ホームへ
少し考えてしまった山旅
  山  名 登山日 概     要
No.1 鼻曲山  H6年8月 私達の、山旅のはじまりです
No.37 赤久縄山 H8年12月 「山歩きのジレンマ」について、後日追記しました
No.43 丸 山 (奥武蔵) H9年4月 丸山という山名にこだわって後日追記しました
No.48 仙丈岳(南ア) H9年8月 山小屋について一言辛口の言葉で書いてみました
No.52 赤岳から硫黄岳 H9年11月 八ヶ岳の岩尾根にて母子のパーティに感涙
No.56 淡雪山から興因寺山 H10年1月 猟銃でイノシシを撃つ のは可哀想だ。 でも…
No.57 鋸 山 (房総) H10年1月 宗教の力って善なんだろうか悪なんだろうか…
No.66 日光白根山 H10年7月 「以北最高峰」について後日追記しました
No.70 車 山 (霧ヶ峰) H10年9月 「自然」と「自然保護」について考えてみました
No.81 石老山(中央沿線) H11年3月 「平凡」ということについて少し考えてみました
No.94 上高地散策 H11年10月 上高地の自然とその保護について考えました
No.97 三頭山(奥多摩) H11年12月 「健全な森を守る」ってなんだろう…?
No.100 大楠山(三浦半島) H12年2月 100回目の山行記録。 私達の100回目の山旅日記です
No.123 大台ヶ原 H13年5月 大台ヶ原のトウヒの立ち枯れについて後日追記
No.125-2 秋の尾瀬ヶ原 H13年9月 親孝行。 草紅葉の尾瀬ヶ原へ、老いた両親を誘ってみました
No.133 三ツ峠山 H13年12月 ハイキングと登山の違いについて考えました
No.142 平ヶ岳  H14年7月 閉鎖コースが堂々と使われている怪…
No.49-2 両神山 2 H15年4月 道迷い。 八丁尾根から尾ノ内沢へ迷い込む
No.156 至仏山 H15年7月 グループ登山について考えてみました
No.13 麻綿原高原 H7年7月 清澄山遭難事故(H15年11月)について、後日追記しました
No.161-2 夏の乾徳山 H16年7月 トラブル続きで散々な目に…
No.168 蝶ヶ岳から常念岳 H16年8月 私の「山」の原風景。 40年前のことを思い出しました
No.169 白 山  H16年9月 完璧に整備された登山道。 矢張り考えてしまいました
No.177エベレスト街道 H17年4月 貧富の差ってなんだろう。 真の幸せってなんだろう…
No.178 大峰山吾妻耶山 H17年6月 ヤマビルに襲われた!
No.188 月 山  H17年7月 文学青年、だった頃を思い出しました
No.194-1 冬の鍋割山(丹沢) H17年12月 丹沢の自然と自然保護について考えてみました
No.195 秩父御岳山 H18年1月 この山は既に「割腹自殺」を遂げていた・・・・
No.200 坪山(中央沿線) H18年4月 木を伐るか伐らないか、それが問題だ…!
No.194-2 夏の鍋割山(丹沢) H18年7月 ヤマビル対策のことや山での挨拶のことについてなど
No.210 二岐山(南会津) H18年10月 本物のブナ原生林と、若い森の姿の違いについてなど
No.212 弘法山(丹沢前衛) H18年12月 里山のことについて、あれこれ考えてみました
No.136-2 御前山Part2 H19年4月 スプリングエフェメラル(春植物)について
No.221 武甲山(奥武蔵) H19年5月 石灰岩採掘の山にどうやって引導を渡すのか…?
No.225 夕張岳(北海道) H19年7月 ミズナラ(ジャパニーズオーク)についてなど
No.232 烏帽子岳と湯ノ丸山 H19年10月 美しい自然とは何なのか、という問題は難しすぎる…
No.235 大野山(西丹沢前衛) H19年12月 自然と人工物が“共生”する美しい風景もある…
No.241 畦ヶ丸(西丹沢) H20年6月 日本の山での絶滅危惧種は“猟師”であるらしい…
No.257 戸倉三山(奥多摩) H21年4月 松枯れについてなど
No.259 袈裟丸山(足利山塊) H21年5月 シカが食べないツツジが繁茂しているのかも…
No.260-2 和名倉山(奥秩父) H21年6月 街道仁義(ケエドウジンギ)という秩父言葉をご存知ですか
No.159-2 八海山(滑落編) H21年9月 ギザギザの稜線(八ツ峰)で ヒヤリ・ハット…しました
No.273 伊予ヶ岳(房総) H22年3月 子供の「ヤッホー!」は心地よい
No.276 二子山(北秩父) H22年6月 中高年の平衡感覚と「冒険」について、考えました
No.282 菜畑山(道志) H22年12月 養豚場の先で豚肉を食べてしまった
No.283 シダンゴ山(丹沢) H23年1月 車窓からの風景を見る人が少なくなった…
No.285 愛宕山から吾国山 H23年3月 ブナ林を残すべきか否か。自然保護って本当に難しい
No.286 金冠山から達磨山 H23年4月 あの大地震から1ヶ月半が過ぎましたが…
No.197-2 都県境尾根 H23年6月 ハウチワカエデの落し物やヤマダニについてなど
No.32-2 白馬三山Part2 H23年7月 イブキジャコウソウシャネルの5番について
No.292 帳付山(西上州) H23年11月 遭難者を早期発見できなかった苦い思いが心に残った…
No.295 高麗山(大磯丘陵) H24年1月 拾ってきたさざれ石は、微かに潮の匂いがした…
No.297 塩水橋から丹沢山 H24年4月 植物の生き残りは、地形や地質が重要!
No.299 国師ヶ岳北奥千丈岳 H24年7月 シラビソとオオシラビソの違いについて
No.302 カンマンボロンから瑞牆山 H24年10月 バリエーションルートの面白さを堪能!
No.303 烏帽子岳(西上州) H24年12月 青い鳥はやっぱり、意外と近くにいるのかも…
No.312 赤岳(県界尾根〜) H25年9月 鼻メガネを掛けて岩登りをしてみたところ…
No.324 朝日山と赤鞍ヶ岳 H26年8月 山名のあやふやな山は(登山者にとって)危険かも…
No.336 霞沢岳とクラシックルート H27年6月 カモシカやクマに対して、ストックは武器になるか?
No.340 細尾峠から夕日岳 H27年10月 高級な宿とリーズナブルな宿の差って…
No.330 岩櫃山(上州) H28年5月 最悪の結果となり…、哀惜の念に堪えません。
No.350 赤城山の鈴ヶ岳 H28年11月 私は赤城山を誤解していたのかもしれない…
No.357 女峰山から大真名子山 H29年7月 浮き石によるアクシデント(落石事故)!
No.191 三浦富士から武山 H29年10月 最近のセイタカアワダチソウについて…
                                                 [更新 H29/10/25]
このページのトップへ↑



お勧めの山旅   山旅の温泉宿一覧   コラム選集



ホームへ
ホームへ

全山行記録の紹介です お勧めコースなどのご案内です 自己紹介です ダイジェスト版です 厳選リンク集へ BBS:お気軽にどうぞ