にもとづくため不正確かつ不完全。
神聖ローマ皇帝カール5世によるアントワーヌ・ド・ボーランクールの金羊毛紋章王叙任の勅許状(1550年) / Letters Patent of Emperor Charles V creating Antoine de Beaulaincourt Toison d'or King of Arms (1550).
フランス語原文。
スペイン王フェリペ2世によるヴィルギリウス・ゲイズのゲルデルン紋章官紋章王叙任の勅許状(1574年) / Letters patent of King Philip II of Spain, creating Virgilius Gheys Guelders Herald King of Arms (1574).
フランス語原文。
スペイン王フェリペ4世によるピエール・ド・ロネのブラバント公国紋章官紋章王叙任の勅許状(1639年) / Letters patent of King Philipp IV of Spain, creating Pierre de Launay Herald and King of Arms of the Duchy of Brabant (1639).
フランス語原文。
スペイン王カルロス2世によるジョゼフ・ヴァンデン・レーン(子)のネーデルラントおよびブルゴーニュにおける督務筆頭紋章王職授権の勅許状(1680年) / Commission in Letters patent to Joseph vanden Leene (son) to Counselor and Lieutenant of the Estate of the Primer King of Arms in the Netherlands and Burgundy (1680).
フランス語原文。
オーストリア領ネーデルラントにおける名誉または貴族の称号としるし、紋章の使用に関する勅令(1754年) / Imperial Edict touching the titles and marks of honnor or of nobility, bearing of coat of arms, and other distinctions, 1754 (for the Low Countries).
フランス語原文。
紋章官房の運営規則梗概(1782年) / Precis of the regulation emanated for the Heraldic Chamber, 1782.
フランス語原文。この規則が実際に用いられたのか単なる案なのかは不明。紋章官房という訳語の妥当性は要検討。
ヴァランシエンヌの紋章官について / Of the Herald of Valenciennes.
フランス語原文。『ヴァランシエンヌ市および伯国の歴史』(1639年)より。
ロレーヌ公国紋章官不完全一覧 (英語) / An incomplete list of Lorrainian officers of arms
読んで字のごとし。
ロレーヌ公ルネ2世の紋章官によるブルゴーニュ公シャルルへの宣戦布告の一部始終(1475年) / Defiance by the Duke of Lorraine delivered by his herald to the Duke Charles of Burgandy before the siege of Neuss (1475).
フランス語原文。
ロレーヌ公シャルル3世によるバルタザール・クロックのクレルモン従紋章官叙任の勅許状(1585年) / Letters patent of Duke Charles III of Lorraine, creating Balthazard Crocq Clermont pursuivant of arms (1585).
フランス語原文。
ロレーヌ公シャルル3世によるジャン・カロのヴォーデモン従紋章官叙任の勅許状(1600年) / Letters patent of Duke Charles III of Lorraine, creating Jean Callot Vaudémont pursuivant of arms (1600).
ジャン・カロは版画家ジャック・カロの父親。息子で長男のジャン(ジャックの兄)、その息子のジャンも紋章官となる。
リエージュ公国(司教領)紋章官一覧 (英語) / A brief list of the officers of arms of the Principality of Liège
読んで字のごとし。
神聖ローマ皇帝の紋章王兼下ラインと周辺地方の地方紋章官ジャック・アンリ・ル・フォールによるヒニスダール家の碑についての証明書(1708年) / Certification and attestification by J.-H. Le Fort concerning the monuments of the members of Hinnisdael family (1708).
フランス語原文。ジャック・アンリ・ル・フォールは後に父を継いでリエージュ公国紋章官となる。
リエージュ公司教ジャン・テオドール・ド・バヴィエールによるシモン・ジョセフ・アブリイのリエージュ公国紋章官叙任の勅許状(1752年) / Letters Patent of Jean-Théodore de Bavière, Prince-Bishop of Liège, creating Simon-Joseph Abry Herald of Arms of Liège (1752).
フランス語原文。
サヴォイア公国紋章官一覧 (英語) / A list of Savoyan officers of arms
読んで字のごとし。作業中。
コエネット=フォーコン一族についての考察, 付録: 図表 (英語) / Some thoughts regarding Cohennet-Faulcon
15世紀後半から1536年にかけてサヴォイア公国で紋章官を輩出してきたある家系について。
サヴォイア公国紋章官ガスパール・マジエによるブール・カン・ブレスの各市門に掲げられたフランス王の紋章をサヴォイア公の紋章に置き換える式典の一部始終(1559年) / Gaspard Mazier, Savoy herald replaced the coats of arms of France with those of Savoy on the gates of Bourg-en-Bresse (1559).
フランス語原文。文章はマジエ(マシエ、マゼリ、マセリとも)本人による。カトー=カンブレジ条約によりエマヌエレ・フィリベルトがサヴォイアを奪還したことを受けたもの。
サヴォイア公カルロ・エマヌエレ2世によるジャン・シャルル・ラビッシュのサヴォイア公国紋章官叙任の勅許状(1666年) / Letters patent of Duke Charles Emanuel II of Savoy, creating Jean Charles Labiche herald of arms of the Duchy of Savoy (1666).
フランス語原文。
スイスの紋章官(覚え書き) (英語) / Heralds in Switzerland (A memorandum)
メモレベル。
1474年10月ベルン市のブルゴーニュ公への宣戦布告について (英語) / Narratives mentioning the declaration of war by Bern against the Duke of Burgundy, Oct. 1474.
この宣戦布告に紋章官が関わったのかどうかを調べたがよくわからなかった話。オーストリア紋章王カスパー・フーダー(フーターとも)がついでに出てくるとはいえ基本的には紋章官は登場しない。
マールブルクのヴィガント『年代記』 (ドイツ語序論とラテン語本文) / Wigand of Marburg, herald to the Grand Masters of the Teutonic Order, »Chronicle«. (under work)
作業中。序論は完成。完成まで年単位の期間を要する見込み。マールブルクのヴィガントはドイツ騎士団団長に仕えた紋章官。
ローマ王ジギスムントによるローマ帝国紋章官パウル某のローマ帝国全土の全紋章官の王への叙任の勅許状(1413年) / King Sigismund appoints Paul Romereich the Herald king of all heralds of the entire Empire and confers privileges (1413).
ラテン語原文。
ボヘミア王ヴァーツラフ4世による無名紋章官のボヘミア王国とローマ帝国全紋章官の王への叙任の勅許状(年代不詳) / King Wenceslaus appoints king of all heralds of Bohemia and the Empire (s. d.)
ラテン語原文。
マイセン、ザクセン、テューリンゲンの紋章官に関する文書類(1407-1452年) / Documents relating heralds of Meissen, Sachsen and Thüringen, c. 1407-1452.
ラテン語原文とドイツ語原文。
紋章官ハンス・ケーニヒスベルク、ハンス・フォン・ヒルシュホルンの委任によりウルリッヒ・ミュラッヒャーの狼藉を糾問する(1409年) / Hans Königsberg, the Herald, interrogates Ulrich Muracher for his misbehavior as committed by Hans von Hirschhorn (1409).
『フランクフルト年代記』より。ドイツ語原文。
ユーリヒ=ベルク公アドルフ7世によるハンス・クリンゲンシュタインの従者および紋章官への叙任の勅許状(1423年) / Letters Patent by Duke Adolf VII of Jülich-Berg creating Hans Klingenstein his servant and herald, 1423.
ドイツ語原文。
帝国都市ニュルンベルクの歳出記録に見える紋章官一覧(1431-40年) / List of heralds as appeared in the expense record of the Imperial City Nuremberg, 1431-40.
ドイツ語原文。
神聖ローマ皇帝カール5世によるカスパー・シュトゥルムのドイツ紋章官叙任の勅許状(1521年) / Letters patent of Emperor Charles V, creating Caspar Sturm "Teutschland" Herald to the Emperor (1521).
ドイツ語原文。
ウィーン宮廷の紋章官不完全一覧 (英語) / An incomplete list of the Officers of Arms at the Vienna Court
読んで字のごとし。
ハンガリー紋章官ヨハン・フォン・ギメニッヒおよびボヘミア紋章官ゲオルク・グレゴール・ペリンガー・フォン・ベルンベルクによる、帝国紋章官バルタザール・オノワール(またはアモワール)の死没により生じた空席補充のための昇進の請願(1624年) / Petition by Johann von Gimenich, Hungarian Herald and Georg Gregor Peringer von Bernberg, Bohemian Herald for the promotions to fill the vacancy caused by the death of Balthasar Honoirt, the Imperial Herald (1624).
ドイツ語原文。
帝国紋章官ヤーコプ・ルカス・リードル・フォン・シュヴァナウ、エアフルト市にて同市への帝国追放刑宣告を布告する(1663年) / Publication of Imperial Ban against the city of Erfurt, made by Jacob Lukas Lydl von Schwanaw, Imperial Herald (1663).
ドイツ語原文。
帝国紋章官アドリアン・ペケロー他1名、ケルン大司教選帝侯とバイエルン選帝侯への帝国追放刑宣告を布告する(1706年) / Publications made by the Imperial Heralds, of the Imperial Ban against Electors of Cologne and of Bavaria (1706).
ドイツ語原文とフランス語原文。
ファルツ選帝侯カール1世ルートヴィヒによるアンリ・ヴァンデンベルクのライン、シュヴァーベン、フランケン地方紋章王叙任の勅許状(1658年) / Letters patent of Charles I Louis, Elector Palatine, creating Heinrich von dem Berg (Henri van den Berch) King of Arms of the the Provinces of Rhein, Swabia and district of Franconia (1658).
ラテン語原文。アンリ・ヴァンデンベルクはリエージュ公国(司教領)の紋章官でもあった。
ロシア皇帝ヴァシーリー3世とデンマーク王ハンスの間で交わされた書簡(1517年) / Letters between Vasili III of Russia and John of Denmark wherein Master David, herald to the King of Denmark is mentioned (1517).
ラテン語原文と英訳。デンマークの紋章官デイヴィッド殿について触れられている(スコットランド人なので英語読みで「デイヴィッド」とした)。
ロシア帝国の紋章院と総紋章官について(1752年) (ドイツ語) / On the Russian Heralds' Office and Master Herald.
ほぼ同時代の文献であるため、ドイツ語ではあるが内容はそれなりに正確のはず。
シエーナ司教アエネアス・シルヴィウス・ピッコローミニ(後の教皇ピウス2世)「紋章官の職務と起源について」(1451年) / Aeneas Sylvius Piccolomini, Bishop of Siena (later Pope Pius II), Of the office and origin of heralds (1451).
ラテン語原文。内容は期待外れっぽい。
マヌエル法典およびフィリペ法典より紋章の使用に関する法規の抜粋 / Laws concerning the use of Coat of Arms in the Manueline Ordinances and the Philippine Ordinances.
ポルトガル語原文。
ポルトガルの紋章官の始まりと制度について / Origin and Institution of Officers of Arms in Portugal, extracted from Noticias de Portugal.
ポルトガル語原文。『ポルトガル覚書』(1655年)より。
所有紋章学関連文献
読んで字のごとし。